イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2022
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

明日の肴とおかず

クリックすると元のサイズで表示します

明日、日曜日は11:00から仕事になってしまった。
今日、土曜日は午前中から昼過ぎまで、地元自治会の役員会議で時間をとられてしまった。

花粉症対策の生ツクシの在庫も切れてきた。
とにかく、鼻炎薬を買いたくないので、午後一番昼飯抜きでツクシ採取に出向いた。
場所は、藤沢北方面の畑作地域まで行けば確実なのだが、時間がもったいないので近所の場所にした。

私は、湘南エリアで、かつて様々な山菜野草探索調査を個人的に行ったことがある。
それ故、私的・みんなに内緒のイモリマスダ山菜野草マップが頭にインプットされているので・・・短い時間に近場でも採取できる。
大量ではないが、私一人が食す1週間分くらいなら、旬の時期ならばいつでも短時間で採取確保できるのだ。

明日も仕事をせにゃならんので、なんとか精神的なクツロギの時間と心の糧が必要と思い、ツクシを食って夕食をとった後、半夜釣りに行くことにした。
トイレで用を足した後、いざ〜〜車に乗って出発・・・

いつものスペック「アオイソサーフライトど遠投ピンポイント狙い」で、19:00〜22:30過ぎまで。
21:30頃ごろだったか?YZさんに再び出会った。
色々楽しくお話をする。

22:00を過ぎたあたりから魚の反応がなくなり、海の感じが変わってしまった。
22:40ごろ、もう諦めモードになったような気がする。
獲物を〆て片付けしていたら、23:00過ぎになってしまった。

釣れた時間帯は20:30〜21:30のみだった。
その他の時間帯は、なんにもアタリなし。
反応なし。
非常に寂しい。

何とかかろうじて、メジナ28cm、カサゴ20cm2、かわいいタコ1をゲット。
今宵は、メバル・ゴンズイ・ドンコのアタリもなかった。

かわいいタコは、遠投した後、かなり遠くから強引にひっぱりあげた。
重い海草感だったものが途中で抵抗し始めたので、なんじゃ〜こりゃ、ダイナンウミヘビかクロアナゴ系の長いヤツのような感じだが、少々違うような感じも〜〜

ドリャ〜!!っと、強引にブッこ抜くと・・・ありゃタコじゃ(^^)


メジナは、まあまあのサイズなので、刺身で食いたいと思う。
まだこの時期のメジナならば、磯臭くはないだろう。
ギリギリの寒めじなと言ってもよいかも?
海の中は、地上の2ヶ月遅れの季節気候状況だから・・・

このタコは焼き醤油で食ってみようかと思う。
本当のタコ焼きでいこうと思う。


本命狙いのメバルの反応は全くなかったので、深い棚に段階的に変えながらやってみた。




わたしゃメバルが食いたいんですよ〜
カサゴもウマイのですがね。
今シーズンは、カサゴをたくさん獲って食っているから、どうしてもメバルに気持ちが向いてしまいます。

投稿者:imori masuda takao
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:よしぞう
なるほど・・って全くわかっていません。。。
「フカセ海苔メジナ」なんの料理かと思いましたら、海苔で釣る釣法みたいですね。(^^)

ウキを二つ使うんですか????全く想像できないです。

でも、釣ったことがない私が言うのもなんですが、基本的にウキの負荷が大きいことは間違いないと思いますね。
イモリさんの感覚は信頼できますよ。
私はまだ頭に引き出しが無いので、難しい仕掛けは出来ませんので、シンプルな仕掛けから徐々に進化していく感じでしょうか。

まずは仕掛けが絡む事をなくしたいです。
でも、あれからイモリさんが投げ入れていたところ(短い距離)に投げ入れてましたが、仕掛けは8割絡まなかったです。
ど遠投だと絡みやすいようです。
イモリさんが言ってた天秤を使った方法も考慮に入れて考えてます。
きっとまたお会いできます。しっかり潮と天気と風の予報を見れば、自然にお会いできるようです。
投稿者:imori masuda takao
あのウキとサーフライトを比較体験できたので、次回は異なる思想の「超遠投フカセ釣り光輝ウキ」タイプを自作する気持ちになりました。

昨晩お見せしたような壊れたサーフライトを活用した「光らない超遠投フカセ仕掛け」は既に自作しましたから〜
次回は、120m遠投仕様の錘負荷25号:海面スレスレか海中面で浮くもので、尚且つ100m以上の遠方から夜間視認できる発光ウキで、更に尚且つ、魚の食い込み抵抗負荷は限りなく0に近い仕掛けを試作しようと考えています。

その構想アイデアが頭に浮かんだのですよ。
イメージできたのです。
それは・・・
「フカセ海苔メジナ」釣りの時に使う「アタリウキ+飛ばし浮き」タイプの進化系のような考え方のものです。
今度もし、またお会いしら、お見せしますね。
投稿者:imori masuda takao
昨晩もお話した内容になってしまいますが・・・

私もこのウキを仕入れて使って経験したことですが、あのウキはどうも食い込みが悪いように感じました。

PEラインですから、アタリは竿を持つ手にまで伝わり「よし!!ここだ!」と魚のアタリに合わせると、針掛かりしていない。
それじゃ、遅めで合わせるかと数秒ほど待つと全く反応がなくなる。餌を離したような感じが残る。
ならば、竿先の柔らかいロッドに変えて、食い込みを良くしてみても、同じ結果・・・だ?ナンジャ?どうしたらいいんだい〜

何でだ?と疑問に思う。
魚のアタリはあるし、竿にも手にも伝わりわかるのに・・・不思議な感じ。
その後、そのウキをロストしたことをきっかけに、もとのサーフライトに戻しました。
そうしたら、そのウキを使う以前のように魚を掛けることができます・・・

どうも、そのウキの抵抗が、対象魚にとってかなり大きいのじゃないかと思いました。
例えば棒の様な曲がらない竿で釣った時のような・・・
特に、ガバッと一飲みで丸ごと喰らいついて瞬間逃亡するような高速青物ロケット系の魚とか大物魚等ならば、このウキでも問題はないように思いますが、餌を吸い込むような食い方をする魚とか、最初に尾っぽからというか後方から狙う魚、食えるかどうか試しながら突っついた後にガバッと喰らいつく魚にとっては、今一歩硬い感じ・魚にとっての抵抗感があるのかもしれないようにも思いました。

魚の気持ちのことなどわかるはずもないので・・・
全く外れている推理だと思います。

でも同じスペックで、ウキだけを変えると釣れる〜偶然にしても、これも何だか変ですよね。(^^)
投稿者:よしぞう
ちわ〜す!昨日はまたまたまた・・3回目ですか?こうなると偶然じゃないですね〜有意義な楽しい時間をありがとうございました。イモリさんの話は面白いです。あの時間に帰えられてブログをUPしていると思わなかったです。更にタコにむしゃぶりついて食べてるとは・・(^^) ケミホ無くしても、あれから3時まで頑張りました。何故かというと、7回くらい当たりがあったのです。しかし、全てばれました〜あのウキの浮力調整が必要みたいです。風で流れるのは逆に面白いかもですね?潮が無くても、風あれば探れるかもしれません。
AutoPage最新お知らせ