2009/6/7

歩の手筋(4)  ゼロからの将棋初級講座

前回は、初心者の実戦に現れやすい「角」を狙う
「歩の手筋」を解説しました。
しかし、それは仕掛けた方が悪くなるという、要注意の展開でした。
今回は、そんな実戦では実現しない展開を含みにしながら
その後は、どうやって指していくのかを見ていきましょう。

それではもう一度、【例題−4図】を見てみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

ここですぐに「角」を狙う、▲2四歩が成立しないのは
前回に解説した通りです。
しかしマゴマゴしていると、逆に後手に「角」を狙われてしまいます。
そこで考えられる、先手の手は4通り。

(1) ▲2六飛 ・・・飛車で「角」の頭を守る。
(2) ▲9六歩 ・・・「角」の自由度を広くする。
(3) ▲7六歩 ・・・(2)と同じ考え。
(4) ▲7八金 ・・・「角」の頭は「金」でしっかり守る。

それでは、順番に検証してみましょう。

(1)の場合 ・・・ ▲2六飛

クリックすると元のサイズで表示します

この手は、後手の狙いの△8六歩(▲同歩と取れる)を封じています。
しかし、△8六歩は封じることが出来ても
自分の方からも▲2四歩とは行けなくなっています。
というのも、先手の飛車が6段目から動くと
後手に△8六歩が生じてしまうからです。
これでは、一時的に「角」を守っただけで
利口な指し方とは云えません。

有効度・・・20ポイント

(2)の場合 ・・・ ▲9六歩

クリックすると元のサイズで表示します

この手は▲9七角の余地を作っただけで
直接は「角」の頭を守っていません。
しかし、△8六歩の牽制には有効な手段となります。
それでは、その後の進行を見てみましょう。

【検証−2図】から

△8六歩 ▲同歩 △同飛 ▲2四歩 △同歩 ▲2三歩  
【検証−2a図】


クリックすると元のサイズで表示します

▲2三歩までは、前回解説した通りです。
ここで後手も、お返しとばかりに「角」を取りに行きますが・・・。

【検証−2a図】から

△8七歩 ▲9七角  【検証−2b図】

クリックすると元のサイズで表示します

ここに来て、ようやく後手も事の重大さに気付きますが
時すでに遅しで、「角」の丸損となってしまいました。
▲9六歩は、かなり有効な手段であるのは確かですが
後手に▲2三歩の筋を消してから、△8六歩とされると
今度は△8七飛成の手を受けなければならず
イマイチの感は否めません。

有効度・・・50ポイント

(3)の場合 ・・・ ▲7六歩

クリックすると元のサイズで表示します

この手の意味は、(2)▲9六歩とほぼ同じですが
「角」を有効に使うという点では、コチラの方が勝っています。
(▲9六歩の1マスに対し、▲7六歩は5マス移動出来る)
そして△8六歩を牽制しているのは、▲9六歩と同様です。
さて先手の▲7六歩に対して
後手は(A)△3二金か、(B)△3四歩と指すことになります。

(A)3二金は、先手にいつでも狙われている▲2三歩を防いだ手。
(B)3四歩は、先手同様「角」の自由度を高める手。

(A)△3二金の場合

▲7七角  【検証−3a図】

クリックすると元のサイズで表示します

△3二金には、▲7七角がピッタリの手で
後手の狙いを封じつつ、▲2四歩の狙いも残しています。
以下は、△3四歩▲8八銀と進行しますが
変化が難しくなるので、今回は割愛します。

(B)△3四歩の場合 ・・・ 【検証−3b図】

クリックすると元のサイズで表示します

【検証−3b図】は、先手後手全くの同型となりました。
しかし、この局面はプロでも難しい局面で、常に乱戦の恐れがあり
余程、腕に自信がある人以外はあまりお勧めしません。
定跡の勉強や研究が、物を云う局面なのです。
ちなみに△3四歩に対しては、▲7八金(一番指されている)や
▲2四歩などが多いようです。

有効度・・・80ポイント

(4)の場合 ・・・ ▲7八金

クリックすると元のサイズで表示します

▲7八金は、「角」の頭を守り
「今度は▲2四歩と行くよ」という意味です。
それに対して後手も、(3)の場合を応用して
△1四歩△3四歩では、▲2四歩と指されて
更に▲2三飛成の手を受けるのでは、何をやっているのかわかりません。
とすれば、△3二金と受けるのが必然となってきます。
・・・ 【検証−4a図】

クリックすると元のサイズで表示します

ここから先手は当初の目的通り、飛車先の「歩」の交換をします。

【検証−4a図】から

▲2四歩 △同歩 ▲同飛 △2三歩 ▲2六飛  
【検証−4b図】


クリックすると元のサイズで表示します

▲2六飛と引くところでは、▲2八飛と引いて指す
プロで最近流行している手もあるところです。
しかし、プロが好む手は含みが多過ぎて
アマチュアには、理解し難いところがあります。
ここは無難に、▲2六飛と引いておきましょう。
現在▲2八飛が流行しているとは云え、以前はこの局面が
プロの主流だった一石四鳥の手なのですから。

【▲2六飛の効果】とは

(1)一歩を手持ちに出来た。
(2)飛車先の歩を消した(持ち駒にする)事によって
   後手の△3二金が動けなくなった(▲2三飛成がある)。
(3)▲2六飛と中段に構えることで、飛車の自由度が上がった。
(4)手順に、後手の△8六歩を防いでいる。

有効度・・・100ポイント

このように、プロやアマチュアで実戦例が多い【検証−4b図】までの
指し手の中に、前回解説した手筋が含まれているということが
実感出来たのではないでしょうか。
実戦上には現れない手筋というのは、沢山ありますが
何かの拍子(敵の過失によって)で盤上に現れて
「一局を制する」という例も多々あります。
手筋を沢山覚えて、その時が来るのを待ちましょう(笑)。
ちなみに今回、有効度をポイントで表しましたが、低ポイントだから
と云って、実戦では使えないということではありませんよ。
皆さんの棋力が上がってくれば、これらの手も使いこなせるようになりますから。
次回は、更に有効度の高い「歩の手筋」を解説しましょう。

それでは、次回をお楽しみに!!
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ