PENMAN'S CAFE

ペンマンと猫のつれづれ日記。

 

カレンダー

2021年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:KAZZ
☆koko-kazuさん。

私も驚いています。たった一輪、どこかの高原から来たのでしょうか。。。今日は雨なので、半分だけ開いてちょっと寒そうにしています。
投稿者:koko-kazu
珍しい花が。きれいですね。
お庭にカタクリの花が咲くとは、すばらしい。
投稿者:KAZZ
☆りりあんさん。

最初に葉っぱがあったかどうかは見ていないのでわからないです。気がついたら花が一つ咲いてました。葉っぱは最初は1枚だけで7〜8年を過ごしてから、2枚になって花をつけるようですよ。この「奇妙」に見える葉っぱは環境によっては綺麗な緑色です。斑入りの度合いも環境によって違うようです。
投稿者:りりあん
可憐ですねぇ〜+。:.゚(人〃∇〃)*
やっぱり最初はその奇妙な葉っぱだけがあるんですか? 2枚の葉から一輪だけ咲くってのも、エフェメラルですねぇ(←早速使ってみた)
投稿者:KAZZ
☆黒ベエさん。

私も偶然気が付いたんです。いつも特に気にしない場所なのですが、なぜか目が行ってしまいました。きっと「私を見て。」ってカタクリが呼んでいたのかも。花の命は1週間しかないので、ちゃんと見てあげないと。。。って夜も気になって見に行ったら、蕾のように閉じて寝ていました。夜明けとともに咲くんだそうです。だから、群生地に夜明け前に行って見るとすごく感動するそうですよ。
投稿者:黒ベエ
可憐な姿ですね。アリさん、グッジョブ♪
たとえうちの庭にひっそりと咲いたとしても、私は気づかないんだろうなぁ(笑)

http://kurobexx.exblog.jp/
投稿者:KAZZ
☆ひろるさん。

7年前は今の生活とあまり変わらなかったなぁ。でもLUNAはまだいませんでした。

。。。そうです。片栗粉の原料です。昔はその茎(鱗茎)から澱粉を取っていたらしいですが、明治時代ごろから北海道で馬鈴薯(ジャガイモ)が多く栽培され、その澱粉が片栗粉とよく似ていて安価だったため、その頃からすでに「片栗粉」といえば馬鈴薯の澱粉ということが定着していたようです。。。カタクリから取った片栗粉はきっと高価だったんでしょうねぇ。

多分、5月ごろになると消えてしまうと思います。だからこれから観察日記をつけようと思います。また来年の早春に出てきてくれるといいのですが。。。
投稿者:ひろる
へぇ〜〜〜!!なんか、すごいです〜〜!
発芽してから7〜8年!ですか。。う〜ん、7年前、何してただろう。。。?

カタクリって、あの片栗粉になるんですよね?(違いますか?)可憐できれいですね。葉は大きいですね。それにしても、あのときのアリさんたちのおかげで、こんな美しい花を観賞させて貰えたんですね
〜(*^_^*)アリさん、やっぱエライです^^
このカタクリも溶けるように消えるんでしょうか?
そして、また忘れた頃に姿を現すんでしょうかね。。神秘です。

http://wind.ap.teacup.com/buccokuro/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ