くろこ姐さん

2010/11/16 | 投稿者: きちゅー

ニャニゴの死からもう一週間経ちました。
時が過ぎるのは早いにゃー。

ヒトの動線上で寝そべったり、食事時には必ずおこぼれをもらいにおとうとアタシのヒザを交互に渡り歩くなどといった、かなりジャマであったニャニゴの行動も、いなくなると本当に寂しい。

たまに
「ニャニゴ・ゴ・ゴ♪」
と無意識に口ずさんで(Perfumeの「チョコレートディスコ」のメロディで)、
あ、そういえばいないんだったなぁ…と気付くときも数回。

今回、たくさんコメントやメールをいただいて、
アタシのかなりヘコんでいた心もだいぶ癒されて、ようやく前に進もうという気持ちも出てきました。
そして、ニャニゴのいない生活にもなんとなく慣れてきました。

そして、ニャニゴの死は、御歳18歳のくろこ姐さんにもはっきり分かってるみたいです。
ニャニゴが死んで翌日くらいに、おかんが買い物から帰って来た時、くろこが階段をぽて、ぽて、と降りてきて玄関にお出迎えに来た、という話を聞いたときはかなりビックリした。
ニャニゴがうちの実家に来た頃(3年前くらい)は、おかんが家に帰ってくるとくろこ&ニャニゴ2匹揃って玄関にお出迎え〜というのが通例ではあった。
が、くろこも歳をとって、階段の上り下りが容易でなくなった今、くろこが玄関まで出迎えるなんてここ1〜2年なかったからだ。
「私が若人(ニャニゴ)の代わりをせなあかん」
とでも思ったのかもしれない。

「くろこはムリしないでいいから〜。」
というおかんの言葉が通じたのか、それ以降お出迎えはしてくれないみたいではある。。。
…てか、絶対くろこは人間の言葉を理解してると思う…。

去年の夏には、
「こりゃ冬を越せないかも…」
とこのブログでつぶやいたこともあるくらい、体調を崩してたこともあるくろこ。
まさかこのくろこが、ニャニゴより長生きするとは思わなかった。。。

しかし、このくろこさんの存在でうちの家族が癒されてるのは事実です。
くろことしてみれば、突然なでられる回数が多くなって、少々ウザがってるみたいではあるけど。

やっぱ猫はええなぁ〜。

今日のくろこ姐さん:寒い季節は慣れてるわっ。(彼女は新潟生まれです)
クリックすると元のサイズで表示します
歳で足腰が少々フラついてはいますが、カリカリもパウチのごはんもがっついて食べます。(ちなみに彼女は人間の食べるものには全く興味を示しません。刺身とか生ものは元々キライだし。)
「食べる」って生きるのに一番大事なことなんだなぁ。。。


うつ病専門季刊誌「こころのサポート」12月号(11月2日発売)に、当ブログがちょこっと紹介されております!(83ページに載ってます。)
         

応援にぜひポチポチッとな!→人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

★アマゾンは購入金額に関わらず全商品送料無料になったよ★





猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中



2010/11/19  2:10

投稿者:きちゅー

>ちぃ〜ちゃさん
アララお久しぶりのご訪問でだいぶショックを与えちゃったみたいで…てか、旦那さんが抱きしめてくれたってかなりウラヤマヒ…。
ニャニゴはいろんなところでだいぶ愛されてましたねぇ。リアルご近所さんからもたくさんお悔やみのお言葉をいただいております。。。


http://moon.ap.teacup.com/kityur/

2010/11/17  9:20

投稿者:ちぃ〜ちゃ

きちゅーさん。ごめんなさい。最近、躁鬱の気配が強くなって、きちゅーさんちへご無沙汰していたのですが、久しぶりにお邪魔してショックで、自分にまだ、こんなにも涙が残っていたのかと思うほど大泣きしてしまいました。夫がびっくりして久しぶりに抱きしめてくれたのには、またびっくりでした。
私の中にはにゃにごの存在がそんなにも多きかったのですね。随分前に内の猫とそっくりで、冗談で内のほうがちょっと可愛いってカキコミした者なんですが、きちゅーさんはもうお忘れと思います。にゃにご、さよなら。
でも、空からきちゅーさんをいつもみてますよね。黒子ちゃんが長生きしますように。

2010/11/17  0:00

投稿者:きちゅー

>風なぎさん
本当にくろこの回復力には舌を巻きますね…。年寄りだから車の移動はかなり負担になるだろうと、ここ数年は動物病院に行ってないというのに。。。こりゃ妖怪「ねこまた」になるかな?(笑)

>(ゆめ)とめいのままさん
世代交代ということで私も子猫欲しいんですけどねぇ〜、親も猫好きとはいえ、ニャニゴもくろこも私が飼ってたのを勝手に実家に持ち込んで面倒見てもらってる(た)子達なので…。それと、母が言うことにゃ、次の猫は「くろこを見送ってから考える」…みたいですなぁ。
うちの母は最近掃除に凝りだして、ニャニゴがいなくなった悲しみを紛らわせてるようです。てか、最近掃除サボりすぎでしたから、ああよかったわーと娘は単純に思ってるんですけどね。
コメント返しは私のシュミみたいなもんで、負担にはなってないのでご安心ください〜。(時々聞かれますのでね。)

http://moon.ap.teacup.com/kityur/

2010/11/16  13:07

投稿者:(ゆめ)とめいのまま

きちゅーさん、こんにちわ。
更新されていて安心しています。

姐さんはもう18才ですかぁ・・・。
こりゃあそろそろ子猫の里親に名乗りをあげて
みてもよい時期かと・・・(勝手ながら)
姐さんのストレスにならなければ、ですが。

コメントを律儀に返して下さり
きちゅーさんのお人柄が伝わりました。
ひとつひとつ読んでいたら
またちょびっと胸がつまりました。
時間が経てば思い出すのが痛くなくなります・・。
ワタシはおかんに歳が近いので
おかんのダメージも気がかりですが
泣けることもいいのかな・・。

2010/11/16  11:07

投稿者:風なぎ

本当にくろこさんには人間の言葉の意味が通じてると思うね。
去年の夏のくろこさんのことを思い出したら、よく元気になってくれたなぁ〜としみじみ思いますね。
ニャニゴの分までくろこさんには長生きしてもらいたいっ!
くろこさ〜んっ!今年の冬も無事に過ごせますように〜っ♪

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ