イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

生ホタテ貝のヒモ

釣り友達と話していたら、ホタテの生ヒモが話題に上がりました。

ホタテの生のヒモには忘れられない経験があることを思い出しました。

約20年前の網走にて、北海道を南から北に徒歩・カヌー・自転車で縦断移動のゴール地点:オホーツク海の海岸網走原野でのことです。

食料調達と水調達に網走市街を歩いていて、魚屋に入りました。
そこには立派なサケが並んでいました。
「サケはやっぱり北海道だな。さすがだな。相模湾とは違う!」とか話していると、
魚屋の店主が「あんたたちは、どこから来たんか?」というような質問をされ・・・

「神奈川湘南藤沢のボーイスカウトなんですが、高校生(シニアスカウト)と大学生(ローバースカウト)とチームを組んで、釧路港をスタートして摩周湖目指して歩いたり、釧路川をカヌーで下ったり、屈斜路湖で露天風呂野営したりしながら、藤沢から自転車でやってきました。」
というようなことを話したら・・・
網走の魚屋の店主が〜
「おおっ、それならうちのサケを買わずに自分たちで釣ったらどうだい。釣り方を教えるから。餌にはホタテのヒモをあげよう。これなら晩飯のおかずになるし、酒のつまみにもなるしな〜」
と言って、大量のホタテの生ヒモをタダでくれました。


私たちは、その夜オホーツク海岸の原野:月夜の下で生ヒモを炭火網焼きで食ったのですが絶品でした。

クリックすると元のサイズで表示します

翌朝、夜明け前にテント眼前のオホーツク海岸でホタテの生ヒモを餌にしてサケを釣り上げました。
魚屋の店主に教えてもらった釣り方で・・・

遠投してゆっくり手前まで曳いてくる釣り方:ウキ下75cmくらいの浅さ。
バブル時代初期の20年前・網走原野の海岸と親切な網走の方々に感謝。


ホタテ貝の生のヒモ:一気にたくさん食いすぎると、ヘロへロとアルコールに酔ったような状態に陥るから注意しろ。と、地元の人が言っていました。
体質によるようですが・・・
投稿者:imorimasuda
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ