イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Zebranian Chigasakinn

クリックすると元のサイズで表示します

我が家の猫の種は、正式には「Zebranian Chigasakinn」:ゼブラニアン チガサキンという「アフリカンとロシアン」のハイブリッドである。


私は家族全員に確信を持って「アメリカンショートヘアとの雑種に違いない」と思う〜と宣言してしまった・・・しかし、獣医さんからそれを完璧に否定されたのだ。
・・・ですね・・・だね。

その後、我娘は友達が来ると何かと「アメショーじゃないけど・・・」とか、言い訳がましいような、ちょっと残念なような言葉を何回も繰り返しながら友達達に喋っている。

そこで、私は本当の血統種の名称を初めて明かしたのだ。
「Zebranian Chigasakinn」
これが、我が家の愛猫の正式な名血統種の称号である。


ゼブラニアン チガサキンだ。

誰でも判りやすい。

縞模様の茅ヶ崎のヤツ。
雌だから茅ヶ崎レディ。

Zebranian Chigasakinn ZC ゼッシー
と呼んで欲しい。

我娘、
「ナニソレ?」




かつてKAWASAKIの名車「Z2」ゼッツーがあったのだ。

投稿者:imorimasuda
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:imorimasuda
>道ゆく猫は赤茶と黒の不思議な縞模様・・・
このミミちゃん、最近赤茶さび色の部分と黒が濃くなってきて、益々元気にイタズラばかりしています。

湊川地区のサビ縞猫もどこかで逞しく生き延びているでしょう。
投稿者:ちずやん
寒中お見舞い申し上げます。<(_ _*)>
正月は家族に振り回されてました。
数年前は会社で正月を過ごしてましたが、最近家に居られるようになったので、「不良主婦」の汚名を晴らせるようになった私。

>ゼブラニアン チガサキン
と聞いて、神戸湊川地区にも独特の模様の猫が沢山居た事を懐かしく思い出しました。

大震災以降はどうなったのか解らないのですが、道ゆく猫は赤茶と黒の不思議な縞模様。三毛猫にもサビ混じり…
ハスキーボイスの猫を良く見かけました。


http://sky.ap.teacup.com/chizuyan/
AutoPage最新お知らせ