鼻咽腔クロールチンク塗布療法

2008/11/14 | 投稿者: きちゅー

たーちゃんさんから教えていただいたブログ。
「kyupinの日記 気が向けば更新 精神科医のブログ」
http://ameblo.jp/kyupin


病気のことを知りたくて、治療する立場の方々が発信しているブログはいくつか読んだ事がある。
ただ、精神科看護師やカウンセラー、臨床心理士などのブログを読んだことはあれど、「精神科医」が書いたブログは実は、ない。
(精神疾患をわずらった精神科医が自分の病気をつづったものは読んだことはあるが、単に職業が「精神科医」ってなだけで、別段特記事項はなかった。)

このブログは治療の経緯とか、様々な精神疾患に対する医師の考え方とかが綴られていて、「医師のホンネ」も知ることができて実に興味深い。

たーちゃんさん、ありがとう!

ところで、このブログを早速つらつらと読んでいたのだが、たまたま、ふっと目に留まったこの記事。
「不登校と鼻咽腔クロールチンク塗布療法」
http://ameblo.jp/kyupin/entry-10035456939.html

なんで躁うつ病患者が不登校の記事読んでるんだよ!と思われるかもしれないが、自分でもよう分からん。いろんな記事をランダムに読んでいるうちにここに辿り着いたのだ。

で、この不思議な治療方法。
簡単に言うと、鼻の奥の鼻咽腔(鼻と喉をつなぐ部分にある)の炎症部分に、1%塩化亜鉛(クロールチンク)を塗布する、というもの。(1回だけでなく炎症が治まるまで続けることが必要。)

精神科領域ではなく、カンペキに耳鼻科領域の治療法だ。

なのに、なぜかこの治療をすることで、原因がはっきりわかっていない治療し辛い疾患、、、例えば不登校、心身症、チック、神経症、自律神経失調症、果ては膠原病、ぜんそく、アレルギー、胃潰瘍、口内炎、口臭までもが治る可能性があるという。

治る領域が耳鼻科を超えているよ。夢のような治療法ではないか。

んでもってブログにはこんなことが書かれている。
「僕は、慢性疲労が主体のうつ状態についていつも考えていたので、この治療法にはとても興味を持ったのである。この治療法が合いそうな患者さんには特徴がある。というより、こういう風なタイプこそこの治療を試みる価値がある。
@疲れやすさ、頭痛、微熱。
A特に左の僧帽筋の凝り、筋緊張。
B特に心因のない不登校。
C家族、親戚に自己免疫疾患ないし、免疫異常系の疾患の人がいればなお良し。(SLE、甲状腺機能低下症、リウマチ、アトピー性疾患・・・)」

なっ、なんだかやけに当てはまるんですけど。。。(汗)

疲れやすい(慢性疲労)、朝起きると頭痛がする、家族に自己免疫疾患がある。(アタシ自身がバセドウ病(甲状腺機能亢進症)になったことがある。実はおかんもバセドウ病。)Bはビミョー?だけど。

特に「えええ!」と思ったのが「左の僧帽筋の凝り」。
クリックすると元のサイズで表示します←僧帽筋の位置

ここが最近痛いのよ。しかも左だけ・・・。

ただしこの治療法、「ギャーース」というほどの激痛と出血が伴うらしい・・・。
しかも炎症が治まるまで続けなければならないとな。まさに荒療治!
うーーーん、自分、痛みに弱いからやる勇気はないなぁ…。怖い(T_T)。

:追記:
いろいろ調べた結果、この治療をしている耳鼻科は全国でも数が少ないらしい。自分で耳鼻科医に頼むしかなさそう。(でも「なんだよそれ」と断られそうな気も。。。)
しかも耳鼻科関連の疾患を治す以外は保険外診療になるとの情報もあり。

今日のニャニゴ:午後は日光があたる二階の通称「ガラクタ部屋」(おとうの書斎)から外を眺めております。
クリックすると元のサイズで表示します

お気に召したらポチポチッとな。→  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!



猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中



2008/11/15  13:49

投稿者:ミヤコシ

メール&葉書ありがとう!
鼻咽腔クロールチンク塗布療法やったことあるよ!PDにも効くとどこかで読んで、昔耳鼻科でやってみました。私は、3回でギブアップだったよ〜。治療前にスプレー式の局所麻酔をするから、治療自体は痛くなかった。だけど私の場合は、局所麻酔に含まれるキシロカインが体に合わなくて、治療後気分が悪くなって、発作起こしそうになるから、治療はドロップアウトでした。3回の治療では、効果は全くなかったなぁ。
合う合わないあると思うから、試してみるのはいいかもね。

2008/11/15  10:56

投稿者:五十嵐

僕もアレルギー性鼻炎なんです。そう言えばこの病気になる前やたらと鼻くそが多かったような。。。それでほじってて何回も鼻血でたっけ。左の背中のこりもあるし。。。関係有ったのかなやっぱり。貴重な情報ありがと

2008/11/15  8:49

投稿者:kaion

このようなアプローチもあるんですね。
当てはまるよう、当てはまらないような…微妙かも

ニャニゴは日向ぼっこかなぁ



http://kaions.blog102.fc2.com/

2008/11/15  8:30

投稿者:徳井

良くも悪くも薬は、鼻腔粘膜から摂取する
のが一番効果があると聞きますね。
(悪くもは、大麻・煙草などの場合)
でも、かなりの荒治療デスネー。

ニャニゴさん、オムライスみたいな
体型になりましたね、冬毛のせい??

2008/11/15  2:42

投稿者:ぴんくのらんどせる

うわ。
超慢性副鼻腔炎だったんですけど
関係あったら怖いです^^;

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ