イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

コゴミ栽培をやってみようかと思っています。

コゴミの自生していた場所は、自然を満喫するような素晴らしい環境ではなく、「歩きたくないような場所・暗くちょっと湿った場所」にコゴミは生えていました。
だから、人が入らず、生き残っていたのでしょう。
生えている場所は、ほんの「長さ7m幅2m」の14uほど・ジメジメ小道沿いの極狭なエリアだけでした。

南側が雑木燐で日中は日影、明け方と夕方のみ直射光が当たり、保水性の高い湿った軟らかい土壌の斜面低地:東側と北側の土地が高く「落ち葉雑草積み場+牛糞堆肥製作置場+野菜・花捨て場」となっており、雨が降るとぬかるみになり、いつも湿っているような場所。
小川の近くにありますから恐らく昔は湿地帯の脇だったと思います。

薄暗い小道から入りますが、入りたくない気持ちになるような普通の人は避けたくなる小道です。
私が行く時には大体カラスしかいません。

今、来年の山菜探索用に新しいコゴミ場を山の方に足を伸ばして、調査しようかと思っています。

コゴミの見分け方=成長して大きくなってしまうと、普通のシダの葉みたいで中々見分けられませし、大きな葉のシダになってしまったら正確に同定できるかどうか自信はありません。
土元根元の株が大きく(直径8cmくらい)一株から6〜10本くらいの幹が出ていますので、根元で判別できるかもしれませんが・・・
コゴミは一株から6〜10本採取可能みたいですが〜全部は採取しません・・・
私は半分くらい:一株から3〜4本くらい採取する感じです。

私の見分け方は、つくし採り及びタケノコ掘りの時に色々探索歩きしながら、湿地らしき場所にめぼしを付け、その都度踏み込んで「蕾状若シダの頃に調査する方法」です。
3月〜4月末までの時期にコゴミ=クサソテツを見つけ同定・・・翌年には自分の採取場として再訪するというパターンです。
それ以外の時期に、湿地エリアに踏み込んでも私には同定する確信がないということです。
ワラビとかゼンマイならば大きくなっても同定できるのですが・・・

最近は、ホームセンターでも山菜「コゴミ=クサソテツ」とか「タラの芽」「山ウド」等の根を売っているので、購入して畑に植えて、栽培しようと、考えています。
そうすれば、貴重な自生コゴミを採取せずに、自生環境をそのまま残しておけますから・・・

ただ、水分の保持が良い土でなく水はけが良い畑なので、うまく育ってくれるかわかりませんが、一度チャレンジしてみるつもりです。






クリックすると元のサイズで表示します
*自生コゴミの写真:植物専門HPから転載しました。
投稿者:イモリ
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ