イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2022
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

創世期のDNA


一昨年ある本・専門雑誌を読み感銘し、昨年私の建築ブログとBS湘南地区のBBSにコメントした内容を補足加筆し、こちらに転記しました。

●文明には歴史的必然として、国や社会そして様々な組織などにおいて、「まず創生期から始まり、次に発展期を経た後、その余韻としての若干の安定期が現れる」と云われ、その余韻に浸ったわずかな安定した時間=<組織の成熟感のような幻想>の後・・・「次には2つのオプションが待っている」と過去の偉人たちは述べています。

ひとつは人間と同じように死にいたるオプションであり・・・
もうひとつは全体の生存・継続を賭けた組織の変貌、変革のオプションであるそうです。
そして多くの場合、組織においては、私たち生き物と同じように組織の生存維持が至上命令とされ、そのための改革が行われるようになるようです。
その改革・変革を先導・主導し指針となるのが、その組織が生み出した「創生期のDNA」であろう・・・とのことです。
創生期のDNAの質が、組織の変貌・変革が成功するか、不成功に終わるかを左右するだろうと思います。


いずれにしろ、組織を動かして行く、構成していく人間に意識の変化・変革への意識・未来への志等・・・が生まれなければ、何の変貌・変革も意味が無い・成果が乏しいように思います。



またまた、ボーイスカウトの事ですが・・・
BS部門(中学生年代近傍)とVS部門(高校生年代近傍)の統合の議論が湧き上がっているようです。
「組織・運動体」ですから、現状の課題に相応し未来への道を切り開くため、様々なシステム等の検討と導入が試みられる〜このことは必然だと思います。

上述の文章を<組織>=「ボーイスカウト」という言葉に置き換えてみると、現在の私たちが佇んでいるポジションが理解できるように思いました。
日々の生活を通して、私たちの心と体に組み込まれたスカウト活動における「DNA」とは、何なのでしょうか・・・。

先人によって生み出されたスカウト活動のDNAが、多くの方に賛同されるものならば、これからも、きっと継承されて行くと思っていますが、どうなんでしょうか。
一体、日本の私達のスカウト活動のDNAはどんなものなんでしょうか・・・
じっくりと、ゆっくりと考えてみようと思っています。

この<組織>を「日本」「身近な環境」「企業」等に置き換えてみても、文意が成り立っていると思います。
投稿者:imori masuda takao
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ