イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2021
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

春盛期

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

暖冬の影響で年々、土筆の終わりとコゴミ(クサソテツの若芽)の始まりが早まっているような思いがしています。

土曜は一日中デスクワークでした。
日曜日も午前中PCに向かい計画案をスタディしていました。午後になってポカポカ陽気に我慢できず・・・今年最後の土筆採りと最初のコゴミ採りに散歩がてらに出陣しました。
採取時間はたった30分です。
土筆もコゴミも同じ場所に隣接して生えているからです。

山菜としてのコゴミは、タラの芽と同等で山菜の王様とか女王とか白馬の騎士とか言われています。
私がそういう風に言っているだけですが・・・まあ、欧州貴族のような上品な味だと思っています。

ホクホクとして若干粘りがあり、苦味はなくとても美味しい山菜です。
口当たりの良いブロッコリー的な感じで、大きなワラビの味・里芋の小さいものをがぶついた食感、甘みのある・・・
まあ例えようのない美味という表現もできます。


先々週の週末にコゴミ調査に出かけた時は、全く兆候がなく、土面しか見えなかったのですが、日曜日はムクムク、コゴミの若芽が出てきていました。
コゴミ採取は出てきている芽を選んで採りました。
今後の成長のために、かなりの数の芽を残しながら、束になって出ている芽の中からポツポツと部分的に採取します。
樹木の剪定のような感じです。

土筆は残りわずかな美味しそうなヤツだけ選んで採取しました。


コゴミ料理・・・今回は天ぷらではなく、オリーブオイルで強火でサッと炒めて塩コショウで食いました。

「コレも大変な美味であるぞ!!(^^)」

と、またまた感激。

まあ、この前のタコほどの驚きの味ではなかったのですが、私にとっては鮪の大トロを食べるような感覚の味ですね。
それは・・・


1年に1度しか味わえない〜ということで。




土日は仕事していました。
日曜日、我慢できずに昼間は山菜採り、夕食後夜に釣り(20:00〜23:00)に〜
夜光虫と大量のプランクトン(エビ系オキアミの幼生のよう)が浮遊していて、赤潮か青潮が発生気味。釣りのコンディションは良くない:悪い感じでした。
ほとんどアタリがないまま終了。
結局、苦闘しながら誘いまくって、カサゴ1:19cmのみゲット。

私はこのサイズは、いつもリリースするのですが、今日のカサゴは隣の方にプレゼントしました。


私のジンクスなのですが・・・
欲しい・食べたいと言う釣人にプレゼントしておくと、次回お返しで自然の神様からのプレゼントが大いに期待できるからです。

今までは・・・プレゼントしたものの倍返しが相場でしたよ(^^)


投稿者:imori masuda takao
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:imori masuda takao
夜光虫は、プランクトンのようですし、昼間は光らず赤潮発生のお知らせかなぁ?〜と思っています。

何故夜には発光したように見えるのでしょうか?

ブルーグリーンのケミホタルのような輝色だと、以前から思っていました。

海の中では光ったように私達人間には見えるだけかもしれないと考えたりしています。
他の生物には光ったように見えないのかもしれません、真実はわかりませんが。

他のプランクトンは、隣の仲が良くなった初対面らしき釣人の方が、バケツで水を汲んだ時にたくさん入っていました。
数mmのエビ=オキアミ幼生でしたよ。凄くたくさんいました。

先日の春の嵐で、海は状況が一新されたのではないでしょうか。

釣りの状況としては好転したように考えていますが・・・
北風系の嵐だと海はあまり変化は無い可能性もありますし・・・
投稿者:よしぞう
うわ〜〜コゴミ美味そう!(^^)心豊かになるご馳走ですね!
鮪の大トロに匹敵するほどの喜びの気持ちってわかりますよ。
買ってきたものではなく、やっぱり自分で足を運んで採取するので、新鮮はもちろんですが、その履歴が味に加わるんでしょうね。

そして自然児のイモリさんは夜釣り・・・あ!やっぱり夜光虫見ました?
私は始めてだったのでビックリ&感激でした。
でも釣りには良くないのですね。
海水を家まで持ち帰り、子供に見せたらビックリしてました。
何故光るようになったんでしょう?
自然の営みとは不思議なものです。
一生魅了され続ける気がします。
投稿者:imori masuda takao
コゴミは、生息している場所が、すごく少なくなったと思います。

湘南エリアの様々な場所を歩いて探索しましたが、私が確認したのは、このの場所だけでした。
恐らく、まだまだあると思いますが、注意して観察しないと見落としてしまうと思います。
ほんの春の一時期にだけコゴミの若芽が出るだけですから。
成長したクサソテツの姿を覚えておかないと、視認することが困難だと思います。

1997年〜2004年の7年間ほど、ボーイスカウト湘南地区のプログラム立案をしていました関係で、湘南エリアでの里山ゾーン等を調査思索しました。

自然環境を散策考察することをテーマにした課題を設定し、小学生〜大学生年代に対応した探索歩行ラリー等を試行していたのです。
投稿者:ゆうじ
コゴミのサラダが結構好きでたまに買うのですが、
近場で取れるところがあるのですか
すごいですね、イモリさんは

夜光虫出てますね
ラインが光って釣りにくいです
でも、あそこで夜光虫ってあまりなかった気がしますが、、、、
東京湾では随分昔から出てましたが・・・・
 


AutoPage最新お知らせ