イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

短形自然薯2008

クリックすると元のサイズで表示します
家に帰って泥を落とした短形自然薯。
野営場で放っておいて勝手に育った自然薯です。
改良短形自然薯という種薯を放任育成した2〜3年モノ。
長くないので比較的掘りやすい薯です。

今年3回目の自然薯掘りです。
クリックすると元のサイズで表示します
掘った直後の泥だらけの薯です。

掘り出した自然薯の蔓側頭部を切って再度埋めておくと、来年も大きくなります。

ムカゴからの成長を待つと収穫まで5年くらいかかりますが、蔓側頭部を切り埋めて育成した薯は比較的短期間で収穫可能な大きさになります。


↓このムカゴは晩秋に採って冷蔵庫で保存しておいたモノ。
クリックすると元のサイズで表示します
町内自治会に差し入れした残りの保存ムカゴです。
下に傘を反対面に広げておいて、蔓を揺すって大量に採取しました。

今年は大量のムカゴができて落下しましたから、3〜5年後には更にたくさんの自然薯が自生するはずです。


私は、何もしないで、ただただ待つだけです。

そして・・・掘る。




この短形自然薯、皮を剥くとリンゴのように酸化?するのか・・・若干茶色に変色することがあります。
食べてみましたが、問題はないです。

また、天然野生の自然薯と違い、育てている場所の土が元畑で軟らかいので、粘りは野生モノ程強くありません。
天然野生自然薯の強烈な粘りに比べると、残念ながら少しモノ足りないですが・・・

やはり、過保護で豊穣な土壌だと簡単に根薯が伸ばせるせいなのか?少々軟らかな自然薯になってしまうみたいです。根性に欠ける?感じでしょうか。
それでも市販のヤマイモ系よりも粘りはありますけど・・・

過保護で豊穣な土壌の自然薯は軟らかくて粘りが・・・人間と同じみたいです。

投稿者:imorimasuda
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ