☆湘南通い☆

一陽来復と申します。老後は湘南の海辺に住むつもり。
宝塚が大好きです!二匹の飼い猫と戯れるのが幸せ。
最近は日本とベトナムを行ったり来たりしています。
たわいのない毎日をつぶやいています。よろしくです!

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:一陽
ぷらんさん

11月頭までやっているのでもしよかったら是非。

これは岩谷さんの訳ですよね。てか岩谷さん
ってフランス語を直訳するより意訳というか
詩を新たにつけているって感じがします。

今回大竹ピアフは水にながしてはこのまんま
愛の賛歌に関しては岩谷訳ではなく本来の
訳に近いほうを歌っていたと思います。
あれって愛の歌というより最愛のマルセルを
失った悲しみ。自分が早い飛行機で帰って
きてと言わなければという後悔を歌った歌
ですものね。独特の節回しを真似ていたわけ
でもないのにピアフがそこにいるような気が
しました。大竹しのぶさんも最愛の最初の
ご主人様を病気でなくされていましたよね。
投稿者:ぷらん
ううう、ピアフと化した大竹さんを見たいよう。
金が続かん。

個人的には日本語訳は破壊的な悲惨訳(タイトルからしてありえない)
だと思うので、聴くならフランス語で聴きたいです。

「愛の讃歌」「水に流して」シャンソンの名曲がこのタイトルでだいなし…。苦苦苦。
まあそれだけ私の思いいれも強いつーことで。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ