☆湘南通い☆

一陽来復と申します。老後は湘南の海辺に住むつもり。
宝塚が大好きです!二匹の飼い猫と戯れるのが幸せ。
最近は日本とベトナムを行ったり来たりしています。
たわいのない毎日をつぶやいています。よろしくです!

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
ぷらんさん〉
うわっ亡くなっているのが4人で今回参列してくれた伯父で計5人兄弟です(汗)後で本文訂正します

シュークリームは前日買うか迷って買わなかったらしくその上ホントに凄い雨だったのです。2人は年も近いしたった2人きりの従兄弟なので仲がいいです

喪服は伯母に褒められちゃいました。襟が大きくてスカートがパニエが入っているのでふんわりしたデザインになっています

今日から仕事です。
頑張りま〜す
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
そらちゃん〉

忍者一陽参上!なんちゃって…

伯父が話してくれた事は聞いた事のあることもあり初めての事もあったけれど聞いた事のある事でもどうも途中が変とか辻褄が合わなかった事が繋がったりして面白かったです。
山形と繋がりがあるなんて初めて聞いたし〜
桐ヶ谷では隣りで中国で古くからあった泣き女(葬儀等の時派手に泣いて場を盛り上げる?為に雇われる人)かと勘違いしそうな程泣き叫んでいる人がいて呆気に取られていたのですがその後父の顔をみたらクラッときました。今は棺に釘は打たず最後の最後にもう一度顔を見られて良かったとは思いましたけれど…
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
あずちゃん〉
そうだったわね。弟は通っていた教会の隣のお寺の幼稚園に通っていたわ(笑)

うちは母は教会でとは思っていらいなしくかと言って父のお寺もなんだか嫌みたいで揺れ動いているみたい(苦笑)

伊賀の方がなんだかカッコいいイメージがあるよね〜やっぱり服部半蔵の存在が大きいかも。甲賀だと猿飛サスケ?でもあれは実在の人物じゃないか(笑)統計的にみてという事だと思うよ〉運動神経の話は…
投稿者:ぷらん
ごめんなさい。算数ができない私…。
つまり、お父様にはご兄弟が4人?5人?

豪雨の中をシュークリーム探してくれる孫たち…いいなあ。
わが家の孫たちはそういった考えはでなかったよなあ。

喪服、いいのがあってよかったね。
なんてことはないんだけど、気に入ってるとそれだけで気持ちが落ち着くしね。

日本史、がんばってね。なんとかなるものよ。
長男もセンターの倫理は2か月でものにしてたわ。
スポーツマンは集中力あるから、だいじょぶさ!!
投稿者:そら
いいなぁ,忍者の末裔(*^_^*)

何だかお葬式のときって,意外な事実が判明したりして,
普段はあまり考えないご先祖様のことを思ったりしますねぇ。
何というか,名もない人,1人ひとりがいなければ,私はここにいなかったんだなぁみたいな。

>ハナゲン父がずっと手を繋いでいてくれたので

よかったね。と思っちゃった。
やっぱり,そばにいて支えてくれる人がいなければ,立っていられないときもあるものね。
一陽ちゃんにはちゃ〜んとそういう人がいて,よかったなと思いましたマル
投稿者:南 梓
我が家も母と私だけがカトリック。
父は浄土真宗です。
弟2人は無宗教。
お葬式はお寺と教会で分かれるんだろうなあ。
忍者の家系なのですか。
うちの主人の先祖は伊賀忍者ですが
(家系図に服部半蔵がいるらしい)
主人も主人の母も運動神経??です。
まー落第忍者もいるんでしょうね、きっと。


http://azubo.hp.infoseek.co.jp/
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
pannaさん>

そうかもしれませんね。
結婚以来あまり実家に入り浸るという生活はしたことはなく、所謂
里帰りなんてことは殆どしなかった私ではありますが(だって居心地
悪くてすぐ帰りたくなる…汗)、今回の闘病中静かに見守って家の事
を黙ってやっていてくれたし、ここ1週間の一連では色々助けて貰い
家族には感謝です。そういう意味では家族の結束が強くなったかな?

そうなんです。二大勢力のうちではやや地味目の甲賀ものです(笑)
投稿者:panna
お父様との辛いお別れを乗り越えて
一陽さんの家族は、本当にご主人とポチ君と一陽さんとの家族になったのですね。
そして、それが最高の親孝行なのかも・・・なんて思いました。

それにしても、一陽さん、忍者の子孫だったんですかっ!?
その血をポチ君がしっかり受け継いでるって・・・不思議なものですよねぇ。
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
悠生ちゃん>

ありがとう。そうかなぁ〜、今回感じたのは人はずーっと過去から
繋がっていて、やっぱり一人では生きていけないということ。勿論
一人でも生きていける強さはないといけないだろうけれどね。一人
で生きているつもりでも色んな人に支えてもらっているのだなぁ〜
って思いました。お星様になっちゃった父にも支えてもらいます!

悠生ちゃんのパパもきっと悠生ちゃんや娘ちゃん達を見守っている
のだと思うよ。それより体調のほうはどうですか?ちょっと心配だよぉ。

しっかり静養して梅田で会いましょう!それとねぇ〜大劇の初日出来たら
行きたいと思っているの。一緒に行けたらいいなぁ〜。たまには新幹線で
のんびり話ししながら行くのもいいよね。鋭意ご検討下さいませ!!

ママ。。。何とか救ってあげたいとは思うのだけど力不足でいつも撤退
ばかりしています。体力精神力蓄えてまた接触を試みようと思います!
投稿者:悠生
一陽ちゃん、お疲れ様でした。
パパさんもお疲れ様でした。
そして、一陽ちゃんのまわりで頑張っていた方も
お疲れ様でした。
遅くなりましたがパパさんのご冥福をお祈りいたします。
一陽ちゃんは『パパは泳ぎ疲れちゃったの・・』なんて
言ってましたが、きっとパパはご自分の人生を
泳ぎきってゴールしたのだと思います。
人によってそのゴール時点が早いか遅いか・・ということは
ありますが一陽ちゃんのパパは最後はゆっくりと一陽ちゃんたちと一緒に
歩いてゴールしたのではないでしょうか。
私の父はあっという間にゴールしちゃってあまり
思い出もありません。

いつもいつも一陽ちゃんのまわりは暖かい
空気が流れているように感じます。
実際はそうでなくてもそう感じさせるあなたは強いです。
人にはわからない苦しみ悲しみもあります。
ママも最後の力を振り絞っているのかもしれません。
まだまだ一陽ちゃんは頑張らなければなりませんね。

本当にお疲れ様でした。
でも、これからも頑張って下さい。

1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ