東洋医学奥深し。

2006/4/28 | 投稿者: きちゅー

やれやれ、風邪もヤマを超えました。まだ下痢はちょっと続いてますが。(汚い話でスンマセン…)でも食欲は旺盛!(ムダ?)

昨日は鍼(はり)治療の日でした。
「最近の調子はいかがですか?」と聞かれて、
「いや〜数日前から風邪ひいちゃって、咳で背中は痛くなるしで大変です。下痢も続くし。」
と言ったら、やはり鍼が肺と胃腸のツボに響きました…(ホンマ分かりやすいなぁ鍼治療。)

先生に、「これで治療は2度目ですが、こないだはどうでしたか?鍼は慣れないと体が重く感じたり、だるくなったりすることがあるのですが。」
と言われたのですが、
「いやいや、アタシは病院から出たら体がすごく軽く感じて、調子こいて駅ビル直行〜!!したんですわ〜。」(実はその翌日疲れで少しダウン…治療の意味ないやんけ)と言ったら、
「いや〜人生、調子いい時はどんどん調子乗っちゃったほうがいいんですよ!」
といきなり力説!された(先生、何かあったんか?笑)

いやぁでも調子こきすぎて(?)ココロとカラダのバランス崩しちゃったのが今のアタシですからねぇ〜。。。
今どのくらいまで調子こいたらジブンは大丈夫なのか、支点を模索中ですわ。っていつまで模索しとんねん。

鍼治療の後に指圧と整体もしてもらのですが、先生曰く、
「こーゆーふうに人の体に触れる仕事をしてますとね〜、患者さんが普段どんな座り方をしているか、歩き方、寝る体勢まで目に見えるように分かるんですよね〜。」
げっ!さすがプロ!…ということはアタシのクセとかも分かるのか!
「きちゅーさんは横向きとかうつぶせで寝るでしょ。」…おぉぉ、当たっとる…。

「人の骨格を見てますとですね〜、その人の人生というか、生きざま(!)が見えますよ〜ハッハッ。」
スゲー!東洋医学っ!!さすが中国4000年(?)の歴史!
つーことは、アタシのコタツうだうだ生活や暴走機関車的性格とかもすでに見抜かれてるんじゃ…!?って、これらはアタシの本当の生きざまじゃないよな。な?(と自分に問いかけ。)

ちなみに着替え中、治療室に貼ってあった「体のツボ人体図」に「22元」(1元=13円くらいかな。…勝手に計算してくれ。)と小さく書いてあるのを発見。
詳細な図でかなりでかいのに、日本円にするとめっちゃ安っ!
しかしなぜこんなところでもアタシは値段に目がいってしまうのか…(やっぱシゴト中毒?)
ツボの名前は中国語と英語表記なので読み方はよく分かりません。ちなみにアメリカは意外に鍼治療が盛んで健康保険が利くらしい。いいなー。

今日のニャニゴ:飼い主のヒザの上でマターリ。しかしよく見ると…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
なんで鋭い目つきやねん!
自分から乗ってきたくせにヒトの上ではリラックスできんちゅーのか!(飼い主怒)


おお、そういえばカウンターが4000超えててビックリ!!
皆様、駄文をせっせと読んでいただきありがとうございますm(_ _)m
当面の目標は、親友ねこまたのブログカウンターを超えることでございます(笑)。


お気に召したらポチッとな→



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ