沈まぬ太陽

2009/11/23 | 投稿者: きちゅー

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ ランキング参加中!

今日は午前中だけ入っていた仕事が急にキャンセル。
心理的に余裕ができたので、午後から久しぶりに映画でも観に行くか〜と思い立つ。

かなり評判の高いマイコーの「THIS IS IT」を観ようと思ったが、調べたらレイトショーしかない…。
27日までしか上映してないというのに、この三連休ですら一日1回レイトショーオンリーの上映。ナゼだ。。。
アタシゃ今日の午後に映画を観たいんだよ!

次に観たいと思ってた「なくもんか」(阿部サダヲのやつ)を調べてたら、おかんが横から
「『沈まぬ太陽』が観たいぃー!!」
とな。

え…確か日航機事故のやつ…?
今どき珍しく3時間30分とやたら上映時間が長いやつで、10分間のインターミッション(途中休憩)があるってゆー…。
しかも、角川映画と日航が、裁判沙汰になるかどーかというところまで水面下で大バトルしてるとゆー。

しかし、いつもおかんの車を借りて仕事に行ってる身なので、ここはまぁ妥協&親孝行として、一緒に「沈まぬ太陽」を観に行こう、ということに。
アタシの障害者手帳を使えば2人とも1000円で観れるし。

座席には中高年の世代のお客さんが多かった。題材が題材だからねぇ〜。
でも、御巣鷹山の日航機事故はアタシが小学3年生の頃で、あの頃のテレビ放送とか当時流れてたボイスレコーダーの声とかすっごく鮮明に覚えてる。

感想は…まず、渡辺謙はカッコええわぁ〜!もう孫がいるなんて考えられんわ。
それと、いやぁ大企業って大変だね〜!ということ。特に政治的なことと結びつきが強い業種は…。
あと労働組合活動が激しい企業で、経営側からのあからさまな報復人事異動があった時代ってめっさコワ〜。。。今の時代ではあまり考えられんのでは。
映画の中で、渡辺謙は労働組合委員長をしたことで10年近く世界中の僻地に飛ばされてた。
こんなことされたらさっさと会社辞めてやろっかな、って考えるのが現代では普通なんだろうけど、ここで組織にとどまってる主人公はスゴイとも思った。
政治的にも企業的にも人間関係がドロドロ〜&ジャマな奴は蹴落としまくりの組織の中で、主人公の生き方は確かにまっすぐで素晴らしい。
が、アタシはあんまり共感はできなかったな。。。「自分も見習おう!」とここまで会社に固執しようとはさすがに思わない。アタシより世代がもうちょっと上だと共感するのかもね。

同じく日航機事故を扱った映画で、去年上映された「クライマーズ・ハイ」(群馬の新聞社が舞台)があるが、それとは全く違う切り口、しかも事故を起こした張本人の企業内部視点の映画だったので、かなり面白かったです。社会派映画としてだいぶ見ごたえはあった。
60年代〜80年代の日本て、高度成長期で社会的にイケイケムードだったとは思うけど、組織という点から見ると、かーなーり膿を溜めてた時代だったと思う。
その影響が、21世紀になった今になってまだ出てるのかな…実際、モデルの日航は今、かなり危機的状況だしねぇぇ。

しっかし、事故機の墜落前の状況再現にはクラクラ…。
黄色い酸素マスクが降ってきて、ガタガタ上下左右に揺れて、スッチーたちが必死にが「落ち着いて!」と叫んでて、その中で震えながら遺書を書く乗客(しかもその遺書の内容、当時よくマスコミで流れてたからリアル。)
…飛行機めっさコワイって思った。。。でも飛行機乗るのは基本好きだけど。

それと、やっぱり上映時間が長いね!!
インターミッションがある映画は「ベン・ハー」とか「風と共に去りぬ」など昔の映画が有名だけど、実際にインターミッションがある映画を映画館で観たのって初めて。
だけど、3時間超の上映時間には確かに休憩いるわ!そしてトイレ休憩があるってけっこう便利よ〜。

ちなみに山崎豊子の原作は、文庫本で5巻もあるそうな。長ぁ。
「クライマーズ・ハイ」の原作も映画を観た後読んだけど、これはたった1冊だけどこれですら途中で挫折してるから、アタシは読まないと思います…。

やっぱ「THIS IS IT」も観に行きたいな。。。

「沈まぬ太陽」公式HP→http://shizumanu-taiyo.jp/

応援にぜひポチポチッとな!→人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中



2009/11/24  22:28

投稿者:きちゅー

>ま○ねえさん
おー観ましたか。登場人物のほぼ全員に実在のモデルがいるって聞いてビビりました。政治家はなんとなく分かったんですけどねー。山崎豊子さんていろんな題材で大作書いてますけど、どーやって取材してるんですかねぇ〜?元新聞記者らしいですが。

>五十嵐さん
クライマーズハイ観たならよりオススメですよ。別の視点から日航機事故を考えることができます。沈まぬ太陽のほうが遺族の悲しみとかをより強く描いてると思います。

>風なぎさん
いや〜でも、映画で3時間て思ってたよりもけっこうあっという間でしたよん。内容が面白かったってのもあるでしょうけどね。
シカオちゃんのライブ楽しめたようでよかったですねー!ライブはいいですよね!

>チバッチさん
そういえばタイタニックも長かったですよね。日航機事故は未だに原因不明ですよね。きっと国家機密的なことが絡んでるんでしょうねぇ。遺族の方がかわいそうでなりません。
ゴキブリがいない…それはいいですね!ゴキがいないのは日本では北海道だけかと思っていました。ゴキって元々暖かいところの昆虫らしいですしね。

http://moon.ap.teacup.com/kityur/

2009/11/24  19:56

投稿者:チバッチ

3時間30分はタイタニック並みですね。タイタニックの時は途中休憩がなかったのでケツが痛くなりました。
日航123便の事故はいろいろ噂の絶えない事故ですよ。最近在日アメリカ軍から極秘情報が漏れだして、事故に関わった可能性があるという未確認情報もあるし。あの時の中曽根首相の「真相は墓場に持って行く」という発言が物議をかもしてるし。
さて、うちのとこは山岳でないですよ。でかい住宅地です。寒さの違いが意外な所で発見できます。山形のホームセンターで売っていて、うちの近所のホームセンターで売ってないものがあるんですよ。ちょっと南下すると売ってるんですがわかりますか?
それはゴキブリホイホイが売ってないです。地元の人はゴキブリを見たことがないし、近所の子供はゴキブリという言葉さえ知りません。ゴキブリも住めない寒さなんでしょうけど。

2009/11/24  11:22

投稿者:風なぎ

いい映画だったみたいだねっ!それにしても長いっ!3時間は長すぎるぅ〜っ!

私は22日にスガシカオのライブに行ってきたよ〜っ!
約2時間半だったけど、あっという間だったぁ。。。
やっぱりライブはいいもんだねぇ〜♪

2009/11/24  6:53

投稿者:五十嵐

クライマーズハイは見たんだよな〜。新聞社の視点からの内容だったよね。面白いと思ったよ。沈まぬ太陽も、見に行こうかな。きちゅーさん書いた内容読んだらなおさらみたくなった。「ゼロの焦点」だっけ?あれも見たいなーて思ってるんだよね。今週末行って来ようかな。

http://ameblo.jp/20600jun/

2009/11/24  2:34

投稿者:ま○

映画見たよ。長かった〜。原作も随分前に読んだけど、かなり読み応えがあるわ。
建前はフィクションてなってるけど、ほぼノンフィクションらしから、映画化は無理と思っていたけど、やっぱりモメてるんやね。しかし、山崎豊子さんの取材力はすごいわ。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ