« 予約 | Main | 贅沢 »

2008/3/28

兄弟  

●あれは我輩が小学校4年生だったか・・・

夏休み中、我輩と年子の妹二人で流れるプールに行った。
我が家から父の運転でプール入り口まで送ってもらい、兄弟二人で園内に入る。

その後、父と母と幼い弟はプールから3キロ程離れたイトーヨーカードへ買い物にいったのだった。
買い物が終わったら迎えに来る。
そんな約束だったのだが。。。


●子供と言うのは、とっさな思いつきで行動を・・・

1時間も経たないうちにプールに飽きる我輩。
親の迎えが来る約束も聞かずに我輩は妹を連れ、プールを後にした。

妹を連れ親の買い物先へ歩いて行こうと。
夏場の猛暑も考えずに、日照りの強いアスファルトをひたすら歩いた。

小学生の子供には3キロの道のりは長く妹には酷である、歩いても歩いてもハトの看板は見えず。
流石に妹は暑さに耐え切れず座り込んでしまった。

「おんぶするから行こう」

そんな声を掛けながらも妹は立ち上がり、兄弟手を繋ぎ二人は歩いた。。。


●1時間は歩いただろう・・・

やっとの事でハトの看板が見え、食品売り場から親を探した。
しかし地下から屋上まで探すが親は居ない。

その内、店員に声を掛けられ迷子ルームへ。

名前・住所を問いかけられ、プールから歩いて来た事を告げると流石に店員も驚いていた。
さっそく店員はプールへ連絡。

プールでアナウンスを流したそうだ。

「ピン♪ ポン♪ パン♪ ポ〜ン♪迷子のお知らせ」


●偶然にも・・・

丁度その時、我輩二人を迎えに着いた親はアナウンスを聞いたのだった。
車を飛ばしヨーカードーへ逆戻りする親。

再会だ!
親子の再会だ!
そんな馬鹿な兄を持つ妹との思い出があった。。。


●荒川沖事件だが・・・

切っ掛けは妹を殺害する事から始まったらしいが?

我輩には理解出来ない。
人を殺す事は勿論だが、親兄弟に対して何故。。。






コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ