京都の闇に魅せられて

ある時は、しがない安月給サラリーマン。ある時は妖怪ヲタク。またある時は、ファンタジーTRPGヲタク。そんなkomichi(子路)の個人的趣味に走っただけのブログです。(旧題「小路のヲタク草紙」)

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:小路@管理人
>わ〜い、お茶さん

 いつもコメントありがとうございます。
 返事が遅くなってすみません。先ほど夜勤から帰ってきたところです。
 
 そろそろ夕焼けが美しくなる季節ですね。
 よく仰る「幽玄」という言葉ですが、その背景には「世の無常」があるものと思われます。
 本当に神仏や妖怪に出くわしたら、「どっひゃーっ!!」と飛び上がって驚きそうですが(笑)。
 これからの季節、「幽玄」とは何ぞや? をテーマに写真を撮るのもいいかもしれません。
 もっとも、私の写真の腕前でそういう作品が撮れるかどうかは……わかりませんがね(苦笑)。

http://moon.ap.teacup.com/komichi/
投稿者:わ〜い、お茶
こんばんは、まだまだ暑いですが夜になると
もう鈴虫が鳴いてすっかり秋の夜、と言う感じがします。道にはセミの死骸が落ちており
まるで戦い終わった兵士のようです。秋の京都、一度行って見たいですね。満月の夜寺社
の裏道を歩けば本当に神仏や妖しに出会えるかも・・・朝になって本当にあったらどうしよう・・・鵺の死骸。幽玄(?)ですね。

QRコード

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

アクセス解析実施中

ネットウヨ都市伝説の終焉アニメGIFバナー

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ