イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

雨の日は蛸狩りに行こう・・・   そして哀愁カモメに餌もやろう

朝早く起きて出かけようとしたら、雷が・・・
カーボンロッドが避雷針になりそうで、感電丸焼けが恐くてもう一回ベッドへ。
二度寝しました。

8:00に再び起きて、いろいろやっていましたが、どうしても落ち着きません。

雷の危険が去った12:00頃思いつきました。
「そうだ、雨の日は港に蛸狩りに行こう・・・静かな狩りとか釣りなら、雨の中でも大丈夫だ(何で大丈夫?」と、自分自身に思い込ませました。
理由はこの際何でもいいですね。とにかく海に行きたい気持ちが大切です。

雨の中で立っているだけの釣り「待ちの釣り」・・・待ちの狩りです。
気持ちは、ポジティブDEアグレッシブですが・・・
佇まいは、とってもネガティブです。(^^)

ついでに、岩礁帯イシダイとかの大物狙いのブッ込みもやろう・・・これもアグレッシブな「待ちの釣り」と言えるでしょう。

アグレッシブですから、蛸テンヤは3本でいきました。
アグレッシブですから、大物狙いのブッ込みはハリス8号・男らしく一本針は丸セイゴ16号=この仕掛けなら1mのスズキでもへっちゃらですな。本カツオだってブッコ抜けますね〜ふふふふ^^)

ブッ込みは、大型赤目フグ1(30cm)、ヒイラギ1(この仕掛けで釣れた)、ヒトデ1のみ。餌取り多数。針がとてもデカイので小物は滅多に掛かりません。

蛸は、3テンヤでバラシが2回。
久しぶりの蛸テンヤだったので、針先が錆びて鈍くなっておりました。
刺さらないはずです。
あ〜あ、日頃の準備が大切だと思いました。
「備えよ、常に」ですね。

蛸狩りツール、鋭利な切っ先に磨かないとね。(^^)


■そうそう、追加しておきます。
ルワー引っ掛けて羽根が傷つき飛べなくなった若カモメが、堤防をヒコヒコ歩いていました。
海の魚が狩れず、腹がへっていると思い、蛸テンヤの餌である貴重な小鯵2つをプレゼントしました。
すぐに飲み込みました。
食ったら安心して羽根づくろいしています。
ヒイラギが釣れたのでヒレのトゲを切り取ってからまたまたプレゼント。
ヒイラギは幅があるので、一飲みできずカラスの横取りに注意しながら、長い時間かけて突っきながら食っていました。

その後、蛸があまりに獲れないので、テンヤの一つに付けていた18cmイワシを再再度プレゼント。
カモメ君は一気に丸呑みしようとしましたが、長いので苦闘していました。
「ここで食っておかないと次に何時食えるかわからない」ので必死に飲み込もうとしていました。5分くらい尻尾が嘴から出ていました。
私は「おいおい、短時間で鯵2つとヒイラギ食って、まだイワシを一気食いできるのかい?その小さい体で・・・」と思いましたが・・・
何とか、食った飲み込んだようでした。
落ち着いたようで、海に飛び込んで、ネグラに向かって泳いで行きました。
飛んでいかない、飛んでいけないのです。

帰り際、カモメ君の食事場を通ると私がやった貴重なイワシが丸のまま吐き出してありました。
やはり、胃の中がマンパンで苦しくなったのでしょう。(^^)
大食いしたくても、できなかったようですな(^^)

食いだめは、人も鳥もできないという事が理解できましたよ・・・




●更に再追加しときます。
家に帰ってからシミジミ考えて感慨に耽ってみると・・・
港、雨の中で私は一人でした。こんな状況だとひょっとしたら大穴がやってくるはずと、本気で大蛸とイシダイを狙っていました。
港堤防に、カッパ自転車で爺さんがやってきました。
「この雨で釣っていたヤツがいたとは・・・釣りを覗きにきた俺が言うのもなんだが、ホントに釣れるのかいな?」

今思えば、そりゃそうだ・・・釣れないですよね。

哀愁・・・哀れなカモメと友達になりました。
彼はいつも私の3mの微妙な距離にいて私を見つめていました。(ホント^^)
ソバに行くと、3mまで離れやがりました。

北東風と体に当る斜めの雨。冬仕様の防寒カッパ着た釣れないおっさんと飛べないカモメ。
・・・私達には、傷ついたプライドとか悲しい気持ちとか寂しさを憂うことよりも、今はお互いに優しさが必要だな・・・と思いました。

投稿者:imorimasuda
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:imorimasuda
(^^)修正:下手したらではなくて:を訂正したいです。
上手くいったら・幸運ならば・・・にです。

3個蛸、合計6・7Kgの蛸は、1ヶ月くらいチマチマと食っても持ちますね。
我が家族5人でも・・・
一回やってみますか、試しに(^^)
投稿者:imorimasuda
どははははっはっは、なるほど、タコテンヤ3連結だったのか!!
そりゃスゴイアグレッシブですな!!

どやって投げるのか、テクニックが必要なはず。

しかも、テンヤ3連発に蛸が3発乗ってきたら凄く重い・・・下手したら6〜7Kgありますね。

タコテンヤ3連結は・・・楽しそうな狩りですね。
根掛かりしたら、絶対回収は不可能ですな〜(^^)
投稿者:鮪
ちがう!
本当のアグレッシブはタコテンヤ3連結なのです!
・・・絶対やりませんが。
AutoPage最新お知らせ