イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

獲って採って春を食う

クリックすると元のサイズで表示します

Vernacular<風土的> Indigenous<土着的> Spontenous<自然発生的> Rural<田園的>という言葉で表すことができる行動(洗練された都会派とは正反対かも?)で漁労採取した獲物の味・春の味を堪能しました。

■土筆を採る
暖冬だったので、もうたくさん出ていると予測して帰りに土筆採り。
しかしまだ少なかった。
来週からが土筆採取の本番となりそうですね。
海浜公園内:東南土手日陽り良好の小さいポイントでの成果。
約5分間の採取行動。他箇所はまだ、頭3〜5mmの袴被ったつぼみ状況。
例年より7〜10日くらい早い感じ。

海浜公園のこのポイントが毎年一番早いので、これからの最盛期は一気にやってくるような予感がしています。
しかも長期に渡って土筆が生えるのではなく短い時間に一気に生える・・・こんな予感がしています。
土筆嗜好家兼食味好者としては、陽差し傾向・太陽光照射時間の特性による各箇所の土筆の頭出しに注意が必要だと思います。

海浜公園の土筆採取のライバル達は既に出没し、ちまちまと採取に励んでいる模様です。彼らの採取跡・形跡から推測ですが・・・
クリックすると元のサイズで表示します


■釣った魚で干物を作る
片瀬港から江ノ島沖、久しぶりにシロギス船に乗って釣りをしました。
ずーと休みがなかったので、どうしても暖かい日中に魚が釣りたいと思い船に乗りました。
それに、真冬の夜中の辛い釣りで懲りたこと・・・ボーズばっかりが嫌になったからです。

シロギス16(17〜23cm)、まあまあのサイズのトラギス10、大きいメゴチ6、掌ホーボー2、チビタコ3、8:00〜13:00。
もっともっとたくさん釣りたかったのですが、途中でチビメゴチを餌にしたヒラメ・マゴ地狙いの端物・泳がせ釣りをやってしまったので、少々少ない感じ。
泳がせは一回だけアタリ有り、不発。

帰りがけに土筆を採っていて、遅くなってしまい、17時から自然干しをしました。
日が落ちて無風状態となったため、しかたなく室内でエアコンの強風を利用。
短時間促成干物を作成中。ちょっと残念です。
明日が雨の予報のため、時間を短縮してしまいました。無念です。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、味はとても良いです。新鮮な魚で作りましたから・・・

■チビ蛸の干物
得体の知れない変なモノに見えるかもしれんですが、チビ蛸の干物焼きです。
モノごっつううまい〜
うわっはっはっはっは〜〜笑いがとまらないほど美味い味。
うわっはっはっはっは〜〜
旨味が凝縮され、半生感があり、ぷりぷりとしたタコ感もあり、何と表現していいのか、わたしゃわからん。興奮の味です。
イシダイの刺身・塩焼き・干物と同等か以上か?
少なくともイカの生干しを軽く凌駕する味だと確信。
うわっはっはっはっは〜〜
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imorimasuda
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:干物で楽しむ
蛸の干物、興味深く見させていただきました。今度「干し太郎」で挑戦してみようと思います。変わったもので簡単に干物になりそうなものがありましたら教えて欲しいです。

http://www.arixweb.com/
投稿者:imorimasuda
ショートキス:片瀬のMNZR丸に乗りました。
日曜日でしたが、意外に少ない感じで15〜17人くらいだったです。満員ではなくて両脇に一人分くらいの空きスペースがある感じでした。

一番釣った人でキスが40いくかどうかとのことでした。船長は、今日は食いが良くないと言っていました。

まず江ノ島の南300mあたりを軽く流し、南東方面に沖に向かって段々距離を取りながら流しました。
深さ32mの所まで行きましたよ。多分稲村ヶ崎の南沖合い遠目くらいだったかと思います。

このMNZR丸、夏場8月に乗った時は、江ノ島南300mから辻堂・茅ヶ崎方面の遠目沖合いに行きました。
色々、季節とか状況によって異なる流し方をするのでしょうね。

茅ヶ崎のキス船は、エボシ沖平塚大磯沖20〜25mくらいの深さなので、結構深い場所を攻めるなぁと思いました。
投稿者:GULFMAN
イモリさん、ご無沙汰しております。
片瀬港から船キスに出られたんですね。
ワタシも4日に腰越港からショートシロギス船に乗りました。釣果はシロギス26、トラギス10、タコ3、メゴチ2でした。腰越港のI丸は鎌倉高校前から逗子マリーナ方面を流しますが、片瀬港から出る船はどのあたりをながすのでしょうか。また、釣り人はどのくらい乗っていますか。(I丸は30名以上で結構釣りずらいです)
投稿者:imorimasuda
燻製ですか!
あれはいいですよ。うまいですよ。
香りがたまりませんね。
魚・肉・チーズ他、何でも燻して燻製化。
干物よりも作成時間がかかりますが、保存は長期間できるし、何よりもあの香りがいいですね。
投稿者:Mr.ダーリン
イモリさん、さすがアウトドアのプロですね。初めてお会いした時、とっさに作られていたサバの干物の処理は忘れられません。実は私が極めたいと思っていろいろと試みている調理があります。干物と同じように保存のきく、「燻製」です。大型のタコが釣れたらさくらチップで軽く燻製にして、オリーブオイルとハーブでタコステーキにしたいと夢みています。

http://pub.ne.jp/daring
AutoPage最新お知らせ