おかん逝く その3

2012/10/17 | 投稿者: きちゅー

まだまだ風邪が抜けきらない、虚弱体質のきちゅーであります…。
日常生活には支障ないんですけどね。
肌寒い時期に突入したことですし、皆さんも体調管理に気をつけてください。
しっかしこんなに風邪が長引いてるのも久しぶりだのぅ。。。

さて、また前回の続き。

日が沈んで辺りが暗くなり、シロート的にはおかんの状態もあまり変わらないので、集まった親せき一同は近くのホテルをとり、アタシだけ病室に泊まることにした。
簡易ベッドを病室のはじっこに看護婦さんが用意してくれた。
で、面会時間終了の午後8時、集まった親せきは近くのホテルへ引き上げ、おとうと妹は家に戻った。

簡易ベッドの上でラクなカッコになろうと着替えをしていたら、おかんについてる生体情報モニタ(血圧とか心拍数とか表示されてる機械)のアラーム音が頻繁に鳴るようになった。
その音はナースセンターにも繋がっているので、看護師さんがその度に来てくれるのだが、
とうとう、
「親族の皆さんに連絡をとって、集まってもらってください」
と言われたので、あわててケータイで電話かけまくり。

モニタの数値が何回か0になったり戻ったり。
でもそれから20分くらいで、どんどん心拍数が弱くなり、おかんは息を引き取った。

病室にはアタシと看護師さんだけ。
医師は忙しく、その瞬間にはいなかった。
アタシはおかんの手を握っていたが、数値が0になっているのにチョー温かい。
死ぬときは皆カラダは冷たくなるもんだと思っていたが、死ぬ間際まで心臓がガンガン動いてたんだから、当たり前といえば当たり前なのか…。

息を引き取っても、見た目があんまり変わらないので、モニターは0のまま、アラーム音だけ消して、みんなが集まるまでつけたままにしてもらった。

おかんの姉2人は病室に着くなり、おかんにガバッと抱きついて、
「よくがんばったね〜」と泣いた。
それを見て、おかんがいつも
「60過ぎても、私は末っ子だからかわいがられてんだよね〜エヘヘ。」
と言ってたのを思い出した。

医師が臨終の宣告と時間を言った後、看護師さんたちが死後の処置(「エンゼルケア」というらしいね)をしてくれた。
その間、みんなでロビーの待合室にいたり、おとうは葬儀屋に連絡をとったりしていたのだが、30分以上経ってもなかなか呼ばれない。
点滴の管とかそんなについていなかったのに、エライ時間がかかるな〜と思ってたら、ナント洗髪までしてくれていたらしい。
病院に一泊もしていないんだが…そこまでしていただいてスイマセン的な。

呼吸器も取り外されて薄化粧までしてもらったので、よりフツーに寝ているように見える。
ちなみに今は、昔のように口や鼻に脱脂綿を詰めたりはしないんだそうな。
亡くなってるとはいえなんだか苦しそうだしね…。
6月に亡くなった叔父の場合、エンゼルケアは20分弱程度で、顔は男性なので髭をそるくらいで、口を閉じるために包帯をぐるっと顔に巻き付けて頭のてっぺんで結んでいた。
しかし地元の病院は「包帯もかっこ悪い」ということで、あごの下にタオルを挟んだり、首の位置を調整して、口の半開きを防いでくれた。
エンゼルケアの内容って病院によって違うのねぇ。。。

葬儀屋の人が来て、看護師さんと一緒におかんをストレッチャーに乗せて、霊安室へ。
その時、病室の廊下を挟んだ壁がガバッと開いて、霊安室へ直結のエレベーターが現れた!
こんなところにこんな抜け道が!ここはニンジャ屋敷かよ!と超ビビった。夜の病院だから余計怖いわ。

長い廊下のど真ん中にあるおかんの病室…ナースセンターから激近というわけでもなく、両隣の病室はフツーの4人部屋。
しかし、この病室からは他の病室の前を通らずして、遺体を霊安室へ運ぶことができる。
この隠れエレベーターにほど近い病室へ連れて来られたこと自体が「もうすぐ亡くなる」という前提だったのだ。

おかんのいた部屋は、静かに死を待つ病室だったのだ。

今日のててこ:久しぶりに復活。
クリックすると元のサイズで表示します
そいえばコイツ、おかんが泊まりに来た時に寝てた部屋で早朝からゲロしてたな…


応援にせひ毎日ポチポチっと押してください〜!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 人気ブログランキングへ

猫を飼いたい?ペットショップはやめてコチラへどうぞ!
いつでも里親募集中うちの3ニャンズもここの出身ですよ☆



2012/10/22  19:12

投稿者:きちゅー

>風なぎさん
半そで生活、10月半ばまで続けるなんてすごいですね〜。私は昨日ヒートテックの下着
を着ました…今日は暖かいのでやめましたけどね。病院って亡くなった後なんか最低限
のことしかしないのかな〜と思ってましたが、結構いろいろやってくれるので驚きです


>みーさん
いやぁほんっっつとに驚いたんですよ!壁が開いたとき。。。私もさっきまで泣いてた
のに、涙がふっとんでしまったくらいですよ〜〜〜。

>捨吉さん
うちも一晩もつかどうか…と言われていたのですが、面会時間過ぎると、よっぽどギリ
ギリの状態でない限り一旦は引き上げないといけない雰囲気でした。
私ももっと母親孝行したかったな〜。てかしなきゃいけなかったな〜。

2012/10/20  17:55

投稿者:捨吉

きちゅーさんの記事を読んでいるとどうしても2年前の母の死を思い出します。
病院で色んなチューブにつながれた母を姉と看ていましたが、看護師さんが血圧が
80以下になると危ないと言いました。
夕方7時ごろ姉が「まだ大丈夫やけんアンタ一旦帰って朝にまた来て」
と言いますので1時間半かけて帰宅しました。
すぐに電話が掛かってきて危篤情態になったとのこと。
軽トラを借りて別居中の妻を乗せて病院に行きましたが臨終の後でした。
2時間して弟夫婦がやってきました。
あとは葬儀社のシナリオで葬儀まで済ませました。
薄幸だった母のことを考えてもっと親孝行しとくべきだったと悔やみました。

2012/10/20  17:20

投稿者:みー

お久しぶりです。
もぅ、『亡くなってるのに手は温かい…』のとこで(ノ△T)となりました。悲しいし切ない…うぅ(;_;)
でも『忍者屋敷かよ!』で吹き出し(^^)何が何だか分からない私の状況…(^_^;)さすがのツッコミです…きちゅーさん。
風邪長引いていますね。早く良くなるといいですね!無理はなさらないで下さい。

2012/10/18  6:46

投稿者:風なぎ

私も今日から長袖を着ることにしました♪まだ半袖でもいけそうだけど、風邪ひいちゃうと大変だからねぇ〜…
きちゅーさんも、風邪長引いてるみたいだから気を付けてネッ☆
それにしてもエンゼルケアって本当にスゴイねぇ〜
洗髪までしてくれて、お母様もきっとスッキリして気持ちよかったでしょうネッ!
私も自分が亡くなる時には、エンゼルケアで綺麗にしてもらいたいです♪
笑っちゃいけないけど「ニンジャ屋敷かよ!」には、思わず笑っちゃいました!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ