自殺者が多すぎる!

2009/5/14 | 投稿者: きちゅー

日本という国はよくできた国だと思う。
いろんな国を旅行した経験から思うのは、日本は生活するのにいろいろ便利にできている。便利すぎるほどだ。働いてる人はたいてい真面目だし向上心もある。

でも実際にこの国で生活すると、なんだか生きづらいように思う。
「日本に行きたい。日本に憧れてる。日本で働きたい。」
なんていってる外国人をテレビで見ると、
「こんな国に来たってつまんないよ。そんなお金があるなら別の国に行きなよ。」
と思う。
他の国で生活した経験はないのに、この窮屈な感じはなんなんだろう。

<自殺者>30代、過去最多 昨年4850人、不況で拡大−−警察庁まとめ(毎日jp)

自殺者が年間3万人超。これが10年以上続いてる。
ちなみにこの人数は年間交通事故での死者の5倍超だという。
自殺死亡率はアメリカの2倍、英国の3倍。
実際は統計上に乗らない自殺者もかなり多いのではないかと思う。それと、自殺未遂者までを入れると、3万人の倍では追いつかないような、とてつもない数になるんではないかと思う。

特にアタシと同じ30代の自殺が増えているという。
原因はやはりうつ病による自殺が多い。
うつ病は風邪や虫歯のように自然発生的にはならない。過度のストレスが引き金になって発病するから、ストレスを作るなんらかの環境要因が原因だと考えられる。

仕事、お金、人間関係、介護、身体の病気・・・等々。

うつ病の原因は、上記のような個人的な問題に起因しているようにも思えるが、ここまで自殺者の人数が多いと実は社会的要因というものが大きな原因として考えられるように思う。

うちら30代は人数も多いから、公立学校では1学級に40人以上も詰め込まれて授業を受け、あらゆる受験戦争もシビアだった。
ただでさえ人数が多いのに、新卒就職期は不況の真っ只中で「就職氷河期」を経験している。
その中で競争に敗れてしまったり、病気になってしまったり、なんらかの事情で仕事を辞めてしまったり、と一度でもレールから離脱すると、能力はあれどなかなか「生活しやすい」レールに戻れなくなるのが日本という国だと思う。

アタシも大学生時代にバセドウ病になってしまい、就職戦線から離脱した。留年する経済力がないので卒業したが、その後病気が治って就職活動をしようとしても、既卒だというだけで就職試験を受ける資格がない。そんな新卒至上主義の中では入れる企業は極端に少なかった。
今はハローワークの求人に年齢制限を出すのは禁止されているが、実際は提出する履歴書に年齢を書く欄がある。面接で年齢を聞くことも許されている。
転職活動をすると、「これから何ができるか」ではなく「今まで何をやってきたか」を重点的に聞かれる。
本屋では今も昔も「20代ではこれをやっとけ!」「30代では最低限これは身につけろ!」みたいなハウツー本がバカスカ売れてる。
これじゃ一度レールから外れた人は将来に希望を見出せない。

ただ、分かっているのは、死んではダメだ!ということ。
死んだら、それこそ日本社会の思うツボじゃないか。

死ぬくらいなら逃げろ!死ぬ力があるんだったらとことん逃げろ!
うつ病でツラいならとにかく寝逃げしろ!人間関係がツラかったらそこから抜けろ!
仕事がイヤだったら辞めろ!病気で倒れ、とことん休んで思ったのは、仕事ってものにはストレスを溜めてまでガマンして働くほどの価値はない、ということだ。自分が壊れるまで他人の作った会社と他人の株主に奉仕してどうすんだ。自営だったら自分が会社を壊せば簡単だ。
他人に迷惑がかかる?そこまで他人のことを考えたって、他人は自分のことなんてそんなに思ってやしないよ。

そうやって逃げて、とにかく時間を稼げ!
そうやって一休みして、時間が経てば、いつかどこかに抜け道が見つかる。

日本は真面目すぎなんだよ。社会全体が自分の作ったルールとレールで、作り上げた理想像で、日本社会自身をがんじがらめにしてる。
そんな中で個人もがんじがらめにされることはないんだ。
レールから降りて、逃げて、いつか戻ってくるまでの時間を個人に与えられる、精神的な「余裕」が日本社会には必要だ。

参考HP:
特定非営利活動法人 自殺対策支援センター ライフリンク
http://www.lifelink.or.jp/hp/top.html

今日のニャニゴ:男は背中で語る。
クリックすると元のサイズで表示します

なんとか10位以内には復活。できれば5位くらいをともくろみ中。というわけで応援にぜひポチポチっとな!→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中



2009/5/15  23:02

投稿者:きちゅー

>川ちゃんさん
そうですよね。あの悲惨な戦争時代を考えると、いくら不況とはいえ幸福な世の中ですよ今は。国に死ねと理不尽な命令をされることはないんですから。
昔に比べて充分すぎるほど自由なはずなのに、個人個人の発想が貧困に走らざるを得ないのが今の社会ですかね。それぞれが今度は死ぬ意味ではなくて「生きる意味」を見つける発想の転換をしないといけませんね。それができなくなるのがうつ病なんですけど、うつ病になったって、今はいい薬が出てるんだから、外科手術するわけでもなし、ちゃんと薬を飲んで治療をすれば治る(寛解)しますし、そんなに悲劇に思わなくてもいいわけです。
戦争の時代を勉強して、今の時代の素晴らしい自由さに気づいて欲しいですね。(みんな気づかなすぎ。)

http://moon.ap.teacup.com/kityur/

2009/5/15  22:50

投稿者:きちゅー

>Lindyさん
実家でゆっくり現実逃避して休んでください。それも手です。

>しまねこさん
うつ病は「自分はうつ病だ」ということにすら絶望して死のうとする(実際死ぬことも3〜4%ある)、ある意味厄介な病気ですからねぇ。子どもさんや家族の存在で自殺をやめるのは、思考の方向転換になってよいことだと思います。(うつ病はうつうつに思考が突っ走りますからね。)

>風なぎさん
そうそう、ノンビリがいちばんです。世の中の不安な空気を作ってるのはニュースや新聞などのマスコミの影響も多々あるので、私はあまりイヤなニュースは見たり読まないようにしてますよ〜。

>五十嵐さん
「奥さんと子どもは?」と言われて自殺をやめられたのなら、その家族の存在に感謝しないといけません。その存在自体がすでに立派な逃げ場ですよ。別に身体を移動するだけが逃げじゃないです。思考を「逃がす」ということです。家族が重荷で重荷でそれが原因で本当に死にたいと思うなら、ほっぽり出して逃げなされ。但し私は責任は持ちません。
逃げる余裕(思考の転換)はまずは個人が作るもので、「余裕を持つもの持たざるもの」に分かれるわけではないです。もっと日本社会にその受け皿の余裕はあってもいいなとは強く思いますが。今は「死」がその受け皿になりすぎだから。

>レモンケーキさん
38歳で中年なんて〜まだまだですよ!中年なんて当てはまるのは今の時代実質50代くらいじゃないですかねぇ。
暮らしやすさのランキング、アメリカに負けてるんですか・・・そりゃあかなりガックシ。

>ねこまた
ほんまに。まず公務員試験の年齢制限とか前職制限とかなくして欲しいわ!陰では契約とかバイトとかわんさか雇ってるくせに!スペシャリストでも日本企業はそれぞれの「企業風土」ってのが強すぎて悪影響を受けすぎると思うね。例えば弁護士でも会社が変わるとなかなかなじめないとか日本ではようあるらしいよ。

>yoshi_iさん
名言とのお言葉ありがとうございます!ゆっくり休んでくださいまし。

http://moon.ap.teacup.com/kityur/

2009/5/15  22:24

投稿者:川ちゃん

たまにはマジメに。

「お国のため」とかいう、結局は何のために死ぬのかも分からない理由で「死ぬか?殺すか?」という極限の状態におかれ、それでも「自分の愛する人たちを守るため」と、自分で必死に「死ぬための理由」を見つけて死んでいった過去の若い日本の軍人(除く志願兵)。
さらに、犠牲になった民間人。

彼らが、自らの死と引き換えに守った「日本の将来」が、「自殺者の多い国」というのはあまりに皮肉ですわ。

自殺志願者は、1回でもいいから戦争関連の資料館なり、映画でもいいから見てほしいっす。

意外と頭の古い僕。

2009/5/15  22:11

投稿者:yoshi_i

死ぬくらいなら逃げろ!死ぬ力があるんだったらとことん逃げろ!

いやぁ〜名言だねー

とうとう調子が悪くて休みに入ってしまったよ、トホホ

http://sea.ap.teacup.com/deco_boco_metabo/

2009/5/15  21:27

投稿者:ねこまた

一度レールをはずれると・・・っていうのは、すごくそう思うにゃ。日本では会社に入ると、スペシャリスト教育でなくって、ゼネラリスト教育をするから、使えない上司が大量発生すると本で読んだことがあるよ。スペシャリストなら何歳になってからでも同じ仕事で別の会社に転職可能なのに、日本人はそれができない、と。まあ、大きな会社で勤めたことがないから、本当かどうか知らないけれど。
若者をちゃんと育てる社会であって欲しいと思うよ。愛を込めてね。
そして、何歳から何にチャレンジしてもいい社会にして欲しいにゃ。公務員試験なんかも、年齢制限とかなくっていいと思う。
本当に生きづらい国だよ日本は。老後、どうなるかわからにゃいしね。

http://happy.ap.teacup.com/nekomata/

2009/5/15  20:13

投稿者:レモンケーキ

 きちゅー様、どうもおひさでございます土下座
 インフル完治後、またまた重大な問題が幾つか発生しましてね〜'_';
 また元気を貰いに、顔出し&ポチポチっ(笑)しますので、よろしく♪

 日頃(というか、躁鬱病に見舞われる以前)から、自分がずっと考えていた事を、きちゅーさんが全くそのまま、文面で表現してくれているように思えて、快哉もんだぜ!!って思ってました。

 かく言う私も38歳、遂に《アラフォー》世代に入りました(→要は中年化)。
 療養中はよく自分の生い立ちとかを振り返りましたけど、その時に浮かんだ事は、学生時代〜就職〜会社生活と、今回のブログ内容とホンマにシンクロするもんね汗

 何せ、どっかで見たランキングなんですが、暮らし易さの指標では、あのアメリカとかにさえも負けてるらしいです…。
 いかに生き難い国、窮屈で精神を追い詰める国なのかが判りますよね汗

 これからも、きちゅーさんならではと言うか、表現力豊かに「スカっと」かましてくれるブログを楽しみにしていますOK


evergreen.44-115@ezweb.ne.jp

2009/5/15  12:37

投稿者:五十嵐

今日は間違わなかった(^_^)v
逃げる場所どうするの?俺も全てほっぽりだして逃げたいって書いたら、「奥さんと子供は…」って諭してくれたのきちゅーさんだよ!
逃げれる場所と余裕がある人は、幸せだとおもうな。
「死」に逃げる自由ってありだと思わないよね…f^_^;
幸せなんだよ。きっと(^_^;)
行間を読んでね〜!

2009/5/15  11:21

投稿者:風なぎ

そうだね。。。逃げればいいんだね。。。
何だか不安な世の中。。。気分まで不安になるけど、ここに来ると元気をもらえます。
昨日のストーブの件もなんだか、きちゅーさんに助けられたって感じです。
もうちょっとのんびり構えて生活しようと思いましたよ♪
きちゅーさん、ありがとう〜!いつも元気をくれて!

2009/5/15  9:31

投稿者:しまねこ

うつになると死にたくなるよね
乗り越えるのは辛いことと考えて安易に死を選ぶんだろうね
死ぬ勇気(?)があるのなら生きていけるのに

私はできなかったなぁ 怖くて
まぁ子供もいたからこいつらを育てるまでは死ねんとも考えたけど

うつの自殺をくいとめるのはうつ患者が経験談を話すことも必要かもね

2009/5/15  7:55

投稿者:Lindy

私もこのニュースを知って考えるモノが
ありました。私も、きちゅーさんと同年代。
色んなことを経験しました(させられた?)

自殺するぐらいの変な勇気があるなら
思い切って逃げたほうが良いと、私も思います。

そんな私は月末から実家に逃げます。
現実逃避します。

PS:ニャニゴの背中、哀愁たっぷりで可愛い♪

http://blog.livedoor.jp/sister_ree/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ