イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2022
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

寒い朝は、のんびりと茅ヶ崎パーク下・Tバー

クリックすると元のサイズで表示します

●今期一番の寒さだと予報が出ていた。
昨日夜中に早起きして出発したので、今日も夜明け前の寒空にワザワザ出ることもないだろうと思い、朝ゆっくりと起きた。
しかし、それほど寒いという感じはしなかった。
これなら、夜明け前に起きても良かったと、少し後悔。
朝9時を過ぎてしまった・・・のんびり散歩しながら、まったり釣りをしようとパーク下・Tバーに向かう。

9:30頃、Tバーに着くと、海上アウトリガーカヌー(6人乗り)のレース大会が開催されていた。公式のTバー〜江ノ島間タイムレースであった。
結構、エキサイティングDEマッチョ感のある野人野生的なレース、海人の気位を漂わせる気持ちが良い競技だと思う。

主催者の方に内容を聞きながら概要を把握、釣りはなんとかできそうな状況。
しかし、遠投釣りはレースの合間をぬいながらチマチマやるしかない感じである。

今日のメインはショウジン蟹=蟹を潰して作るガン汁かガン味噌汁の味を家族で楽しもうというのが目的のショウジン蟹獲り釣り。
ところが、昨日の海の荒れと若干のうねりで、蟹はまったく獲れない。
しかたなく、小メジナ・小タナゴに遊んでもらいながら、今シーズン最後のキスも楽しもうとしたのだが・・・キスは極小のみ。
まあ、のんびりできたから良しとしよう。


●9:30頃、Tバー西側に着くと、何となくGULFMANさんのような感じがする方が、先端テトラに乗って遠投していた。
青い竿だし、キス釣りツールもしっかりとして専門的な物だし、ウェアー・釣り姿・姿勢・佇まいがカッコイイ。
ひょっとしたら、本人かも知れない。

まずは「キスはどうですか?」と釣り師常套の挨拶で話しかけてから、私の名前を言って「ひょっとして・・・」と問うと、ニコッとした笑顔で「そうですよ・・・」
それから、釣り合間ごとの短い時間に色々楽しく雑談。
早朝来てから、既にキスツ抜けしたとのこと。
毎回・毎回、Tバーでコンスタントにツ抜け連続・釣り上げている腕前は本当に見事。



■GULFMANさん、帰り際にキス餌ジャリメをいただき、ありがとうございました。
私は、小物リリースばかりで13:30頃帰宅しました。
これからも、お会いすることがあると思います。よろしくお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imori masuda takao
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:鮪
個人的には、単に刺身だけで食べるだけならカワハギと同等かちょい上?くらいな印象なんですけどね。
カワハギは肝があるから反則なんだよなぁ。
投稿者:イモリ
そうですか、Mr,ダーリンさん、岩場ビッグキュウセンに興味がおありですか・・・

私は、根掛り必至・沈み根・きつい根・ゴロタ岩の岩礁帯の遠投・投げ釣りで、型の良いキュウセン・カワハギ・大きめのシマダイ30cm〜40cmを狙う時、根に入った魚を強引にブッコ抜くパワー仕掛けでやっています。

大物用遠投スピニングリール・PE6号150m巻き。竿はサーフリーダーCX405。根掛かりしにくい海中自立浮き上がりタイプの名古屋天秤半遊動+フジワラウッドシンカーまたは、ロック錘+専用天秤。
http://fishing-fujiwara.com/fishing/product/index2.htm
http://rock.gear-lab.com/index.html

幹糸・ハリス共5号にカワハギキツネ針か、丸セイゴ針を2本針で吹流し(キス仕掛けのような感じ)。餌はイワイソメ。
または、硬めの磯竿+両軸遠投リール・太い道糸でも良いと思います。
高価な本格イシダイツールまでは必要ないと思っています。

・・・根掛かりしたら強引に引っこ抜きします。
こぶし大の岩がもげて針にくっ付いてくるくらいの強さの仕掛けです。
この仕掛けは、天秤と錘と幹糸ハリスは絶対回収する意思で選んであります。
海のゴミにならないように考えました。針だけは諦めていますが・・・
でも、大概、針はひん曲がるか、折れて戻ってきます。細め丸セイゴ針だからでしょうか。

キュウセンは身が軟らかいので、切れ味の良い細身の包丁で捌くときれいな刺身になると思います。
おいしいですよ。黒鯛・メジナ・シマイサキ等よりは数段旨いはずです。
シマダイ・カワハギの刺身には、ほんの少し劣るか、同等の味か、個人的嗜好によりますが・・・
投稿者:Mr.ダーリン
イモリさん、先日はお会い出来て大変、うれしかったです。うらしまさんの掲示板を通じて釣り仲間が広がる幸せを私も味わうことができました。また、私のブログへコメント有難うございます。ところで、キュウセンの刺身が絶品との情報に実は非常に興味を持っています。というのも、私が住んでいる住宅地の前の七里ガ浜の海にはキュウセンのビッグサイズがウヨウヨ生息しているのです。潜った時に何回も目撃しています。遠浅で岩場とワカメ、サーファーが多く、釣り人は殆どいない場所です。いつか、釣り上げてやろうと考えています。また、お会いできることを楽しみにしています。

http://pub.ne.jp/daring
投稿者:imori masuda takao
以前、2月の寒い朝、ボーイスカウトの高校生たちと一緒に腰越港の赤い灯台堤防先端から内側・北北西方向に投げて、ヒネキスと大きいハゼが二桁以上釣れたことがありました。
この時は、夏の無人島自給自足野営に向けた「暗い時間帯でのフィッシングトレーニング」のために、釣れる釣れない関係なく、安全な港堤防で釣りをやってみたら、薄明るくなってきたと共に良いサイズのキスが投げる度に釣れてきたんですよ。偶然でした。
腰越港内:あそこは、深場に落ちないで、居付く場なのでしょうか?不思議だな・・・と思いましたよ。

冬場のキス:港の中、思いもかけない場所にいることがあるならば、偶然に頼って調査釣りをしてみようかと思っています・・・穴釣りの合間とか、夜明け前のメバル釣りの後とか・・・
投稿者:GULFMAN
イモリさんこんばんは。
声をかけていただきありがとうございました。
こちらこそよろしくお願いします。

今日は天気予報ほど寒くはなかったですね。
北風もさほど気になりませんでした。
7時から8時ごろにパタパタと釣れてその後は
ぱったりになってしまいました。
ぼちぼちキスも終わりのようですが、
タイミングが合えばまだまだいけそうな気がします。
AutoPage最新お知らせ