イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

困ったこと 飼い犬・飼い主のマナー

2月中旬ころ
「みどりの広場・鵠沼野営場で、夕方毎日・大型犬数頭をリード無しで放して遊ばせているグループがいる。自由に走り回らせてもいいのか?
6・7人が大型犬を連れて夕方集まってきている。
じゃれあって走り回り、かなり怖い状況です。」

という電話連絡が私の所に近隣の方から入った。
この方は、毎日中型犬を連れて散歩(もちろんリード付き)しているとのこと。


公園・広場等、子供たちやご老人たちがつどい遊ぶ公共的な場所で、大型犬たちを放して遊ばせることは条例等で禁止されているし、常識的にマナー違反なこと。
真似する不届き者とか類が友を呼び、噂が噂を呼んで・・・必ずマナー違反の飼い主たちが集まり、犬の放し放題のフリーゾーンとなってしまう恐れもある。

数年前には、犬の調教グループ(3グループも!!)まで、来てしまったこともあった。このときは厳重注意し、静かにお引き取り願ったが・・・

野営場へ向かい、現状を確認、飼い主たちに厳重注意し、市担当者に連絡した。
市担当者と相談し、速やかに「広場使用のマナー注意書き」を5か所増設掲示した。
そして、3月に入って、新たに「犬散歩のマナー看板3か所」も設置した。
私が夕方野営場に出向くたびに、犬散歩の方々を見ても、みなさんリード付きで運動させていて安心していた。
その後・・・しばらくはリード付きで大型犬たちを散歩させていたようだった・・・

しかし・・・4月に入ったら、「再び大型犬たちを放して遊ばせている・・・」との連絡があった。
色々話を聞いていると、前回2月の時と同じグループ・メンバーらしい。
またまた、野営場へ向かい、現状を確認、同じグループ・メンバーを視認した。
しかし、私の姿を見ると、彼らは大型犬を放さずリードを付けたまま、動かずに話し込んでいる。
こうなると、注意し辛く、私は「こんにちは」の挨拶しかできない。
現行犯ならば、厳重注意ができるのだが・・・

どうも、私は覚えられているようで、私がいないのを見計らうというか、いないのを確認してから、または私が帰ってから犬を放すらしい。
本当に困ったものだ。

時間を潰され、日が暮れてしまった。
しかし、私には文句や怒りのやり場がない。
立場上、犬にリードを付けた飼い主=近隣の方に抗議・注意するわけにもいかないし・・・


その場面を見つければ、注意ができるし、簡単だと思うが、しばらくしたら、再び犬をフリーにするだろうが・・・ね、きっと。
こういう飼い主の方々は、注意を繰り返しても、恐らく「我が犬かわいさ」にリードを何度でも放すのでしょう。

また、どうもこのグループはこの広場・野営場で、犬の毛も整えているようだ。
大型犬ゆえ、その毛も多いみたいで、広場にはその抜けた毛の塊が数か所点在:大量に放置されていた。片付けもしないのだ。
しょうがないから、私が犬の脱毛塊を集め、清掃するはめにもなった。

多くの飼い犬飼い主の方々は、マナーを守っているのに、少数の飼い主のマナー違反・非常識な行動が、今後様々な場所で規制を受ける原因になる。
犬の散歩立ち入り全面禁止という所もあるようだし・・・


明日は朝一番に市の担当課と市民センターみどりの広場担当に、またまた相談をしなければならなくなった・・・

本当に本当に・・・困ったもんだ。


■みどりの広場・ボーイスカウト野営場は、数十年ほど前から地主さんの無償のご好意でボーイスカウトキャンプ場・活動の場としての使用許可をいただいている原っぱ広場。土地は地主さん個人所有の私有地。地主さんは地面の原っぱ広場を市「みどりの広場」に登録。「多くの方々のくつろぎの場・近隣の憩いの場」として提供貸出され、市管理:ボーイスカウト連絡会が日常の維持管理担当者となっているもの。



このような広くて自然に近い原っぱ広場が、高地価の住宅エリアに残っていることは、極めて珍しいことだと思います。
しかも、私有地にもかかわらずだれでも自由に入れ遊ぶことができる・・・普通、事情を知らない人が見れば、管理者がいない市の公園と思うでしょうね。

*みどりの広場の成り立ち経緯・事情については、5か所に掲示公開してあり、読んでいただければ、誰でも理解可能なように対処してあります。不都合だと思う内容は読んでいないことにしている人が多いのでしょうが・・・

私有地・個人所有地ではなく、「税金で運営管理している公的空間ならば、市民はだれでも自由に行動できる・してもかまわない」・・・という思考で、エゴイズム100%の自己行動を正当化:納得させているように思っています。

この野営場は、「法的には個人所有地」で「みどりの広場登録」している原っぱで、ボーイスカウト野営場として日常の維持管理をボーイスカウトが所有者から委託されている場所。
では、隣にある同じくらい広い野球場は・・・
「法的には個人所有地」で「みどりの広場登録」している原っぱで、野球場として日常の維持管理を地元リトル野球チームが所有者から委託されている場所。
・・・です。

どちらも、法的・維持管理的視点で見れば同じなのですが、多くの人々は、野球場には自由に出入りしないし気ままな行動とか散歩もしないのですが、野営場には自由に出入りし自由気ままな行動をしている・・・これは、原っぱ広場:人から見た光景・姿の違いによって起こる人の行動の違いだと思います。

・野球場としての完成された姿・存在=人の行動自主規制
・だれが見ても、大きな木のあるただの原っぱ=自由気ままに振舞っても構わない
・・・ということのような気がしています。
投稿者:imorimasuda
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:imorimasuda
警察の担当地域課に相談したところ、「そういう放犬状況を見つけたならば、遠慮なく速やかに連絡をください。すぐに担当地域警官か近くにいるパトカーを回しますよ。パトカーの方がこのようなケースでは良いかもしれないですね。パトカーの方が1回でスパッと問題解決になるかも・・・」と言ってくれました。

それに、最近では「迷い犬の相談・捜索願いが無茶苦茶増加してきて、それにも人手不足で困っている状態なんです。ここ2年間くらい続けて倍々ゲームのようにペット捜索が増えてきているのです。
犬の放し飼いとか、公園・海浜での放犬の苦情もものすごく多くなってきていますよ。」
とのことでした。

今度現場を確認したら、車を他の場所に止め私は隠れて・姿を隠して警察に連絡することにします。
投稿者:imorimasuda
>リードをつけて散歩されている方にご協力頂く〜

半年くらい前までは、NIGHT'Sさんもご存じの「気品気骨ある元民生委員のTさん」がご自分の犬の散歩途中に、放犬飼い主たちに注意:協力してくれており、不届者は極めて少なかったのですが・・・去年の暮ごろから、ご高齢ゆえ、外出がとても少なくなってしまってからこの放犬問題が発生してきました。

どなたか、近隣で品性高く気骨ある方が、おられれば助かるのですが・・・
投稿者:imorimasuda
NIGHT'Sさん、お久しぶりです。
犬絡みの問題は、どうも定期的に起こるような感じです。

犬と飼い主にとって、理想的な遊び場となる場所=高い地価の住宅エリアに、奇跡的に存在している「自然に近い原っぱ」なのだと思います。

1990年以前ならば、いたる所にこのような原っぱが存在していたように思います。

バブル時代の高値の不動産売買と世代交代による地価上昇に伴う相続税の高額化によって、広い大きな空き地が売られ、2000年以降のデフレ現象によって更に小さく細分化された住宅地となり、切り売りされていったことで、住宅地から原っぱ・空き地・林が無くなっていった結果のように思います。

そして団塊世代:多くの退職者の癒しのペット嗜好によって、多くの高価・上品な血統犬が街に溢れ出してきたように思っています。
投稿者:NIGHT'S
また有ったんです。犬のリード外し・・・
私も1度注意した事がありました。

リードをつけて散歩されている方にご協力頂くようになればととも思います。

単身赴任はまだ続きそうです。
いつになったら帰れるやら・・・
投稿者:imorimasuda
ヘッケラーさん、お久しぶりです。

まあ、色々とありますよ。
法的には個人の私有地なんで、もっと強く注意したり、規制しても良いみたいですが、気持ち良く散策したり遊んだりできる原っぱにしておきたいので、あまり強く言うのもなんですしね。
理解して貰えば嬉しいのですが・・・こういう方々は・・・しょうがないですね。
投稿者:ヘッケラー
ご無沙汰しています。

困った人が多いですね・・・・・
犬のウンチ、ノーリード、怒れない親、ゴミ問題。ゆとり教育の・・・・・まったく困ったもんです。
AutoPage最新お知らせ