人生短し

2009/4/27 | 投稿者: きちゅー

こないだおばばの誕生日で人生の長さにウンザリしときながら、今日はこのタイトルなのだが。

おとう(63歳)の健康診断の結果がなんだかヤバいらしい。
詳しくは知らんが、休肝日を週2日はとれとか、病院行って精密検査受けろとか具体的な指示が書いてあったらしい。
まぁそも「生活習慣病」関連の数値がヤバいだろうことは、おとうの体型と食生活を見ても明らかなのであるが。

というか、そんな結果、もうだいぶ前からそんなんなのだ。
おとうが毎年健康診断の結果が来るたびに見るか見ないかで捨ててしまい、そんな医師の指示に従わないだけなのだ。

ただ、今年違うのは、おかんが仕事を2月いっぱいで辞めてヒマになったせいか、おとうが健康診断の結果を捨てる前に、数年ぶりにたまたま見つけて中身を見てしまった、ということだ。

食べることが大好きで、自分でもちょくちょく料理するおとうに向かって、おかんがここ最近毎日毎日
「食べすぎだ!」「そんなにビール飲むな!」「ごはん減らせ!」
だのと言っている。

うつ病から拒食症になり、今は食欲も体重も復活はしたが未だに「食事は義務」感が抜けないアタシにとっては、食べることを楽しめるなんてなんて幸せなことなんだろう、と思う。
おとうは食べる時ホンマに嬉しそう。おなかいっぱいになれば幸せオーラ出るし。おとうは戦中生まれで食糧難の時代に育ったから、余計食べることに幸せを感じるのだろう。
なので、おかんのお小言に対して、
「まぁまぁそんなに言わんでも。人生短いんだから、好きなだけ好きなものを食べて楽しみなはれや〜。」
と言ってやったら、おかんが
「冗談じゃないよ!痛風にでもなったら大変だ!」
と怒鳴る。

…まぁ、確かに病気は避けたいね。介護大変だし。介護の何がイヤかって、重いのがイヤだ。おとうの体重を支えるのはアタシの体力からいってムリだ。(←さんざん世話になりながら非情なムスメ。)

妻であるおかんが食生活をコントロールすればよいではないか、という意見もおありだろうが、うちのおとうは自分で買い物に行って(行きつけのスーパーのポイントカードもしっかり持ってる)、自分で料理して食べてしまう(しかもそれがおかんの料理よりウマいことも多々ある)ので、完璧なコントロールはムリだ。
しかも、自分の嫌いなもの(野菜・イモ類)は絶対食べない、というガンコさもある。(前に、オクラでおとうがキレた話を載せた覚えもあるな。)
どこかをコントロールできるとすれば、おかんがつくる夜の食事しかない。(ちなみに朝ゴハンはおとうが作ることが多い。)

アタシは食事を作る気力がないので、もっぱら盛り付けを手伝っているのだが、うちの家族で唯一の男で唯一の労働者であるおとうの分は多めに盛っていた。
が、豚肉の西京焼きを分けていたとき、おかんが横から
「おとうの肉もっと少なくして!」
と手厳しい指示が。
その通りにやっておとうの前に置いたら、おとうが一言、ものっすごく切ない声で
「・・・少ない。。。」
と。

そのあまりの切なさに、おかんが笑いながら肉を2切れ、追加で置いた。

まだ症状とか出てないからこんなにホガラカでいられるけど、おとうが生活習慣病になって食事制限とかになったらかわいそうだし、やっぱ困るよなぁ〜とは思いつつ、おとうに言われるがままに、テレビに出てた地元のラーメン屋に今度一緒に行く約束をしてしまったムスメであった。

昨日の晩のニャニゴ:日曜の夜9時からはN響アワー。
クリックすると元のサイズで表示します
シッポふりふり見てる。

応援にぜひポチポチっとな!→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中



2009/4/29  22:21

投稿者:きちゅー

>ピンポコさん
痩せすぎもなんだか心配ですよねぇ。でも摂食障害ある人が他の人の食事の世話をするのは大変ですよねぇ。。。お父さんはご自分でカロリー摂ることはできないんでしょうか。

>manaolanaさん
ううむ…母親の協力は問題なしなんですけど本人の意志が…問題です。

>風なぎさん
うちの父は昔コックを目指してたこともあるくらいですから(ただし修行がツラそうなのであきらめたというヘタレです。)

>ねこやしきさん
病気には至っていないものの、しっかり予備軍には入ってる模様です。本人はその意識ほとんどないのが問題なんですよね〜。

>五十嵐さん
まぁ確かに本当にマズい状況だったら入院ですよね。本人は全然ピンピンしてるからなぁ。

>yoshi_iさん
ホホホ、クラシックは情操教育によろしいのですわよ、ネコにとっても(笑)。

>ま○ねえさん
おっしゃるとおりですわ。周りがいくら騒いでも、本人が動かないとどーしようもないことです。うちの父親は糖尿系ではないみたいですけどねぇ。糖尿も大変ですよね。。。

>Lindyさん
ニャニゴはある意味特殊なネコですからね…ある意味犬みたいな性格ですしね。マルルちゃんなつくといいですね。。。

>レモンケーキさん
うちの父はストレスフリーですねぇ。テンション高いですし。食への執念はすごいです。でもこんな父も昔は胃潰瘍持ちのやせっぽちだったんですよね。歳とるといろいろ変わってコワい…。

>うっちぃちゃん
ニャニゴはけっこうテレビ見るのよ〜。音楽は聴いてるんだかどーか分からないんだけどね。

>徳井さん
痛風は女性でもなりますよ。ただし、女性ホルモンが痛風を予防する効果があるとは聞いたことがあります。なので女性で痛風になるのは閉経後の方が多いみたいですね。

>ぴんくのらんどせるさん
ニャニゴお褒めいただきありがとうございます♪

http://moon.ap.teacup.com/kityur/

2009/4/29  19:46

投稿者:ぴんくのらんどせる

にゃにごがかわいすぎます。( ´艸`)

うちも母が始動しはじめたら^^;
だれか止めろ〜なんですが(苦笑)

http://ameblo.jp/pinku-no-randoseru/

2009/4/29  0:03

投稿者:徳井

長生きするのでも健康でしたいですよねー。

ところで女性は通風にならないと聞いたのですが
どうしてでしょうか?

2009/4/28  23:06

投稿者:うっちぃ

うにゃ〜↑ ニャニゴかわいい〜v▽v しっぽフリフリ~~~♪x3

ちゃぁんと音楽がわかるのかしらね〜♪

実家のネコはいくらTV見せようとしてもゼンゼン見なくてツマラナイのにゃ>へ<

2009/4/28  20:47

投稿者:レモンケーキ

 豚肉の話、めっちゃワロタ(^_^)!
 《おとう》の表情が目に浮かんで来ますわレストラン

 身内だと、ある程度真剣には受け止めないといけない訳だけど…。
 ウチの父親も、身体は病気コレクション(笑)にも関わらず、むしろ昔より元気一杯になってますわクローバー→容姿はさすがに爺さん化してますが)。
 やっぱり、結局はストレスフリーになるのが最大の薬やと実感します土下座
 無茶じゃない限り、食への執念(!?)を断ち切らないようにしてあげるのが一番かな〜♪

2009/4/28  20:43

投稿者:Lindy

ニャニゴ、かわゆすな〜♪
ウチのマルルさんは相変わらず懐かずに、いつも
5mぐらい離れた場所からチラ見されてます。
撫でることができるのは、いつになるやら。。

http://blog.livedoor.jp/sister_ree/

2009/4/28  14:40

投稿者:ま○

63年間の食生活を、今更、家族に注意されたからって変わらないよ。
自分で「やばい」と感じないと無理やね。
糖尿病の人とかも何十年もかけて、失明とか足切断までいくんよ。それまでに、なんとかできたのにしなかったのは本人の意志やからね。
うちの父はずっとデブでデブの病気で64才で亡くなったから、よくわかるわ。介護する家族はホンマ大変やよね。

2009/4/28  13:15

投稿者:yoshi_i

ニャニゴはクラッシックを聞くのね。お上品だこと。
うちのでこぼこにも見習わせないと…

http://sea.ap.teacup.com/deco_boco_metabo/

2009/4/28  12:39

投稿者:五十嵐

凄いね!きちゅーさんパパ(^O^)
自分で食材買い〜の料理し〜の、美味しいときたら言うこと無いじゃんo(^-^)o
健康診断の値は気になるかもしれないけど、本当にまずかったら、すぐ入院させられるから、余りピリピリしなくても…。人事のようでごめんね。本当に凄いから、お父さん。脱帽ですf^_^;

2009/4/28  11:24

投稿者:ねこやしき

料理上手なお父さん、羨ましいです〜(うちは父親も旦那も全く料理ができないので)
しかし体の事心配ですねTдT
何が一番大事かって本人がしっかりと病識を持つことなんだろうけど、大好きな事を止めろってのも辛いですね…ウーム'_';

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ