イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2022
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

イカダの作り方&海で漂流しないためには・・・

3年前、2003年11月3日のイカダ製作・航海・漂流の原稿が、古いノートパソコンのファイルの片隅にありました。懐かしかったのでここにUPしてみました。
一部は2005年に実行したものも含んでいます。
・・・風と潮流に流されたイカダ漂流&自作レポートです。

海でイカダ航海をする場合は、必ずレスキュー体制を自前で整え、海上保安庁・ライフセービング協会・海のレスキューNPO等に計画書を提出して実行してください。場合によっては実行不可になるケースもあります。
参加メンバー全員の「事前準備打ち合わせ・事前トレーニング・技術確認・イカダ原理の理解・注意事項の徹底・お互いの性格・能力把握等」は必修ですね。
特に、船酔いし易い体質かどうか・・・
の確認(自分を含めてね)をお忘れなく(^^)

まあ、こんなとんでもなく面倒で凄く疲れることをワザワザやろうとする人は極めて稀だと思いますが・・・(^^)
私(イカダ歴33年)の感想は「海で漂流しないためには、イカダ航海はやらないほうがイイ」と思います。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは、事前に練習として仮組みを行ってみます。そうすると、実行の際には約1時間30分くらいで作成完了するでしょう。
必要なロープワークは、トラッカーズヒッチ・角縛り・筋交い縛り・ハサミ縛り・巻き結び・もやい結び等です。
杉足場丸太を構造フレームにしています。
イカダの崩壊を防ぐために斜め材の筋交いを必ず入れます。
このイカダのサイズは、関西間モディール縦型4畳タイプです。床となるベニア合板サイズで決めました。全ての材料の長さは90cmx180cmの倍数です。

クリックすると元のサイズで表示します
実行日に海岸でロープワークを駆使して組み立てます。右の写真はマストを立てたものです。

クリックすると元のサイズで表示します
杉足場丸太の構造フレームに4枚の床面ベニア合板(4周ロープ穴付き)をロープで結びます。
そして、表裏逆さまにひっくり返します。ここがポイント・・・ひっくり返った裏側に大型トラックの空気パンパンタイヤチューブをロープで緊結します。可能な数のタイヤチューブを取り付けます。
もし仮に3個くらいパンクしても大丈夫なようにしておかないと・・・ね。
クリックすると元のサイズで表示します
マストを立てて出発です。*↑画像は2005年7月「U調査隊」。
勿論、ライフジャケット必携です。

クリックすると元のサイズで表示します
画像左は、Born Free GEMINI航海記から借用しました。
ポリネシアンアウトリガーカヌーと沖縄のサバニです。
セール(帆)を張った時のイメージです。
私達のセールは、ローコストのブルーシートにマジックで絵を描いたもの。一応三角形に切りました。これを右画像のマストにロープで可動固定します。
追い風の時はセールを張り、向かい風の時はフリーにします。

クリックすると元のサイズで表示します
「海の男丸」イカダチーム
全員イカダ素人です…今の世の中にイカダの専門家・玄人はいないと思いますから、一回経験すれば中級者といえるのかも。
へっぴり腰のパドルさばきと海の知識・帆走・船の原理の理解などが今後の課題ですね。
この時は、レスキューロープに引っかかって倒れる初心者ウィンドサーフィンの方々がいて、迷惑をかけてしまったため、沖合い100mでレスキューロープを解除・・・400mほどのかなり沖まで風に流され、帰還困難に陥りましたが、のんびりとイカダの上からはキスを釣っていたほど心の余裕がありました。
その後一生懸命必死で漕いで、無事帰ることができ一安心・・・・
効率の良いパドリングの事前訓練が必要かつ重要であると思いました。

クリックすると元のサイズで表示します
気持ちいいですよ。
前日、試験的な仮組みを実行した結果、当日は1時間30分で作成完了。当日の9時45分には海に出ることができました。ちょっとへっぴり腰のパドルさばきですが、充実した航海ができました。イカダの上からはキスも釣れました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑2005年7月18日の画像
イカダで果敢に挑む「U調査隊」
平穏なんですが、気付かない内に流されていました。
砂袋アンカーを海底に2つも降ろしているんですが、ジワジワと沖に流されてしまいました。漂流してしまった訳です。
やはり、鉄筋アンカーの方が良かったと思いました。後の祭りですがね・・・
必死瀕死でパドリングしましたが、とんでもなく辛い目に会いました。
右画像は米粒のような小ささですが、遠く沖合いでまだ、漂流していることに気付かずのんびりと竿を出して魚を釣っています。イカダ上には私を含め計3人の調査隊員がいます。
この後、一生懸命漕ぎましたが、無念の漂流。
帰還までの事は、とても辛過ぎて書けません。
今でも、思い出したくもない厳しい思い出です。(^^)
投稿者:imorimasuda
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ