イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

色々自作してみた

祝日でしたが、仕事・・・仕事を終えて夕飯食った後、酒飲みながら、LED電気ウキを2個自作してみました。
作成時間は、1時間でした。
赤色LED光源です。
写真ですと輝度がわかりませんが、暗闇視認距離は80mくらいかと思います。

LED光源発光体(5mm)が、1個60円。
光源拡散ピースは、100円ショップでたくさん入っているやつを購入し、そのほんの一部を使用しました。
透明チューブは1m200円のやつの一部。
強力耐水接着剤少々使用で、リチウム電池抜きで、原価は約80円くらい。
90mくらい遠投するので、毎回の水没に備え100%に近い防水型。
海面または礒岩への衝突に備え、変形追従性:弾性性能を満足するように耐衝撃性も高くなるように構想しました。
形状もシンプルかつ合理的経済的な電気ウキです。

電気ウキ市販品は電池抜きで安価500円から高価1500円くらいですから、かなり安く自作できました。
ロスト時に一番高価なのが電気ウキのため、とてもくやしい思いをしていましたので、自作に走ってしまいました。
市販使い捨てケミをも超えた安い価格のLED電気ウキ:電池&LED交換式が作成できましたので、自己満足しています。


遠投ウキは、今までの150gよりも重い仕様に変更し、新規175g(47号程)で先週末に自作。
先端の錘は石膏で型を作り、古い鉛150g40号相当を溶かして流し込んで先鋭ロケット新型を再製造。
発泡材35mm円筒を一部削り込んで、ステンレス1.2mm鋼棒中通しで一体化、全体を変性シリコン系接着剤で形状固定。
アクリルシリコン塗料で上塗りしました。
ウキの制作時間は接着・塗装を除くと、1本1時間くらいでした。

自作のウキは、作る度に、遠投距離が延びるように強風にも立ち向かえるように、だんだん巨大化・弾道ロケット化して行っています。
次回はどういうサイズと形状になるのか・・・自分でもわからないです。
次回も構造・デザイン・性能等を思考しながら、試行錯誤しつつ、制作していくことになるでしょう。

ウキの遠投性能がどんどん増してきましたから、次回からは竿ロッドの性能が課題になってきそうです。
ライン道糸も現在は、磯岩切れ・高切れロスト防止に考慮して、かなり太めの引張り高強度ファイヤーライン&PEラインの組み合わせで対応していますが、遠投性を考えると細め高テンションのラインにしていかないと、更なる飛距離が確保できないので、ライン選択と組み合わせについても悩みそうです。

投稿者:imorimasuda
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ