サドバビッチな詐欺師たち〜SAD-BAD-BITCH★FAKERS 

【OUT】vo.【如月アキラ】のブログ
官能妄想大暴走の夜露死苦!哀愁!

 

カレンダー

2021
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

あの頃のショーケンはカッコヨカッタ!(完全過去形)

クリックすると元のサイズで表示します
傷だらけの天使/木暮修

またまた、遡って
『傷だらけの天使』はご存知だろうか?

1974年10月5日から1975年3月29日まで、
日本テレビ系で放送されたテレビドラマ。
全26話

ヤッパリ、オープニング映像でしょ!

井上堯之バンドによる軽快なタッチの
オープニングテーマ曲で
皮ジャンを着て、ヘッドフォンを付け、
水中眼鏡を付けた修が眠りから目を覚まし、
冷蔵庫の扉を開き、新聞紙をナプキン代わりに首から下げ、
トマト、コンビーフ、ナビスコリッツ、
ソーセージに次々とかぶりつき、
口で栓を開けた牛乳で喉に流し込む。

カッコイイね〜あの頃のショーケンは〜

クリックすると元のサイズで表示します

一般的には、ビギの衣装をまとった
木暮修演じる、ショーケンを絶賛するが、
ワタクシは
片島三郎演じるショーケンを絶賛する!

そうです。
『前略おふくろ様』である。
クリックすると元のサイズで表示します
前略おふくろ様/片島三郎

表面的な派手さはないが
(むしろダサくてカッコ悪い不器用男)
内面的に滲み出るダンディズムが
またまた堪らない!
流石!倉本聰である

この作品もその街の世界観が
よく描かれていて人間模様が面白い!
特に
クリックすると元のサイズで表示します
渡辺組・半妻さん(室田日出男)

クリックすると元のサイズで表示します
渡辺組・利夫(川谷拓三)

クリックすると元のサイズで表示します
岡野海(桃井かおり)が
サブちゃんとおりなすヒューマンドラマが
面白い!

冒頭で
「前略おふくろ様〜・・・」と
ナレーションも手紙を読んでいる設定で
ショーケンが素朴な感じの語りがまたいい!

このナレーションの手法は後の
『北の国から』にも採用された。

こんな無垢で生真面目な男もまた憧れた
片島三郎!男とは内面そんな感じである↓
岡野海!また女とはそんなものである↓
http://www.youtube.com/watch?v=8bMcuFmcO_c&feature=related

嗚呼〜あの頃のショーケンはカッコヨカッタ(完全過去形)
1
投稿者:如月
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:如月
うぉ〜っ!
目茶目茶の
ショーケンファンだったんですね!(汗)
スンマセン(汗)

こんばんわ showken-fun様

いや〜アナタ様のブログを
今、拝見させてもらいましたが
ショーケン!ショーケン!ショーケン!

これだけのファンの方から
言われると
自叙伝『ショーケン』
読まない訳にはいきませんね(笑)
読んでみます〜
オレのショーケン蘇るかも・・・

いや〜それにしても
目茶目茶ショーケン!でした
嗚呼〜文になってませんね(笑)
素晴らしいブログですね。
参りました。
それと失礼しました(汗)


最後になりますが
どうぞどうぞ、
いつでもお気軽に参戦下さいね(笑)



投稿者:showken-fun
お言葉に甘えて・・参戦してもヨカですか?(笑)

>2005年の恐喝未遂事件で
苦しい言い逃れの後、

あれ、ショーケンチックでした。見苦しかろうとなんだろうと、人がどう思おうと、『散骨』完成のために必死になる姿が。とにもかくにも映画が一番の人なんでしょうね。

それと、『ショーケン』、これは、名著でした。偏見で手に取らないと、損すると思います。
正直、恐々手に取りました。こんなこと企画するの誰?と恨みながら。
・・・いやもうっ
涙涙の名作ですよ。だまされたと思って立ち読みでもしてみてください。
http://ameblo.jp/showken-fun/


http://ameblo.jp/showken-fun/
投稿者:如月
『showken-fun』様

はじめまして(汗)

イヤイヤ、全然カッコイイですよ
無理ではありません(汗)

ワタクシの書き方に問題が
あるようですね(汗)

「あの頃・・・(完全過去形)」が
よくなかったのかも・・・

あの頃のショーケンはマジ!
傷天ではワイルドな男を演じ、その後すぐ、
前略では真逆の生真面目な男を演じるという
役者ならではのブラウン管を
通じての俳優「萩原健一・魂」が
時代と共に輝いていたと思う。

ただ、残念なのは、
2005年の恐喝未遂事件で
苦しい言い逃れの後、
懲役1年6ヶ月、
執行猶予3年の有罪判決
この時でオレの萩原健一は死んだ

俳優、ミュージシャンは
多くの人たちに夢を売る仕事なので
・・・幻滅させるような事件は
勘弁してもらいたいものだ。
アレだけ輝いたショーケン時代も
ドラマ上の木暮修,片島三郎は
今でもカッコイイのだが・・・

確かに、俳優も人間なので、
間違いは犯す事も
誰でもその可能性はあるのだが、
許せるモノと許せないモノは
人によって個人差があり、
オレにとっては後者の方であり、
残念で仕方ない。

更に残念な事に
2008年3月に自叙伝『ショーケン』で
復帰が決まっている。
勘弁してくれ〜(汗)

最後に『showken-fun』様へ
このブログにのせてある
ショーケンはカッコイイのですよ!(笑)


またの参戦待ってます!(笑)
投稿者:showken-fun
はじめまして。
もしかしたら、これからもスゲェカッコイイかもしれませんよ??無理ですか・・・(汗)

傷天、ファミリー劇場でまもなく放送が始まるようです。

http://ameblo.jp/showken-fun/
AutoPage最新お知らせ