イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

天候・海・タワー・野営

クリックすると元のサイズで表示します
短時間でしたが嵐が過ぎ去って、空の塵が吹き飛び、夕日がとてもきれいでした。
我が家から撮影しました。
雲の形・・・上空の風の強さを物語っています。


クリックすると元のサイズで表示します
明け方の豪雨も止み、8:00〜11:00ごろは、港から江ノ島と烏帽子岩が見え海も静か。

11:00過ぎに、釣船:遊漁船が一斉に帰港してきました。
普段なら帰港は14:00です。
たくさん釣れたら早上がりするいことはあるのですが、多くの釣船(全部の船)が同時に早く帰ってくるのは・・・コレは、おかしいなと思っていました。
さすが、海の専門・プロですね。天候の急変を事前に察知・連絡を取り合って帰港したのでしょう。
各船は係留ロープをすばやくしっかり張ってテキパキと対処していました。
それから30分後、茅ヶ崎港周辺で、突然風が変化し、お昼ごろ嵐のような凄い風と凄い雨・荒れた海に変貌しました。
クリックすると元のサイズで表示します
釣船が一斉帰港し終えた後〜上の画像のように、12:15ごろから暴風雨。
嵐のお昼時、茅ヶ崎港・・・
私の知り合いの黒鯛師が、遅く来て、仕掛けを用意して釣り始めました。
凄い!!〜仕掛けを嵐の中で作っている・・・ええっっっ!と驚きました。
私絶句・・・
この根性・執念には、とてもかないません!!
画像の斜めの模様らしきものは、凄い風と斜めの雨です。
私は、視察に行ってビショビショになって帰りました。不運。
クリックすると元のサイズで表示します
↑13:30にはまた元通りの曇り空になりました。
午後の海は、相変わらず南の風がかなり強く、海にはウサギが飛んでいました。
サーファーにとってはいい海でしょうか。
でもちょっと波が割れていましたから、あまり良い波じゃないのかもしれません?


クリックすると元のサイズで表示します
その時、鵠沼野営場では、F4団BS隊が16〜18日:2泊3日のキャンプ。
晴れ・曇り・強風・一時豪雨・嵐。天候の変化が激しいキャンプでした。
通信タワー(オブジェと呼んでいました)を作っていました。
スカウト達で協力して頑張って製作。リーダーは脇で見ていただけでした。
ロープワークが少々甘いところがある・・・との副長の指摘。
しかし、カッコ良くできていると思いました。
三角錐を2つ合わせた通信タワーは作るのが難しいので、今回の作品は見事だと思いました。
今村隊長が空き時間に、野営場:近隣生活道路部分の雑草草刈をしてくださいました。
BS隊のスカウト達皆さんが刈り取った雑草をまとめて集め、美しい広場にしてくれていました。
ありがとうございました。深く感謝します。
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:マスダ イモリ
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ