« 真似 | Main | 冬眠 »

2006/11/21

風邪  

●そろそろインフルエンザ対策へ・・・

これを読んでいる頂いている方々は、さぞかしご心配される時期ではないでしょうか?
我輩の場合、仕事への通勤機関が徒歩と言う事だけあってインフルエンザの感染が少ない方だと。。。


●対策方法は・・・

TV番組からの情報ですが?
インフルエンザ対策法!!

*「人ごみを避ける」
これに関しては先の話通り、満員電車での通勤がある方は避けられない状況に仕方がないのですが。

*「手洗い・うがいをまめに行う」
なにしろ会社の出勤時から自宅の帰宅時も、まず手洗いとうがいを行う事!
これがウィルスを除去する最大の対策!

*「部屋の換気を行う」
ウィルスは手洗い・うがいを行っても衣服への付着や外気からの浸入がある為、常に室内の換気でクリーンな環境を努める事が大切。


●我輩からの対策提供・・・

ここ5年は風邪をひいた事が無く、なぜ丈夫かと言えば他ならない理由が!

「馬鹿は風邪をひかない!」

しかし馬鹿なりに対策を取っているのでお試しあれ。

*「一に気力!」
なににしても気力が大事である。
先のTV情報にしても、気力が無ければ実行出来ない訳で。。。

*「サーフィン!」
これが大事である!
まず理由をあげれば。。。
海から発生する−イオンを吸収できる。
鼻うがいが自然と行われる。
体力が付く。

*「我輩の料理を食す」
知り合いの病院の先生が言っていたが!

こんなにも裕福な日本に生まれ、あらゆる食生活に恵まれた時代に。
何故?栄養剤やサプリメントを飲む必要があるのか?
常に栄養のある食生活を送れる日本人が、やれ「疲れた」「だるい」「点滴打ってくれ」などと病院に来ては弱音を吐く時代!

好き嫌いなく美味しいものを頂き、旨い酒を呑む事が一番の栄養剤だと先生は言っている。


●こんな事も言っていた・・・

風邪をひいたと病院に訪れる患者様。
救急車で緊急状態での診察ならまだしも、寒い中わざわざ歩いて来ては、点滴・注射を打ってくれと言える程の元気があれば、わざわざウィルスが大量に飛び交う病院に来る必要も無く、よっぽど家で暖かくしては安静にし、点滴など打つ事無く飴玉でも舐めている方がよっぽど良いとか?
 
この先生の意見には、かなりの説得力に納得した訳でして。。。

みなさん!これからのインフルエンザ対策にお試しあれ!







コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ