イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

久しぶりにUP   深夜の海で・・・

とある夜釣りの21:00〜25:00。
私は、何と初対面の20歳後半くらいのスレンダー女性2人と一緒にお話しながら、楽しく釣りをしていたのでした。

この女性2人は、最近多くなってきた女性ルワー系アングラーではなく・・・何とあの気持ち悪いミミズみたいなヤツを餌にして針にくっ付ける「イソメ餌釣師かつ深夜釣師かつ真冬夜釣師」という、今後絶対に巡り合わないであろう「イソメアングラーヤングウーマン型」でした。

彼女たちの仕掛けは、ライトタックル・光るオモリ・3本針でクニュクニュ青イソメ装着で、近場にエイっと両手で10mくらい投げ込むチョイ投げメソッド。
ウエアーは街中普段着のジーンズ姿みたい(暗いからよくわからない)なのですが、腰ベルトにはLEDライトをカッコよく装着し、夜間対応に備えておりました。

この女性2名、寒い1月と2月深夜に、完全防寒装備をして、25cm級メバル大漁かつ季節はずれのイシガキダイとカサゴをゲットし、大変美味しかったとのこと。
餌はモチロン、万能青イソメとのこと。
その結果、またこの場所に来ましたと言っておりました。
わたしゃ、感心しまくり〜!驚きました。

私と色々雑談、楽しい数時間。
ゴンズイだけは私が針を外してあげましたが、他は全く手出しアドバイス無用でした。

私が遠投キャストする際には、
「投げますよ〜」とキャスト注意の挨拶をすると
「は〜い〜」と答え、トラブルにならない位置に移動してくれました。

しかも、25:00彼女たちの帰り際には、彼女たちから余った「ピチピチ青イソメ」を譲って頂きました。

夜中深夜に、若い女性からミミズのような青イソメをプレゼントされた幸せ者は、多分広い日本の中で私だけでしょう。
・・・過去未来、こんな妙な気持ち悪い長い虫を深夜に女性からプレゼントされるアングラーはいなかったし、今後もいないであろうと思われました。
投稿者:イモリ
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ