PENMAN'S CAFE

ペンマンと猫のつれづれ日記。

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:KAZZ
☆わら。さん。

こげ茶の水性ペン、私も好きですよ。枯れたような色合いというか、シックな色というか、温かみがありますよね。ラッピングをしたときに、りぼんの結び目にタグを付けてなにかメッセージを書くときに「こげ茶」で書くとおしゃれですね。紺色もとても真面目な印象ですね。手書きの手紙はブーム復活のようです。私はアルファベットはきれいに書けるんですが、日本語はからっきしです。父はすごい達筆だったのにねぇ。。。これから練習しようと思っています。


☆玄豊さん。

自分でもよくブレンドしたりして作ったことがありますが、こんなダンディーなおじ様に作ってもらって、しかもその色が登録されているとなると、スゴイ付加価値が着きますよね。(人に入れてもらった珈琲が美味しいのと同じ。。。ちょっと違う?)ターコイズじゃなくてコバルト系のブルーにしたらもっと「青」っぽくなったと思います。。。また違った色が欲しくなりました。
投稿者:玄豊
わ〜、作ってもらったインクですね!
自分だけの色っていうのも、魅力を倍増♪
ターコイズを混ぜると、ブルー系がグリーンに見えるんですねぇ。
はまりそうです〜。

http://atom-diary.a-thera.jp/
投稿者:わら。
ホントだ〜。ブルー系のはグリーンがかって見えますね。
どれもシックなステキな色だな〜って思いました。
私は普段、手紙を書いたりする時に安い水性ペンを使うんですが、
ほとんど色は濃紺かこげ茶なんです。
だからこのインクもとっても好きな色です。

http://sky.ap.teacup.com/cats/
投稿者:KAZZ
☆ひろるさん。

手前に焦点をおいて撮りました。テキスト用の写真はこれじゃダメですが「アートっぽく」撮ると多少うまく書けなくてもきれいに見えるでしょ?(ズルい?)。。。書くときの緊張感はどんなインクのときも同じかなぁ。インクは正直で、体調が優れないときとかイマイチ集中できない時はそのまま筆跡に表れてしまいます。

「ベラ・ノッテ」は「美しい夜」という意味です。山下達郎の「Season's Greeting」っていうアカペラのクリスマスソングのアルバムの中に、この曲名があります。素敵な曲ですよ。

投稿者:ひろる
斜に構えて、向こうの方、紗がかかったみたいにフワ〜っとして綺麗です。化粧品の宣伝に出てきそうな雰囲気。。
ほんと素敵な色ばかり、微妙な色にブレンドしてもらったインクで書くのはいつもの緊張とまた違う感じでしょうか。。
ベラノーチェですか?何の意味でしたか。。

http://wind.ap.teacup.com/buccokuro/
投稿者:KAZZ
☆黒ベエさん。

薄めないで書くと、写真では黒っぽくてよくわからなかったので少し薄めてみました。でも肉眼で見ると微妙な光加減できれいですよ。万年筆のインクがこんなにきれいだとは思ってもみませんでした。ハマリそうです。


☆くじらおおかみさん。

私も持ってます、「万年筆もどき」。。。最近、万年筆とか手帳とかが人気を吹き返してきたようですね。やっぱり「書く」って大事なことだよね。手帳だったら、パッと開けばいろんなことが一目瞭然、PCのようなキー操作も故障もないからかえってそっちの方が間違いないかもしれないね。。。

欲しい手帳と万年筆があるんだけど、両方あわせたら電子手帳より高いです。。。でも、欲しい。。。
投稿者:くじらおおかみ
3色の違い、わかったよ〜vvどれも落ち着いて綺麗な色だね(^^)カートリッジの万年筆もどき、好きでよく買うんだけど、色の深みが全然違うわね;;;さすがブレンダーの色!しかも薄めて使うと、ちょっと水彩みたいにグラデーションができて、余計に味が出そうだね☆

http://blog.so-net.ne.jp/milko_milmil/
投稿者:黒ベエ
微妙な色の違い、なんとなく分かりました♪
インクを薄めないで書いたほうが、仕上がりは格段にきれいになるんでしょうね、きっと。
お気に入りのインクがあれば、書くのも楽しくなるでしょうね♪

http://black.ap.teacup.com/kororin/
投稿者:KAZZ
☆りりあんさん。

ん〜、プラムねぇ。美味しそうですねぇ。プラムといえば洋食器の「リチャード・ジノリ」の「イタリアンフルーツ」のあの美味しそうなプラムを思い出します。。。

下書きはしませんが、「ベースライン」と言って直線を一本鉛筆で引くか、ラインをあらかじめ書いてある下敷きを敷きます。(レターセットについてるようなやつ。)書くのに要する時間は計ったことはありませんが、普通に丁寧に字を書く速さです。「英習字(Penmanship)」ですから日本の「お習字」がアルファベットになったようなものです。
投稿者:りりあん
画像クリックしたらわかりますね☆
ノクターンの紫もベラ・ノッテの緑もちゃんと写ってますよ。
ペンマンズカフェはプラムって感じもするなぁ。
実際に見るのとまた違うんでしょうね。
ところでこれって下書きとかなしでちゃっちゃっと書いちゃうの?
例えばペンマンズカフェって書くのに何分ぐらいかかるんですか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ