2009/2/1

第35期女流名人位戦第2局  将棋いろいろ

今回は、久々の将棋講座以外の更新です(肝心の講座も滞っていますが・苦笑)。

本日は棋友のお誘いで、野田市にある「関根金次郎名人記念館」に行ってきました。
・・・というのも、本日そこで「第35期アルゼ杯女流名人位戦第2局」が行われ
現地で大盤解説会も行われるからです。

「矢内理絵子女流名人」対「清水市代女流王将」

という、現在の女流棋界の黄金カードが行われるとあっては
ミーハーの私としては、黙ってはいられないというもの(大笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが会場となった関根名人記念館のある、野田市「いちいのホール」


今回の大盤解説会は、事前申し込みによる抽選を当選した100名前後の人々だけ
ということでしたが、申し込み無しで来場した人達にも機転を利かして
別室でも解説会をおこなっていたようでした。
ただ申し込み組(?)には特典があり、次の一手のイベント参加権や
更に事前抽選で、対局再開後(昼食休憩後)の対局室での観戦権と
タダの割には盛りだくさん。
対局室の観戦権は私は当たっていなかったのだが、主催側の配慮か
申し込み組は全員、対局室で観戦が許された。
更に、写真撮影は禁止であったが、ダメもとで主催者に聞いてみると
一枚だけという条件で、撮影を許可してもらった(私だけ・嬉)。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、残念なのは許可が下りると思っていなくて、慌てて撮ったので綺麗に撮れなかった(涙)。


大盤解説には、立会人「真田圭一七段」「古河彩子女流二段」のご夫妻。
また「青野照市九段」「谷川治恵女流四段」「伊藤明日香女流1級」「早水千紗女流二段」を始め、読売新聞社の西條耕一氏などが行った。
その他には、カメラマンと化していた上田初美女流二段(たぶん?)の姿も見られた。

肝心の将棋の内容は真田七段曰く、「170手に及ぶ大熱戦」ということで
形勢が二転三転どころか、指す度にコロコロ変わる女流将棋の象徴のような
内容でした。

まあ、私的には将棋の内容よりも、「生観戦」と次の一手の景品の「色紙」ゲットの方が
重要で(笑)、これだけでも遠くまで足を運んだ甲斐があったというものだ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ