イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2022
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

釣れたのは・・・

昨日の明け方、U磯に久しぶりに行ってきました。
地元茅ヶ崎サーフでは味わえないU磯独特の強烈な引き:魚との戦いを堪能しようと考えたからです。
ところが、その雰囲気はまるでなかったのでした。

投げ釣りで、良型キス2、メゴチ5、ヒイラギ1。
ヒラメ・マゴチ・青物・大物エイ狙いのメゴチ餌の泳がせ釣りもアタリすらなし。
投げサビキで、ウルメ3、小型アジ4(大ジンタ)
・・・という結果。一応、5目15尾ゲット。

睡眠不足もあって、8:00〜10:00頃まで磯岩に倒れこむようになりながら爆睡。
起床したその後、投げサビキをしてトボトボと家路につきました。



しかし・・・良いこともあったのです。
今日のDKの鼻で若いおネエさん二人に何度も「すんげぇ〜カッコイイ〜」と言われたんですよ。
ヒイラギとメゴチの活き餌泳がせ釣りの時でした。
小魚釣ったらすぐに、別の竿仕掛けで活きたピチピチ小魚を針にブッ刺しブン投げる・・・
この手際に凄く驚いたようです。

色々質問話かけられ・・・
「こんな原始的な釣りがカッコイイのか?・・・これはね、わらしべ長者という昔話のような釣り方なんだなぁ〜知っているこの話?」
「知ってる、知ってる。だんだん貰えるものが大きくなっていくヤツ。」
「そうそう、ソレソレ、そういう釣り方・・・でもなかなか予定通り釣れんけどね〜」

私と彼女たちそれぞれペアになって写真を数枚撮り。
更に、私は彼女たちに、何枚も隠し撮りまでされてしまいました。

近寄ってきてくれたのは、これはきっと、私自体がカッコイイこともあったのかも?とは思いますが、恐らく臭いアミコマセを使っていなかったせいだと確信しています。
投稿者:imorimasuda
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:imorimasuda
きっと、いつかよしぞうさんも、遭遇するでしょう。(^^)
黒い豆シバのカワイイ犬を連れた無口な大柄な少年です。

現在高1です。
最初はつっけんどんですが、色々なことを話していると楽しくて、一緒にいると私は心が明るくなって晩秋・冬・初春と・・・寒い夜でしたが面白い気分で過ごせました。

バスケットボール部に所属していると思います。
部活をやめていなければ・・・

絶対にバスケは続けろ!と言っておきましたから、やめてはいないはずだと確信しています。

彼は、彼自身で釣ったウツボも持って帰って食ったと言っていました。
そのウツボ・・・私が〆て食い方を教えたのですが・・・
ウツボ〜彼が戸惑っていたので、口出し手出ししたのですがね。
投稿者:よしぞう
前に会った時に、その時にお話してくれた若い友人ってその子だったんですね〜ある意味凄い好奇心と探究心!そのずうずうしさからして、その子は大物になるやもしれませんね〜それに、「安心してください」とタモを持つなんて、大人にはなかなか無い勇気ですね。変わらずに、良い意味でそのずうずうしさのまま大人になってもらいたいと思いますよ。でも親が知ったら夜釣りはさせないでしょうね〜それでも彼がやっていたら、彼はイモリさん2号ですね。禁じられた遊び
投稿者:imorimasuda
よしぞうさん、
>サー○ライトど遠投釣りなんか見せられたら、いちころ・・・

これにもね(^^)〜変わったヤツがイチコロで近寄ってきました。

サーフライトド遠投時のことですが
それは・・・
「夜釣り好きな高校受験直前の港傍の中学生」が私の傍から離れなくなってしまって、真似し出したんですよ。しかもサーフライトを中古ショップで入手してきて色々質問攻め(^^)

冬の夜釣りは、両親に怒られるから、早く帰ったほうがいいよ・・・と何度も話しましたが、彼は何が気に入ったのか解りませんが、帰ろうとしないんです。
それなのに、寒い北風を受けながら頑張っている私に向かって
「早く釣って見せてください。大カサゴ・大メバルを見せてくれたら、僕は帰りますから。」と言うのです。

まあ、私の傍から離れない時、一度60cmオーバーのスズキ2本掛けた時に、彼に私のタモ網で掬ってもらった時があったので、お礼にカサゴ2つプレゼントしたことありましたから楽しかったのでしょう。

私は自分で掛けたスズキは自分でタモ網で掬えたのですが、彼が私のタモ網持って待ち構え「自分が掬いますから安心してください」と私に向かって冬の夜の堤防で言うもんだから、任せただけなんですよ。
暗くて寒い夜にもかかわらず・・・私に宣言した〜
彼の心意気を買ったのです。
バラしてもかまわんから、やってみい〜という気持ちでした。

上手に掬ってくれました。

それ以来の、年齢に関係ない釣友になってしまったと思っています。

投稿者:imorimasuda
うらしまさん、どこでも、泳がせ釣りをやってみましょうよ。
きっと、美形大物も食いついてきてくれるはずだと確信しています。

ちなみに・・・
昨春はブラックタイガーのニセエギングの時には、多くの地元爺さんが食いついてきて話が弾みました。
昨秋はピンギス泳がせ釣りでヒラメを釣った時は、定年退職して釣り見学しにきていた親爺さんに釣り仲間に入れてくれませんかと相談もされてしまいました。
また今春・今初夏には、イワシ釣ってすぐに泳がせ釣りをしていたら、またまた「うら若いカワイ子ちゃん2名美形です^^)」と仲良くなってしまいましたよ。

泳がせ釣りは、どうも幅広く許容されるみたいですね。
投稿者:よしぞう
あ〜〜イモリさん!すんげ〜〜若い子に超人気じゃないですか〜何度かお会いしましたが、全て夜・・お顔が良くわかりませんが・・・でもでも、お喋りが楽しいので引き込まれましたよ。それにサー○ライトど遠投釣りなんか見せられたら、いちころですよ(^^)あれ?なんの師匠でしたっけ?とにかく行きます。一緒に裏磯へ!!!(^^)
投稿者:うらしま@湘南
イモリさん、そんなイイ事をしていたんですか…
タコ釣りに夢中になっていて、気がつきませんでした。
今度ワタシも、関西で、泳がせ釣りやってみます。
近くに、若いおネエさんがいたら(^^ゞ
投稿者:imorimasuda
ふふふ(^^)

ふふふ〜へへへ(^^)
投稿者:NIGHT'S
若いおネエちゃんを2人も釣っちゃったんですねぇ。(笑)
AutoPage最新お知らせ