PENMAN'S CAFE

ペンマンと猫のつれづれ日記。

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:KAZZ
☆くじらおおかみさん。

ありがと〜。でもまだこれからどんどん寒くなるので油断は禁物です。オシッコ関係は冷えるとよくないからね。(戸建てって本当に寒いね。マンションのときは朝布団から出るのなんかなんでもなかったんだけど。。。)キミんちの猫ちゃんも暖かくしてね〜。
投稿者:くじらおおかみ
よかったね〜(^^)いやいや、よくがんばりました、お二人とも☆おこたでぬくぬく、用事が済んだらゆっくりしてね〜vv
投稿者:KAZZ
☆わら。さん。

ありがとうございます。でもまだ本調子ではなく、気になるのか、トイレから出てくるとオチンチンを丁寧になめています。猫ってきれい好きですからね。食事療法は半年位続けないといけません。美味しいものが食べられないのがちょっとかわいそうなんですけどね。。。

「この人はボクを治療してくれるんだ〜」っていうか、オシッコを出してもらうと非常に楽になるようで、最初は騒いでいるけど、あらかたオシッコが出ると「はぁ〜。。。。」って気持よさそうに毎回ため息をついてました。多分先生が好きになったというより、ここ(病院)に来ると体が楽になるということがわかったっぽいです。
投稿者:わら。
LUNAたん、だいぶ良くなったんですね!よかった〜。
LUNAたんも、「この人はボクを治療してくれるんだ〜」って分かるんですかね。
えらかったね〜。
今後は食事療法ですね。がんばれLUNAたん!!

http://sky.ap.teacup.com/cats/
投稿者:KAZZ
☆ひろるさん。

そうなんです、麻酔なしでできるようになりました。麻酔をするのは暴れるからで、じっとしていればすんなり入るようです。でも、猫ちゃんの尿道の太さとお医者さんの技量が問われると思いました。暴れすぎる猫ちゃんや、ヘタな医者だと尿道の壁面を傷つけちゃいますからね。

LUNAがお医者さんから頂いてきたドライフードは、疾病時に食べる特別療養食で「ユーカヌバ」というブランドのものです。やはりこれは勝手に食べられないようで、お医者さんの診断が必要なようです。やっぱり専門家に聞いた方がいいですね。

まだ完全に治ったというわけではないので、もう少しの間このドライフードのみの食事です。でも、美味しいものが食べたいようで、私がキッチンに立つと「うにゃうにゃ」って言ってなにか訴えてます。
投稿者:ひろる
LUNAくん、えらいわぁ〜〜お利巧だし。。よく病院も我慢したし。。
麻酔なしで尿道に管を通すんですか?
手際よく処置してくださるんですね。先生は経験豊富な方なんでしょうね。。
尿毒症にならずによかったですね!
市販のフードには低マグネシウム、下腹部疾患に配慮した・・とか書いてあったらOKと思ってしまいますが、それも今はやりの虚偽とか偽装とかあるかもしれないし、なんか不安になってきたなぁ。。

とにかく、良くなって良かった、ヨカッタ!(*^_^*)また、元気な写真UPしてくださいね。(コタツのLUNAちんもかわいいよ)

http://wind.ap.teacup.com/buccokuro/
投稿者:KAZZ
☆yuriさん。

可愛いからついつい美味しいものをあげてしまいがちですね。でもそれが「美味しいもの」というのは飼い主の主観であってペットには毒だったりしますね。時には心を鬼にすることも愛情です。反省しています。

こたつ、もう自分の縄張りにしています。こたつの中で対角にのびて寝られると入れません。知らずに足を入れると噛まれます。
投稿者:yuri
どんな様子なのか心配してましたが、ほぼ回復のようでほっとしました。ほんと良かったねぇ!
コタツも気に入ったみたいで、いいスタイルでうたた寝してますね。わかるわかるよー、気持ちいいんだよね。私なんて、今日は朝っぱらからうたた寝してしまいました。
食事療法は心を鬼にしないとね。
うちのハムも、カリカリのハム餌は嫌いで、人の食べるものが好きなのですが、体のことを考えて今後は気をつけていきます。
投稿者:KAZZ
☆黒ベエさん

ドライフードのことなど、書き加えましたので参考にしてください。

良くなってきたので一安心です。やっぱり毎日の食事はよく管理してあげないといけませんね。ご心配をお掛けいたしました。


☆りりあんさん。

最初はあまりにも威嚇しまくるので全身麻酔を使っていました。2回ほど使いましたが、麻酔が切れるときに吐いたりボーっとしたりしていて辛そうでした。なのでそれ以降は体に良くないとのことで無麻酔にしました。そのときは私が立ち会ってあげたので、LUNAはだいぶ安心していたようです。カテーテルの処置は、あばれなければ無麻酔でできるようなので、おとなしい猫ちゃんだったらお金もかからないし苦労はありませんね。猫ちゃんの性格によって医療費が左右されるなぁと思いました。
投稿者:りりあん
カテーテル使うときも麻酔無しですか? 先生に抱っこされても威嚇しなくなったなんて・・・先生が悪いところ治してくれてるって分かってるのかな。。。大変でしたね・・・でもKAZZさんが落ち着いてるから、早く治ったのかも、良かったです☆
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ