« 安肝 | Main | 平和 »

2007/9/27

修行  

●金魚の熱い話しは止めといて・・・

金魚が好きでも、鯖嫌いな方がいますが。
当店、知っている方は知っている通り、鯖の仕入れには自身あります。

今回仕入れたのは、松葉産の高級活き〆鯖であります
クリックすると元のサイズで表示します

企業秘密なんて言う、ショボイ事は申しません。
鮮度の良い、最高な品質ある鯖を三枚開きにしては、塩〆し。。。

やっぱ!言わない。。。(知りたい方は店頭へお越し下さい)


●見習いは死なない・・・

鯖の〆方を知りたい方は、見習ってください。
教えて出来れば板前は要らないでしょ?

結構、しんどい修行を積みましたョ!
給料安くて、労働時間は長いし、モンモン背負っている先輩に可愛がられて。。。

されど修行の道は厳しいが、結果を残せば良い思い出になる訳で!
しかし今回の力士死亡事件には、心が痛む。。。


●自分自身に置き換え、皆が考えなければ・・・

他人事では済まされないと、今回の事件には我輩自身、痛恨に受け止めなければいけない事件であると考える。

なぜ17歳という若さで、これから日本国民としての有望な若き力士が殺されなければならないのか?
しかも育てる側である先輩、親方という、いわゆる親同然と信頼置ける関係の者に殺意を抱かれるという残虐な事件。

我輩も料理界的な修業(相撲界的に言うかわいがり)は有りましたが、それでも死に至る程の無謀な職場はありませんでした。
(ちょっと危険は会ったかも?)


●戸塚ヨット事件を思い出したのが・・・

今回も似てるケースでは?
子が親に助けを求めていたのだが、それを拒否した親の行動もどうなのか?

「良い子になるから、迎えに来て」

こんな言葉を発する息子の心境を、何故親が感知出来なかったのか?
結局、親の仕付けや育てる自身が無いことから、他人任せに修行させると言う、いわゆる他人任せであり、親の責任逃れである。

勿論、親方・先輩力士は殺人犯にて処罰を受けるのは当然である。
今回の親に関しても、TV画面で涙も流さず汗を拭う仕草だけの、冷静沈着を演じた奴の親心を疑う。

結局、相撲界にぶち込めば人間が育つとでも思ったのか?
誰が正しいとは、我輩にはさっぱりと解りませんが、今回の事件は加害者・被害者側になんらかの裏事情が見え隠れし、人間は汚いなぁ〜〜〜

なんて金魚を思い出すのである。。。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ