イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

雪降る北風の夜  太い発想

変なタイトルですが・・・

仕事ばかりしていたので、野外での行動が少なくなっています。
暗い海にも行こうとは思ってみましたが、今一歩その気になれずにいます。

そんなこんななので、ちょっと思ったことを書いてみました。

■雪降る北風の夜のこと
4年前か3年前のこと、晩秋から年末にかけて休めず、正月が過ぎても休みがないような状況でした。
1月の中盤を過ぎてようやく、締め切りが終わりホッとして、それまで釣りを我慢していたので、ほんの少しだけ時間ができた夜に釣りに行こうと決めました。
しかし、湘南地方のその夜の天候は20:00頃から雪・・・
で北風・・・で寒波到来という当日の予報。

でも、完全雪山野営装備ウエアーを身にまとい夜の海へGO〜

予報どおりに北風降雪。
釣り場には当然だれもいませんでした。
私一人だけでした。
北風に背を向けてキャスト。ウエアーの背中と後頭部には雪が積もっていきました。
それでも、何とかメバルとフッコを獲て向い風降雪の中をトボトボと帰りました。

孤独な北風降雪と寒波の中での釣果=まあ、それなりに獲物と充実感はありましたし、心がアグレッシブになりましたから、これからの生活へのパワーを授けてもらったような感じ・・・精神的・挑戦的な気持ちの復活の素・拠り所にはなったと思っています。
チャレンジャーとしての心構えを再び授けてもらったというように思っています。


■太い発想

これも、数年前に考えたことです。
魚を釣るためには、全ての仕掛けは繊細に細く・・・魚に違和感を与えず、魚から見てより自然に近い感じで見せかけるようにすること。
というのが、関東圏域で市販されている様々な本・釣り解説書に書いてあります。
南方の巨大なパワーのあるデカイ魚がターゲットの時は、この考えは無意味のように記載もされています。

ですが、私の釣りエリアは湘南が主ですので、エイ等を除けば巨魚は対象外と考えていますから、その頃までは、仕掛けスペックは繊細でなければ・・・と思っていましたし、周りの釣り仲間の方々も大概そのように考えていたように思っています。

ところが、数年前のある夜に遠目の磯場を攻略する場合、繊細な仕掛ですと、魚を釣る前に敗北していることを自覚しました。

何故ならば、繊細な仕掛故、目指す遠い根の厳しい場所に到達できない・・・繊細な仕掛故、すぐにトラブルが発生するし、切れてしまいロストばかりになって釣る以前の敗北ばかりである・・・ということに気が付きました。

釣りの常識というか、参考書・教科書に書かれていることを疑わない〜尊重重視している先入観からでした。

そこで、その夜以降は、繊細な仕掛は用いずに、夜釣りのトラブルに軽々と対処できる適度な太さの仕掛けを試していくようになりました。

私は、その夜から段々と、極太仕掛けを自作し使うようになってしまったのです。
今では、他の人に話すと笑われそうな程、極太の仕掛けで夜釣りをするようになりました。
明るい時の釣りには恐らく該当しないと思います。
極太仕掛けは・・・夜の釣り限定だと思います。



太い発想・・・実は数年前に、江ノ島の磯場で出合った方の言葉が、頭の中に強く残っていたからなのです。

その方は、その当時「東京都のある離島」が噴火して島民全員が生活できなくなり、全島避難してきた方でした。
私が、その磯場で状況に合せた仕掛けを自作していると、近づいてきて・・・
「こっちでは、どんな風に作るんだ?見せてもらっていいですか?」と言ってきました。私は簡単に説明し、話しながら作っていると、
「おお、そんな細くて大丈夫か?一発で切られないか〜、俺の島じゃ考えられんぞ。」
と言われてしまい・・・色々と話が弾みました。

私「ひょっとして魚を釣るには、糸の太さはあんまり関係ないんですか?」と逆質問。

すると
「魚がいっぱい集まっておって多けりゃ、どんな糸でも関係ない。針に餌みたいなものが付いとりゃ釣れるぞ。魚がいっぱいいる場所に仕掛けを入れればな。」

という言葉を笑いながら聞きました。
1時間くらい一緒にいて、楽しかった釣りのコミュニケーションのことが頭に残っていたので・・・

私の夜釣りは、太い仕掛けを平気で使う、極太い発想へと流れていきました。

明るい時間帯では、人に見せるのが恥ずかしいほど、太いです。

大概呆れられたような感じで「好きにして〜ガ八ハハハハ〜」と笑われます。






投稿者:imorimasuda
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ