« 昔話 | Main | 車 »

死ぬなベイベー

2009/9/28 | 投稿者: きちゅー

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ ランキング参加中!

1〜8月の自殺者2万2362人=最悪ペース続く−警察庁http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/suicide/?1254137630(Yahoo!ニュース)

アタシもここまで回復はしたが、
「病気までしてなんのために生きているのか」と自問自答してる毎日。

不況だから、先が見えないから、っていう不安は痛いほど分かる。そこから死ぬほど逃げたくなるのも分かる。
しかし自殺はやっぱりイカン。

まず第一発見者に一生モンのトラウマを負わせる。(誰もそんなん見たかない。)
処理するおまわりさん&救急隊の人に迷惑がかかる。(そんな仕事イヤに決まってる。)
医者はそもそも生きてる人を助けるためにいるのであって、自殺した奴の検死をして死亡証明書を書くためにいるのではない(本来医者にかかるべき人の時間を奪うことになる。)
一番大きいのは、家族や友人に一生心の傷を負わせることになる。(前に自殺者遺族の会の人が泣きながら講演してるのをテレビで見て、かなりズシっときた。)

死んでまで永遠に周りに迷惑かけたくないね。
同じ迷惑かけるなら、生きてる間にかけたほうがまだマシ。
寿命がきて死ぬなら誰も文句ないだろ。

と、いきなり横柄になってみる。

自殺考える人はねー、みんな異常に遠慮しぃなんだよね。。。

■日本いのちの電話(住んでる地域関係なくかかるところに電話かければOK)
http://www.find-j.jp/zenkoku.html

今日のニャニゴ:ココロがツラいときは自分に合った薬を飲んで寝逃げに限る。
クリックすると元のサイズで表示します
夜逃げもアリだと思うが体験したことないので良し悪しは分かりません。

少しずつランキングリアップ中!応援にぜひポチポチッとな!→人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!


↑Amazonでは11月4日まで本の配送料無料キャンペーン中ですよ!

猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中



2009/9/29  21:19

投稿者:きちゅー

>yosji_iさん
うんうん確かに。「結婚のようなもの」とは言い得て妙です。自殺はある意味勢いとパワーがないとできませんからね。

>五十嵐さん
安楽死は複雑な問題なのでここでの議論は避けますが、死んで同じ迷惑かけるなら、迷惑かける人にその気分を落とすようなことはするのとしないのとでは大きな違いがあると思うんですよね。

>風なぎさん
私もこの先死ぬ勇気もなくなんだかんだと生きていくのが自分の人生なのかなぁと思います。
あ、やっぱ九州もミッションていうんですね。西日本の言い方なんですね。

>けいさん
前も書いたんですけど、薬ってゆーほんの数ミリグラムの化学物質の作用で、人間の心って死ぬっていう重大な選択をやめて安定を得ることができるんですよね。ココロって不思議なもんです。

>レモンケーキさん
その通りですね。自殺を考えて実際に実行する人はエアポケットに既に入ってしまっているので、そこに行かないようにするのにどうするか、てのが自殺予防の核があると思いますね。

>センガさん
自殺を考える人って「想像力」を失くしてると思うんですよね。人に迷惑をかける、っていう想像ができないわけです。自分も実際にそうでしたしね。そこまでくるともう精神科医の出番なわけで、今回のような呼びかけは無意味に近いと私も思います。
そこまで想像力がまだ欠如してない「自殺予備軍」の方々に少しでも想像力を失わないよう注意を喚起していく、ということをこのブログでできたらな、と思ってます。

>かんきち☆さん
自殺を考えた、っていうのも振り返ればすごく大切な経験だったな、と私も思います。そんな風に今まさに自殺を考えてる人にも思って欲しいなと思います。悩みを人に相談したり、治療するきっかけ、勇気を少しでも生むことができればと思います。

http://moon.ap.teacup.com/kityur/

2009/9/29  18:56

投稿者:かんきち☆

久しぶりにコメントします。

私も死にたい時期、そしてどうしても死にたい日がありました。

「おかしい」「病気のせい」と思っても思っても、「眠い」「お腹すいた」みたいな、まるで生理的欲求のように「死にたい」欲求が抑えきれない衝動となった日が。。

一人暮らしの身、包丁が近くにあると危ないので、キッチンから離れた脱衣場で一晩を明かしました。

でもやっぱり、合う薬が見つかって体調が回復した今、あの欲求は「生理的欲求に見せ掛けた強い病的な欲求」だと思うことができます。

自殺について語ることができるのも、回復してきたからこそ。「自殺はやっぱりいけない!」と実感をもっていうことができるのも、経験が糧になったからこそ。感謝です。

長々と失礼しました。

2009/9/29  17:46

投稿者:センガ

うーん、申し訳ないけど僕は自殺を考えている時って誰かに迷惑を掛けるとか、一切考えませんね。
むしろ迷惑掛けるのが嫌なら今すぐ地球滅亡してもらいたい位。

自殺しようとする人に「他人に迷惑が掛かるから」なんて方法論を出しても意味が無い気がします。
本人にはそんな事考える余裕なんてありませんから。

自殺を食い止めるには、その人を自殺出来る勇気を持てない程のヘタレにするしか無い気がします。

http://yaplog.jp/sengablog/

2009/9/29  17:07

投稿者:レモンケーキ

 今回のきちゅーさんの記事、全く以てその通りなんですよね土下座
 ただ、自殺を本当に遂行(未遂も含めて)してしまう時は、実は意識が飛んでしまう(一種の遊離状態とも言える)ケースが結構あるから、そんなエアポケット的な状況へ如何に追い込まないようにできるか?が非常に重要かも知れないと思ったりしますクローバー
 事実、私も気付いたら数センチ先が地下鉄の車体だったとか(ホームに降りる階段〜そこまでの記憶は未だに不明)、マンション階下に血まみれの自身の姿が見えたりという経験をしてますから、凄く切実でリアルな課題です。
 何とか命を救われ、きちゅーさんと同じ感想・意見を持てる所まで至った幸運を、どんなに辛く苦しくても、本当に重ねて大切にしていきたいと改めて考えている次第ですゴメン

2009/9/29  13:39

投稿者:けい

お久しぶりです。
自殺…
自殺の事ばかり考えていた時期がありました。
辛く苦しく孤独で痛い…

今は薬のおかげで安定しています。

きちゅーさんのおっしゃる通りですね。

自殺は周りへの迷惑と悲しみしかもたらさない…

2009/9/29  11:10

投稿者:風なぎ

死にたいっ!って思うことはあるけどそんな勇気ないから生きている。
生きていく為にクリニックにも通ってるんだもんねぇ〜。。。

そうそう話は昨日に戻るけどマニュアル車のことミッションともいうよん(九州でも)

2009/9/29  6:47

投稿者:五十嵐

う〜ん。重いテーゼだね。アンチテーゼもおいらはあると思うけど…。自殺、他殺、老衰、事故、病死、安楽死いずれにしたって、死んじゃったら誰かが処置しなきゃならない。それをその処置する人が迷惑と思うかどうか。それに死ぬ権利って無いのかあるのか。おいらにには、難しい禅問答だな。頭ん中ぐるぐるになるわ。きちゅーさんの言うことももっともだとも思うし。

http://ameblo.jp/20600jun/

2009/9/29  3:32

投稿者:yosji_i

自殺未遂を繰り返した私は、自殺しようとしたときの気持ちがよくわかる。
その時はそれしか考えられないのです。
そして他人に(残された人に)迷惑かけることもわかっている。
かすかにわからないよくわからない未来に(あるかもわからないが)かけてみたくなるのである。
結婚のようなもの。ちょっとしたきっかけと勢いでいっちゃうのである。
まぁあとで、なぜ死ねなかったのかと思ったり、死ななくてよかったと思うのである。そんなものだ。

http://sea.ap.teacup.com/deco_boco_metabo/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ