イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

晴耕雨読 

お盆前に蒔いた人参と大根の種は失敗しました。
スーパーキャロット&黒田五寸人参&しょうご院大根の種を蒔いたのですが、大根だけ発芽しましたが、お盆後の猛暑に負けて全滅。

やはり、先人の言い伝えは守らないといけないと思いました。

今後の収穫に備え、土を深さ50cmまで耕し、消石灰を撒いて中性化。
数日放置して牛糞堆肥を・・・土と一体化、ふかふか土が理想です。
さらに数日放置して自然系化成肥料を・・・やっておきました。

これで、おいしい無農薬野菜が収穫できる優れた土壌になったと確信しています。
後は、栽培能力を高めるために野菜育成の知識を得なければ・・・

彼岸までに種蒔きを終えること。
残された学習時間は2週間。
勉強するのが遅すぎたか・・・学ぶことの大切さが身に浸みる今日この頃。
投稿者:マスダ イモリ 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:マスダ イモリ 
Nさん、コツコツとでいいですよ。
場所は今の畑の隣脇:倉庫側あたり・・・
開墾可能です。
広いと大変ですから、1坪くらいでいかがかと・・・私は1坪を整備改良していますが、茅ヶ崎から出向くので結構大変です。
「ご近所お元気クラブ」の方々は、徒歩3分圏域の人ばかりですから、多少広くても(3坪くらい)こまめに手入れされています。

メールで連絡いただければ・・・
投稿者:Nさん(H氏)
あら、有りがたいお誘い・・・
でも、責任を持ってお預かりできない職場なもんですから(泣)
先週も出張三昧で1日会社に出て1日出張、仕事が終わらずに後泊して、会社に行き、帰宅後また出張で本日は出社・・・それが全て前日又は当日に決定する。(因みに来週も出張あり)
こんな生活だと、場所を分けて頂いてどうなんでしょう?時間の有るときにコツコツとみたいなので宜しければ、是非に乗りたいお話なんですけど。
投稿者:マスダ イモリ 
Nさん(H氏)一緒に土いじり、畑耕作しましょうか?
楽しいですよ。
雑草がものすごい場所(=ペットボトル・菓子ゴミ等が投げ捨てられる)が、まだまだあるので、開墾可能なエリアがあります。

私が広場全体の管理担当責任者ですから、良い状況になるならば開墾:平坦化に問題はありません。
広場が快適になって環境が良くなる、うまくいけば収穫もできる、一石二鳥ですよ。
投稿者:マスダ イモリ 
菜園は、かなり昔から継続している:市認定・地主許可の<緑の広場自然農法グループ:ご近所クラブ>の管理になっています。

ですから、緑の広場は・・・野営場エリアがBS藤沢連絡会、菜園エリアはご近所クラブが管理主体となっています。

市が管理する市民菜園ではありませんから、市への申し込みではありません。

ボーイスカウトは、野営場の一部の場所を提供している関係で、
「子供たちスカウトが野外教育学習プログラムとして行う場合だけ菜園の一部を使用可能」という形をとっています。

私が土いじりをしているのは・・・スカウト畑エリアの一部をまだ未耕作・使っていないため、雑草だらけになって迷惑が掛かり、困ってしまった・・・それで、私が雑草抜いて耕したんですよ。
ついでに種も蒔いて育て、スカウトたちに採りたての野菜の味をプレゼントするためです。
スカウトたちが、土から野菜を引っこ抜いて、料理して食べる体験用です。

本当は、ご近所クラブのお爺さん・お婆さんに教えを受け、スカウトたちが自主的に自然農法について学びながら、楽しんでくれればいいんですけどね。

農業の大切さを実感しながら、近隣コミュニティ・世代を超えた繋がりなどの誕生を目指しているんですが、中々企画通り、目論見通りに行ってくれません。


投稿者:Nさん(H氏)
あら、畑仕事ですか・・・
私も暇が有ったら土いじりもいいかなぁ。。。
なんて、思うんですけどね。
悲しいかな、釣りにもなかなか行けないし・・・
あそこの、脇の家庭用菜園って、市に申し込めば良いのでしょうか?素朴な疑問。
AutoPage最新お知らせ