« 暴睡 | Main | 馬鹿 »

2007/1/25

麻雀  

●久々と言うより・・・

3年ぶり位になるのか?
パイを握ったのだ!
白発中の三元パイを並べる・・・前にロ〜〜〜〜〜ン!


●雀荘でのひと時は・・・

仕事終わりの12時、深夜に近所の雀荘で待ち会わせ。
半荘4回を楽しんだ、ある一場面。


好調な我輩に漢字が並ぶ。

中をポイ!続いて発をポイ!

ん〜非常に良い調子だ!

手元に白が一つ輝く。

しかし下家がリーチ!

げっ!何故? 白は場に無いのだ。

下家は、もしや白を鮟鱇か? 安肝なのか? 相当な自信だ!

しかし我輩は役マン目前にして降りる訳にはいかない。
ここまでチップが9枚浮いているし、負けは無いのだ!
一か八か男の勝負だ!全然根拠はないのだが。。。


●高校1年に・・・

同級生宅に集まった男4人衆。
中学を卒業して、ある意味人生の節目としての人脈を造る。
出会い始めて三つき程の付き合いという友人関係に。
我輩は人生始まって以来のギャンブルを経験する。

それまでのギャンブルと言ったら、面子・ビー玉・ベーゴマなどで勝ち負けを競い合い、商品引き換え的ギャンブルを小学生時代に経験していた。
中学生時は恋のギャンブル???負けてばかりだったが。。。


●修行の道・・・

社会人としての経験は人それぞれあるが?
我輩の場合、職人としての社会経験は修行の道から始まった。
仕事終わりに呑みの飲み屋から雀荘へ。
経験豊かな親方、先輩に連れられ卓を囲む。
勿論、負けは承知の上だった。
勉強代としての支払いなのだ。。。


●中・発・白は・・・

今までの経験上、我輩には博才は無い。
大負けは無いが、大勝ちも無いのは確かだった。
結局、男を捨て役マンを諦める。
安パイは無い、白を捨てるか迷う。。。


大三元を諦め、浮いた白を捨てる。





ロ〜ン!

暗こってると思えば、白待ちだった作戦に我輩は釣られてしまったのだ!

まぁ〜それでも楽しい時間も過ごせ、赤字も無く、頭脳の活性化にも役立つ訳で。。。


ん〜また打ちたいなぁ〜〜〜〜〜麻雀は麻薬というが、それは事実だ。








2007/1/28  0:30

投稿者:j

ともちゃん<君は随分と強気だね〜!
まぁ〜次回も楽しませてもらいますよ!

2007/1/27  23:44

投稿者:ともちゃん

おもしろかったですね!
マスターの腕がちょっとわかりましたねぇ(^^;)
麻雀は性格が出ますからね、その人がよーくわかります☆
2着なら上出来ですよぉ!次はビリ覚悟してくださいね(^ワ^)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ