Kashaya *カシャヤ* sufiの安らぎ

究極の癒し/ ハートの領域を広げるスーフィーヒーリングセッション/プロフェッショナルヒーラー養成講座 /クリスタル/フラワー&ジェムストーンエッセンス/
カシャヤ スーフィ―ティーチャー、ヒーラー サラームのブログです。
−あなたのうえに平安がありますように−

 

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メッセージBOX

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:サラーム
minaminaさま
こんばんは。
印香は香木や練香と同じく香炉で焚く(灰の中に火を点けた炭を入れその近くにお香を置く)お香になります。直接火を点けて燃やすのではなく温めて薫りを楽しむもの。煙がでない分、純粋に香原料の薫りのみを楽しむことができます。
是非機会があったら薫りを聞いてみて下さいませ。
投稿者:サラーム
梢さま、
ありがとうございます。牡丹か揚羽蝶で迷ったのですが、伝統的な柄に職人の技が込められていて感動ものでした。あとは如何に持ち続けて艶を出して行こうかと。
この印香は、和菓子用の型で抜きました。
手で形を作っていくことも可能だと思います。貴族の遊びとして形も雅やかです。

投稿者:minamina
こんばんは。「印香」という言葉を始めて聞きました。お香の一種なのですね? とっても小さいですが、どのように使用するのか興味津々です♪
投稿者:梢
お香入れ、牡丹の彫が見事ですね。
サラームさんの華やかな雰囲気にピッタリ!
印香というのは、型か何かに入れて作るのでしょうか?繊細でかわいいですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ