イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2018
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2月初め 日曜日の夜はそれほど寒くはなかった

クリックすると元のサイズで表示します

2月初日、ハードな仕事に区切りがついたので、久しぶりに夜釣りに行ってきました。
今回も、狙いはメバルとフッコでしたが・・・

日没し、薄暗くなった5時50分ごろ、釣り場に向かう途中、富士山の写真を撮影している方に、ちょっとご挨拶・・・歩いて向かう途中、何人ものカメラと三脚を持っていた方とすれ違いましたから、なぜまだ撮影しているのかなあ〜と思い、話しかけてみました。

すると・・・
「日没後30分過ぎの時が、山の藍色・夕焼け赤色と海の波色が美しく写るからだよ。他の人はそれを知らないみたいで・・・帰って行ったよ。」とのことでした。
この方のジャストタイムを狙っていたようでした。


釣り場に着くと、約1年振りに会った「地元の厳冬夜釣りしか出会わない仲間」に、たまたま遭遇、色々と楽しい話をしつつ、情報交換。
彼は、私と会った時には、とても良いモノばかりゲットしています。
海の見事なうなぎ・・・とか、厳冬オオAWBとか・・・
話しているうちに完全に暗くなってしまったので、急いで準備し、午後6時過ぎから釣りを始めました。
東の風が強く、北東に変わり、帰る時には北風でした。

1投目、狙いよりも10mくらい西側・約90mくらいの距離に着水。
強い東風に持って行かれ、少し流されてしまった感じでした。

潮の流れの様子を観察、狙いのエリアから離れていってしまう西方向小田原方面に若干早めに流れていきます。
しばらく静観。あまりよい状況ではありません。

2投目は、風の力を考えて、1投目よりも東側に投入。
着水後、あまり動きがありません。
すると、ウキに反応が・・・軽くアワセを入れて、まあまあサイズのカサゴ、1尾目ゲット。

こんな感じで釣りを始め、潮の流れの状況を見ながら、留めつつ、流しつつ、引き誘いつつ〜で誘い掛けで12ゲット。

12尾の内、6つは、小さかったので即リリース。
6つを撮影、そのうち抱卵カサゴ2つをリリース。

サイズは一番大きいものが、24cm、まあまあサイズでした。

午後6時から9時までの3時間、カサゴばかりでしたが、楽しい冬の夜の釣行でした。

見上げると、冬の大三角形とオリオン座・・・いつも、この時間の夜空に存在しています。
クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:imori masuda takao
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:imorimasuda
茅ヶ崎おかずさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
仕事も忙しかったのですが、ちょっと気になることがあり、更新を止めておりました。

2月末に締め切りがあり、釣りにいく時間が、どれくらいとれるのか?・・・と思っています。
投稿者:茅ヶ崎おかず
イモリさん‼︎
お久しぶりです
なかなか更新されていなかったので
どうしているか気になってました
お元気にフィールドワークしてますね
私もドッボーンとやってみたいものです(笑)

http://sea.ap.teacup.com/klausnomi/
投稿者:imorimasuda
うらしまさん、小骨は気になりますが、口の中でモググニャしつつ〜口からはき出しています。

年のせいか、歯の隙間に挟まることが多くなってきていますから、歯の健康方面に気配りをしています。

うらしまさんのように、狙った獲物をしっかりゲットすることが中々できません。
そのレベルまでは至りませんが、何とか厳冬期で獲物を持ち帰るように、根性入れてやっています。

独自の釣り方・・・・もともと、冬季産卵魚接岸対応の冬春釣方を想像して実行したものですから、この季節に釣れないと、失敗釣法になってしまいます。

この釣り方は、暖かくなると、クサフグとかゴンズイくらいしか釣れないのです。夏はまったく狙った魚は釣れません。

全く〜情けないですが・・・
投稿者:うらしま
イモリさん、こんばんわ
今回はカサゴ、つ抜けでしたか♪
皆さん苦戦されているのに、一人だけ良く釣っていると思います。
やはり、独自の釣り方を確立されていると強いですね。
今回釣ったカサゴは、湯豆腐と一緒に頂いたとのこと
煮ても、焼いても、揚げても、鍋にしても、カサゴは美味しいです。
只、腹の辺りに小骨が多いので、いてまえ〜で食べると
口や喉に小骨が刺さりますので気を付けて下さい(^^;
AutoPage最新お知らせ