2009/6/30

遊んでみました。  ヒ−リング

今日は午前中は小雨が降っていたのですが、午後からは曇り空の広がっていた一日でした。

女性の患者さんがいらしたのですが、右の肩から腕が痛くて右手で左の肩口に手をまわそうとすると痛みと突っ張り感があってとどかないとのことでした。
一通り施術をしてかなり楽になったようですかけど、まだ突っ張り感や手をまわしずらい?のが残っていました。

で、調べていくと・・・背骨が捻じれているようで・・・で、調整すると今度はバッチリになりました。
でも、背骨の矯正みたいなことはやっていないので、ほんとにそうなの?って話になります。そんなわけで、遊び心に火がついて、「じゃあ〜試しに反対に捻じってみましょうよ!今度は逆側が辛くなるはずでしょ!?」ってことで、患者さん同意のもと、遊んでみることにしました。

と、予想通りに今度は逆側がきつくなってしまい、大笑いでした。

でも、このことから普段骨の調整とかしても見えない部分ですから、言ったもん勝ち?みたいなとこもあって、患者さん側からすれば「怪しい・・・」って、自然に思われることがあるかもしれないけど、ちゃんと骨の調整ができていたり動いたりしていることがわかって楽しかったです。

だって、患者さんが思われるように、ただ、触れているだけですから、もっともだと思いますし・・・。
もちろん、患者さんも納得の結果でした。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ