☆湘南通い☆

一陽来復と申します。老後は湘南の海辺に住むつもり。
宝塚が大好きです!二匹の飼い猫と戯れるのが幸せ。
最近は日本とベトナムを行ったり来たりしています。
たわいのない毎日をつぶやいています。よろしくです!

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Twitter

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
バジルさん>

あら。。。それじゃお誘いすればよかったわ。確かにお弟子にあたる
人々は涙涙だったりしたのだけど…あのいつもニコニコだった先生を
思い出して笑ったり。。。そんな会合(笑)でしたから。。。

新人さん>そうなのかなぁ〜〜そうだとしたら私は最初に安易に採用
した部署を恨みますね。お互いしなくてもいいイザコザに巻き込まれて
いるのだから。しかしバジルさんの経験も大変だったわねぇ。
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
あずちゃん>

うーん、麻生さん、結局お金持ちのお坊ちゃまでG習院ですよねぇ。
漫画はお好きみたいだけど本はあまりお読みになっていないのかな?

A先生は私達が在学中は確か一般講義はなさってないので英文(だよね)
のあずちゃんとかは授業は取っていないかも…大学院のゼミのみを担当
なさっていたんじゃないかなぁ〜大学院のゼミは専攻している学生で
3−4年は取れたんです。2階の奥の史学研究室の脇にある小さなゼミ
室(2号館とかに行く渡り廊下の途中)でいつもゼミを受講してました。

イザコザ。。。確かにね。人間関係も全てひっくるめて仕事なのかも。
投稿者:バジル
不謹慎であることは重々承知ではありますが、その日本南インド学会のような告別式、行きたかったです。私もその雰囲気を味わいたかった(爆)


新人さん…雇用関係の解消は難しいからねぇスパッとはいかないのかもよ。
うちなんか半年間、脅迫&無言&高笑い&声色を変えての変な電話(同一人物)に悩まされたわよ(-_-メ)
息子が産まれる直前に「お前の産む子は悪魔の子だ」とかね。バカバカしいけどすごく不愉快だったし、こんな私でもちょびっと怖かったもん。
投稿者:南 梓
頭良さそうに見えたのに>麻生さん
人は見かけによらないってことなの??
A先生は母校の大学の先生ですか?
わたしも教わったことがあるのかしら??
職場のいざこざは本当に大変。
でも結局その大変さとか苦労ももらうお金の中に含まれているのよね。
は〜
「お金をもらう」って本当に大変なことです。


http://azubo.hp.infoseek.co.jp/
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
Petit cervinさん>

そうそう伸ばして言ったりしますよね。
私もサンスクリット語とは知りませんでした。
どこぞの首相のおかげで一つ賢くなりました(苦笑)

卒塔婆とかってサンスクリットとかで書いてあるのでしたっけ?
お経もサンスクリット混じりですよねぇ〜〜〜
投稿者:Petit cervin
「みぞーう」と伸ばして、言ったり読んだりしてましたが。。
サンスクリット語とは知りませんでした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ