イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2022
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

異常潮位・ニベイシモチ・多種の干物

クリックすると元のサイズで表示します
10月8日、6:00前の茅ヶ崎港では、遊漁船の船着場のコンクリート床面全てが水没。船が寄り付くと船釣り客の荷物が流されて大騒ぎだったらしいです。
港西浜では、砂浜全体・高い場所までが、海水で洗われていました。
西浜の地引網の船上げ陸地地点まで海水が押し寄せて来ていました。
私はあんな砂浜の上まで海水が上がってくるのを初めて見ました。
釣具店の若旦那は、異常潮位だと言っていました。
港のすぐ外の平島群礁も全て水没。エボシ岩の釣り場磯も水没。
茅ヶ崎沖磯エボシ岩・平島への渡船は、時間を遅らせて潮が引いてからの9:00頃、満員の沖磯釣客乗せて渡船営業開始。
満潮時の潮位は、公的に数値を公表されていますが、それをはるかに超える高い潮位だったと言っていました。
↑上の画像は、干潮間際の平和な港1008

昨日10月7日の朝は、そんなことはなかったのに・・・今回の16号17号台風:遠方で風の勢力エリアが大きかったので、初期のうねりの到達後返り波(うねり)反射波と通過後の後期うねり波が、打ち消しあわずに波長が合体増幅:同調(共鳴)効果で一時的に潮位が上昇したのかな?と素人ながら思ったりしています・・・

7日のうねり波の予報が2.5mだったのに、明け方満潮時はベタ凪に近く、波高予報2.5mとはとても思えませんでした。
釣具店店主とサーファーも予報に騙されたと言っていました。
・・・海のうねりの波長カーブが長長長周期だったとしたら、潮位トップが持続して、海面高さが2.5mくらい盛り上る感じになるんじゃないかな?と、思ったりしています。
凄く長い時間トップが続くうねり。7日が低いレベルで8日が高いレベル。うねりの干満状態。それに、大潮の干満がプラスされた?


クリックすると元のサイズで表示します
10月9日、今日は○磯○黒8:00〜12:30。
満潮は明け方でしたので、異常潮位の影響を避けたのですが、朝8:00の到着時でも足元まで海水。

前半は、黄金に光り輝く名品SAITOの弓角でも全く反応なし。
Sさんと一緒にカワハギ狙いでスッポトに移動をしようと準備していたら、先に行っていたPさん、Kさんが戻ってきて「O平もBR場もスッポトも期待できない」という貴重なアドバイス・談話情報を得る。
話を聞いていると目の前で投げさびきの人がでっかいニベ(イシモチ)を釣り上げた。
そこで、やっぱりココで粘ろう〜とSさんと一緒に○黒に踏みとどまる。

後半は、投げさびきを磯・その場で自作しチャレンジ。いくらキャストしても私には全く反応がない。
そこで発想を変えて、投げさびきのヒラヒラを取って胴付き仕掛けに変更。
○黒南先端:餌イワイソメ(○ノ島I店で500円分だけ購入しておいた)でニベ狙いにした。途端に釣れ出した。ダブル掛かりも複数回。一投一匹は確実だった。

磯竿1.5号・軽快なバイオマスター3000・ファイヤーライン・幹糸5号・ハリス3号・3本針・10号錘の胴付き仕掛け=極軟遠投仕様で・・・
ちょっとさびくとビクビクビク・グワングワン・ググググ〜でニベゲット。
軽くツ抜けし20を越え、たくさんゲット。15cmくらいの中ニベ多し。
リリースを繰り返す。

○黒の北端ではSさんが爆釣。南端では私が爆釣。
その間の方々は細々と閑散とした雰囲気(釣れない)でキャスティングのみに集中していたようだった。
写真にある持ち帰りは、活かしておいたニベの内、ぐったりした中ニベと25cm近傍のニベを7つチョイス。最後に幻のエイが・・・


クリックすると元のサイズで表示します
10月8日、たくさんの種類をこまめに釣りました。
キス25cm1・マイクロピンギス3・ゴン3・ササノハべラ5・キュウセン2・ニシキべラ2・メゴチ3・カワハギ5・クサフグ2・キタマクラ1・チビモチ2・ネンブツ2・アゴナシ:ツバメコノシロ1。
以上12目32尾 IN茅ヶ崎港。6:00〜10:00

濁りの無いところを、遠近&サーフ・堤防外・港内、ちまちま移動しながらくまなく探りを入れてコツコツこまめに小物を獲りました。「貧乏人の子沢山」釣法です。
または、「ベルマーク釣法」と呼んでもいいかもしれません。

32尾中14尾を持ち帰り、天気・風が最高だったので、全て干物にしました。
アゴナシ(ツバメコノシロ)は食ったことの無い方に進呈、他はチビ過ぎてリリース。

途中、何が本命・狙いの釣りだったのかわからなくなってきました。
投稿者:imori masuda takao
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:S
意外なことにロッド操ってた左手はなんともなく、
ハンドルまわしてた右腕がかなり筋肉痛です。
なんで??
イモさんにもアタックの瞬間見てもらえてよかったです。
ギャラリーも両サイドに寄っちゃってましたね。
最後の幻がなければもっと面白かったんですけどねー。
私も昔、川で夜鯉やってて同じことやったことあるんですよ。
でも想像もできなかった(笑
投稿者:imori masuda takao
昨日の磯では・・・

うらしまさん、イシモチは、サビキ兼胴付き仕掛の針を大きくしました。
丸セイゴ針の11〜13号のサイズです。
極小イシモチがとにかく多いので、そいつが口に掛かり難くするためですが、それでもたまに釣れてしまいました。
硬い投げ竿・L型天秤吹流しのキス針でやった時には、底荒れでゴミが多く針にくっ付くし、キス針に極小イシモチが食ってきました。
竿も硬いのでアタリが解らずゴミで重いだけ・・・
それで、軟らかい磯竿1.5号&胴付き&大きい針でフルキャスト限界遠投に変更しました。
「隠れ狙いのヒラメ仕掛け」でもありましたけどね・・・

Sさん、楽しかったですね〜
何せ、大黒で私達2人とアジ爺さん以外は、みんな貧果でしたからね・・・
北端でSさんが釣りまくっているのを見て、南端で一投必殺の気持ちでやっていたんですよ。

私の場合は、餌の「イワイソメ」が当ったんだと思いました。
青物不発の時に備えて、カワハギ・デカキス・濁りイシモチ:保険狙い用に、山越え前に思いつき急遽500円だけ購入したんですよ。
でも、前日余ったジャリメが再度残ってしまい。今飼育中ですが・・・
投稿者:S
あの状態からいつのまにかツ抜けしてるんだもの
ビックリしましたよ
激渋っぽい中でお互い楽しめてよかったですねー
投稿者:うらしま
イモリさん、良い釣り、されましたねえ
ズラリと並んだ25cm前後のイシモチ、うらやましい♪
茅ヶ崎じゃなくて、裏磯とはビックリです。
濁りが入れば、釣れるんですねえ…
今週末、出撃予定なので、参考にさせて頂きます(^^)
AutoPage最新お知らせ