イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2022
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

暇ナシ

仕事に追われ、忙しい。しかし、利益収入に直接結びつかない。

貧乏暇ナシという言葉が昔からある。
う〜ん、やはり真実だと私も思う。

「我思う、故に我有り」という有名なベーコンさん(哲学者)の言葉があった。
これは、普遍的な真実だと私も思う。

それ故に・・・
「我忙しいと思う、故に我は貧乏で有る」という結論に至る。

この結論至ったが、自分でも異論はない。

帰納的か演繹的か・・・客観的な考察は別にして考えても「異論はない」
第三者的な目で冷静に考えても・・・異論はないと思う。

この論法でいけば、ひょっとすると・・・
「暇ならば、豊かであり金力もある証拠である」という理屈も成り立つ。
何もしなくて暇暇ひまヒマでも、生活が十分に成り立つということだからだ。

明日からは、暇で暇でしょうがない・・・やることがない、と思い込むようにしよう。
何もしないで暇を嘆いていよう。
そうすれば、豊かで豊富な金力も蓄えられるはずである。
論理的に考えれば、きっとそうなるはずである。


物事は全て自分の思うとおりには行かない・・・ということも真実である。
思った通り、考えた通りには行かないだろう。
そうなれば「貧乏暇あり。暇ばっかり。」となってしまう。

・・・こりゃ、何をしても貧乏なのか?努力しても貧乏なのか?という真に惨めな論理的結論に陥ってしまった。

すると、第一番目に考えた論理的な考察は間違っていたのか、正しくなかったのか?
やはり、帰納的思考と演繹的思考は相容れないのかもしれない。
どちらの思考でも成り立つことが真実だと考えられる。

そうなると「私は貧乏である」ということだけが正しい・・・ということになる。
私はそれを認めたくない。
まあ、暇であろうが、忙しかろうが、現状は貧乏であることに違いはない。


ただし、私は貧しくはない。
精神的には豊かである。

このブログを読んでいただければ「私は心が豊かである」ということが、理解していただけたはずだと思う。


しかし、物事は全て自分の思ったようには理解されない・・・ということも真実である・・・と思う。


投稿者:imorimasuda
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ちずやん
はは〜、読みたいと思います。φ(..)メモメモ
連日眠たいですがね〜...A=´、`=)ゞ

今月後半はウッドバッジ研修所行きも控えて、月末は大人の為のキャンプに参加します。

その後〜年末までに手に入れたいと思います。
その頃になったら、山盛りの仕事も落ち着いていることでしょう。(多分)

http://sky.ap.teacup.com/chizuyan/
投稿者:imorimasuda
網野史観は、私にとってとても良い影響を頂いています。
様々な事柄について冷静かつ新たな発見と感慨、志向を促されるような論述が魅力で引きつけられます。

総論的な、一冊だけでもお読みください。
投稿者:ちずやん
教えて頂いてありがとうございます<(_ _*)>
高校にるまでは、真面目に本を読みあさっておりましたが、大人になってからは、頭を使わない凡人向けの本を一気に読んでばかり居ました。
結婚後は趣味に走る読書は殆ど不可能になりましたね〜。
もう少ししたら時間が取れるでしょうかね〜

http://sky.ap.teacup.com/chizuyan/
投稿者:imorimasuda
常民研の網野善彦先生によれば、百姓には深くて様々な意味があるそうです。
常識的に使っている百姓という言葉は、百姓=農民という意味ではないとのことです。
随分前から言われていましたよ・・・

http://eco.goo.ne.jp/business/csr/lesson/may01.html

網野善彦先生の本は読みましたですか?
投稿者:ちずやん
『百姓は、実は大変豊かで贅沢である』
生家は農家でありながら、弁護士を目指して勉強し、学校の先生から坊主の道を歩んだ ちずやんの父の言葉です。

この記事を読んで思い出しました。


http://sky.ap.teacup.com/chizuyan/
AutoPage最新お知らせ