2021/1/7

風邪?・・・・・・  整体師の独り言・・

今日は朝から雲は多かったもののお天気はよく、風がとても強く吹いていた一日でした。

今日はお休みだったので、いつものごとく買い物と用事で外出しました。
とても風が強く吹いていて、車から見る景色は砂埃で空は茶色になっていました・・・・・

風・・・・・風邪・・・・?!・・・・・なんで風邪って言うんだ?なんてふと思ったもので調べてみました。

悪霊が邪悪な風を吹かせる…

それが人間の体に障り病気をもたらすと信じられていた事から、「風邪」という漢字が生まれとも言われていますが、なんでも、これは当て字なんだそうです。

「かぜ」という日本語の語源は、もともと「か」は気、「ぜ」は風を意味することばだとされているそうです。

空気が動くことを「かぜ」と言ったのを、それを通じて伝染する病気にも転用した、というわけです。

一方、「風邪」と書いてフウジャと読む漢字熟語はれっきとした古典中国語で、『後漢書』という書物には、庭園や離宮に出かけてばかりの遊び好きの明帝という皇帝を、皇后が「風邪露霧を以て戒め」た、という記述があるそうです。

この「風邪」という中国語が日本に入ってきたとき、同じ意味を表す日本語の「かぜ」と「風邪」を同じ意味として、読むようになったのが始まりなのではないかと思われいるようです。

まぁ〜、あまり意味はないようで、これが当て字の当て字たるゆえん、ともいえるとの事で・・・・

2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ