イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2022
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

すり込み

いろんなことにチャレンジしていると、様々な意見を言われることが多かったです。
今は、年食って体力的なこともあり、安心できることばかりやっていますが。

・・・理想過ぎる、危ない、出来るわけ無い、暇人だ、物好き、あり得ない・・・
20代〜40才くらいまでは、このような意見もたくさん頂きました。

BS愛知碧海地区安城2団に子供の頃入団してからBS神奈川湘南地区に関わるようになっても、ずーっと青空の下で行動していました。


何故、色々なことにチャレンジしたのか?
よく考えて思い出してみると・・・
安城2団の時(中学高校生時)、当時の指導者から繰り返し言われていた理想的なスカウト像:目指すべき行動イメージが、かの有名な冒険家登山家の故「植村直己」氏だったんです。

(当時の渥美基治BS隊長が本を読んで植村氏の存在とその凄さを教えてくれました)

その指導を受けた7年間くらいで「植村直己氏の姿勢・スタンスがすり込まれた」んですなぁ〜。

今でもはっきり覚えているのは、植村氏がアマゾン川をイカダで下ってきたことが書いてある本を読んだ時の驚きでした。(青春を山に賭けて:毎日新聞社1971年初刊・文春文庫1977年刊行)
まだその当時は植村氏はあまり有名ではなくて、知っている人も少なかったと思います。

1970年代の中頃、植村氏の行動と自分を比較すると、全く太刀打ちできない・歯が立たないと自覚するのに、時間はかかりませんでした。
あまりの凄い内容と自分との能力の違いに、16歳の頃気が付き、あの道には絶対に入れないな〜と思い、自分たちでできる最大限のことにチャレンジしようと思いました。


なんでも同じだと思いますが、10代20代に理想的な方向にチャレンジしないと、それ以降まずできない不可能になってしまうでしょう。
この10〜20才代の時に、知識を得ること・専門的高度な技術能力とコンセプチャルな思考・目指すべき方向と志の模索等々〜を試行する:トレーニングする重要性に気が付かないと、その後はマニュアル通りのことしかできなくなってしまう・・・
ように思っています。

これは、建築の構想と設計・計画も同じだと思っています。
日常のイメージトレーニングの重要性といった意味でもあります。
日頃当たり前のようにやっておかないと、ある日やろうとしてもできない・・・
そんな感じですかね。



↓冒険家登山家 故「植村直己」氏
http://tanizoko2.hp.infoseek.co.jp/uemura_naomi.html
投稿者:imori masuda takao
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:imori masuda takao
おおっ!そのホルモン屋に行って話しを聞いてみたいですよ。

SN台にある店ですね、きっと。
投稿者:相模庵
植村直己氏は行きつけのホルモン屋に来たことがあるらしく、マスターの自慢です。
投稿者:ちずやん
また来てしまいました。A=´、`=)ゞ
中毒をおこしているようです。
困ったもんです(-"-;A
記事をリンクしていまいました。
許してください。m(_ _)m

http://chizuyan001.cocolog-nifty.com/blog/
AutoPage最新お知らせ