ニャニゴ荼毘に付す

2010/11/10 | 投稿者: きちゅー

全国のニャニゴファンの皆様、たくさんのコメントありがとうございます。
お一人お一人にレスしますので、少々お時間下さいませ。。。


ニャニゴが死んだ後、うまい具合に大きさがちょうどぴったりの段ボール箱をおかんがどっかから探して持って来てくれ、愛用してたバスタオルを敷いてニャニゴを入れて、
いつも寝ていた二階の西側の部屋の窓辺に遺体を安置していた。

さて、いかがいたそう…(←残された遺族の現実問題。)

うちの家、ペットが死ぬのは実は20年ぶり。
アタシが中3の頃飼っていたミケ(雌猫・元ノラ)が死んだ時以来である。。。
その頃はペット霊園なんてものはなく、犬猫の遺体は広い庭や焼却炉を持っている人は自宅で処分していたのかもしれないが、当時借家住まいのアタシの家では、市のゴミルールに沿って処分するしかなかった。
で、確か車で市のゴミ焼却場まで持って行き、ペット遺体専用の焼却炉入口に置いてきた記憶がある。(しかも有料。)
もちろん「専用」とは入口だけで、結局ゴミと一緒に焼かれて終わり、である。

ニャニゴをちょっとそれではうぬぬ…なので、
飼い主であるアタシの希望は、
うちの庭に土葬&バラを植える。(ちょうど植えなきゃならないバラ苗もあるし)
であった。

しかし、問題はその手間。
いくらオス猫にしては小さかったニャニゴとはいえ、それに見合う穴を掘るとすると、両手で円を作ったくらいの直径の穴を掘る必要がある。
しかも、深く深く埋めなければ、遺体をカラスやタヌキ、ハクビシン等に荒らされるので注意、と市の清掃センターの人に言われた。(イナカって、イナカって…)
そして今の時期の天候の悪さ。
横から叩くように降ってくる冷たい雨&強風。週間天気予報を見ても、この天気は当分続くらしい。
おかんが、
「ニャニゴを見るたびに涙が出てくるから早くして〜!(泣)」
と言うのだが、この天候の中での作業はちょっとカンベン…
アタシも昨日から泣きすぎで頭がガンガンしてるし。。。
加えて、
「ビチャビチャ濡れた土に埋めるなんて、毛が濡れてかわいそう〜(泣)」
とも言われ、もうどうにもこうにも…。

で、今朝、おとうの
「どっかペット霊園かなんか探して火葬して骨にしてもらえー。」
という一言で決まり。
骨にすれば埋めるんもラクだしね…。

ググったところ、地元のペット霊園業者が2件ヒット。
一件目は2度電話するも全く出ないので、2件目にかけたら、フリーダイヤルの上におっちゃんがすぐに出てくれて、
「はい〜、この度は本当にお疲れ様でした〜。」
と機敏&優しく対応。
この業者に決めて、個別火葬と骨上げをお願いすることにした。

早速、おかんと一緒に車で30分ほどの市のはずれにあるペット霊園業者のところへ。
建物はプレハブではあったが、中はしっかりした火葬釜があって、まるで人間の斎場と同じ。
クリックすると元のサイズで表示します
ちゃんと生花が飾られてたところが気に入った。

「おくりびと」のおっちゃんが名前や死因、どんな性格の猫だったかと聞いてくれて、簡単に火葬手続書を書いたと思ったら、あっという間に袈裟に着替えて、ニャニゴにお線香とお経、お水をあげてくれた。
見ると壁に額縁が飾ってあり、それによるとこのおっちゃんは「ペット僧侶」の資格者らしい。世の中いろんな資格があるんだな…。
お経の間に「○○家〜ニャニゴの〜」と入って、ちょっと笑ってしまったが。。。

火葬が終わるまで30〜35分、冷ますのに30分かかるというので、その間お茶を飲みながらソファで待っていた。
おかんがトイレを探しに外に出たら、「猫がいる〜」というので、出てみたら、まぁなんとデカいトラネコ!
クリックすると元のサイズで表示します

おっちゃんの話によると、コイツはこの辺を取り締まってる大ボス猫(ノラ)で、近辺のメス猫は皆この雄猫にホレ込んで、この辺で生まれる子猫は皆この大ボス猫の子どもだという。
しかし気は優しく、メス猫や子どもが満腹になるまで自分は食べるのをじっとガマンするらしい。(ここら辺の優しさがメス猫にモテる要因でもある、とおっちゃんの見解。)
だが、あんまりメス猫を孕(はら)ませるので、数年前におっちゃん他数人で皮の手袋をはめて捕まえ去勢させたらしいが、
「野獣の本気を見た…」とつぶやかせるほどの暴れっぷりだったらしい。

しかし、かーわいいー♪
トラみたいな凶暴な顔つきとは裏腹に超人なつこい〜。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし基本ノラなので、2〜3日おきにフラっといなくなったり現れたりと繰り返してるらしい。
うーむ、ニャニゴとはある意味180度違うネコ人生を見たなぁ。。。
(ニャニゴは全くモテなかったしなぁ…悲。)

そうこうしてるうちに、ニャニゴの火葬は終わり、骨上げ。
標本で見る通り、ちゃんと立派な(?)猫背の骨であった。
しかしおっちゃんから、
「背骨付近がなかなか焼けなくてねぇー。何か病気してましたか?」
と言われた。
よく見ると、背骨の内側が少し緑っぽく変色していた。
そういえば最近、ニャニゴが自分で背中の毛をよくむしってたから、口内炎以外の病気を持っていたのかもしれないな…。

骨壷に入れたニャニゴはほんのりあったかくて、そのまま抱いて家に帰りました。
いつも寝てた場所に、花と一緒に安置してます。
クリックすると元のサイズで表示します

火葬したら、おかんもアタシもなんだか心が落ち着いた。
なんだか分からんけど、一安心。
お葬式って本来は本人のためではなく、遺族の気持ちを整理するためってのが主目的なんだろうなぁ。

ちなみに、家に帰った後おかんから、
「きちゅーがあのボスネコを家に連れてくると言い出しやしないか、かなりドキドキしてたよ・・・。」
と言われた。
それは、さすがに、ないわい。

在りし日のニャニゴ:11/1のブログに載せた画像の続き「見返りニャニゴ」。
クリックすると元のサイズで表示します
これが彼を撮った最後の画像でした。(しかもヨダレ出とる…)

◎今回お世話になったところ↓
庄内ペット霊園
フリーダイヤル 0120−407134(24時間受付・年中無休)
クリックすると元のサイズで表示します
ちゃんとお葬式したい家族のためにこんな祭壇もありました。
(ちなみに宗教・宗派は問わず、希望によって牧師さんや神主さんを呼んでくれるそうな。)


うつ病専門季刊誌「こころのサポート」12月号(11月2日発売)に、当ブログがちょこっと紹介されております!(83ページに載ってます。)
         

応援にぜひポチポチッとな!→人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
アタシの励み&療養!になりますので、ご面倒でもぜひぜひ一日それぞれ1クリックずつお願いします〜!!

★アマゾンは購入金額に関わらず全商品送料無料になったよ★





猫を飼いたい?ペットショップに行くのはやめてコチラへどぞ〜♪→いつでも里親募集中



2010/11/26  15:19

投稿者:レモンケーキ

 大分、日数が経ってしまってますが、随分とニャニゴ君に癒され、笑わせていただいた事に敬意を表して、改めてお悔やみ申し上げますゴメン
 ずっと天国から、きちゅーさん御一家を見守ってくれると思います。
 きちゅーさんに拾われ育ててもらった事を、一杯感謝してくれている事でしょうハート

2010/11/16  0:22

投稿者:きちゅー

>ねこやしきさん
今回はいろいろ初体験でした。ペットにとってはなんていい世の中になったんでしょうねぇ。。。本当に他の家ではどうしてるのか気になります。

>風なぎさん
ニャニゴに優しいお言葉ありがとうございます。生きてる者はくよくよしててもしゃーないので、次のステップに進まないと、ですね。

>ぴんくのらんどせるさん
そーなんですよ。こんなにちっちゃいカラダなのに、人間と同じなんですよねぇ。
ちなみにここでは金魚や亀などの火葬も受け付けてるらしいんですが、骨を残してうまく焼くのが難しそうな気もします…。

>でぶにゃんこ♂さん
初めまして。初コメありがとうございます。ニャニゴは特に一番ツラい時期にそばにいてくれた猫でしたので、お別れは本当につらかったです。でも、だからこそ最期に立ち会えて本当によかったとも思ってます。

>ねこまた
考えてみれば、ニャニゴは淡路の時代からみんなのアイドルだったよにゃー。卒業アルバムにもちゃっかり載ってるし。淡路の仲間からもそれぞれお悔やみのメールをもらったよー。こんなに多くの人々に愛された猫はめったにおるまいなー。

http://moon.ap.teacup.com/kityur/

2010/11/13  13:38

投稿者:ねこまた

淡路の時代からニャニゴがいてくれて、本当によかったよね。あまり長生きはさせてあげられなかったけれど、ニャニゴもきっと幸せだったよ。
ニャニゴ、安らかに。


http://happy.ap.teacup.com/nekomata/

2010/11/12  21:01

投稿者:でぶにゃんこ♂

きちゅーさん、初めまして。
ずっとロム専だったのですが、ニャニゴの訃報に接しコメントを残したい衝動に駆られました。
ニャニゴの最期、何度読んでも泣けてきます。
永久の別れは命有る物の宿命ですが、やはり親しい関係との別れは胸が張り裂けそうです。
緩やかなときの流れが、きちゅーさんの心を癒してくれる事を願って止みません。
ニャニゴよ有難う、安らかに眠れ。

2010/11/12  1:16

投稿者:ぴんくのらんどせる

人間と同じなのですね。具合の悪いところは燃えにくかったり色が変色していたり。T_T

きちゅーさんもお大事にね!合掌


2010/11/11  10:46

投稿者:風なぎ

ニャニゴちゃんといいお別れが出来たようで良かったです。
まだしばらくは悲しみが癒えないと思いますがニャニゴちゃんの為にも元気にならなきゃネッ♪
私もニャニゴちゃんのことは忘れません。
ニャニゴちゃん!本当に私達に癒しを与えてくれてありがとう

2010/11/11  8:02

投稿者:ねこやしき

いろいろな意味でお疲れ様でしたm(__)m
葬儀まで出してもらえて本当に幸せだったニャニゴちゃん。きっと炎とともに天に昇って行ったと思います
わが家も今猫が三匹いるので避けて通れない問題です。うちには埋葬するような場所が無いし....

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ