☆湘南通い☆

一陽来復と申します。老後は湘南の海辺に住むつもり。
宝塚が大好きです!二匹の飼い猫と戯れるのが幸せ。
最近は日本とベトナムを行ったり来たりしています。
たわいのない毎日をつぶやいています。よろしくです!

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
そらちゃん>
てへへ。。。なんだか照れるなぁ。

そらちゃんとは一度膝突き合わせてゆっくり話がしたいと
思っていたのよ。なんだか会うときはすることがあって
(映画観ていたり、カラオケ歌っていたり…爆!!!)

ぜひそのうち実現しましょうね。

今日は朝から出動してきます(笑)
お天気も良くてすごく楽しみです。
投稿者:そら
一陽ちゃん♪

>今度の寄り合いにはいらっしゃらないの?
ありがと〜。実はすんご〜く心が動いたんだ。
一陽ちゃん,ゆっくりお話ししたいね。

>前よりずっと自分の事が好きになりました。

なんかヘンな話だけど,「とってもステキなこと,教えてくれてありがと〜♪」って,泣きたいくらい思っちゃった。

明日は美しいものに囲まれて,楽しい時間を過ごしてきてねっ☆
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
そらちゃん>
ありがとう。。。
ええとねぇ。
前よりずっと自分の事が好きになりました。

今度の寄り合いにはいらっしゃらないの?
そらちゃんとゆっくり話がしたいなぁ。。。
投稿者:そら
一陽ちゃん,お疲れさまだったね♪

なんかとっても気になっていたんだけど,
私,何も言えなかった。

うん,一陽ちゃんは大丈夫。
私はそう思うんだ。

それでもつい…ってことがあるから,
また人間くさいというか何というか。。。(*^_^*)

今のままでいいんだと,何だかそんなことを言うとエラそうだけど,
でも,一陽ちゃんは今のままでいいんだと,私は思うよ。
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
ピュアちゃん>
うーん、ちょっと違うというかね。。。
ハナゲン父とのことで躓いたのも先に母との確執があったから
うまく解決できないままにもがいたという経緯があったと思うんだ。

物心ついたときから、あなたはダメな人間だ。あなたは醜い。
あなたは頭が悪い。だからいつでも頭を下げて下を向いていろ。
たとえ賞賛されることがあったとしても母の価値観に合わない
ものだったら軽くあしらわれて切って捨てられる。望んだことは
とりあえず反対され、したくないことを強制される。こんなこと
をずーっと続けていたら何をやるにも自信がなくて人のあとを
こそこそついていく人間以外の何者になれたと思う?

それをね。私なんかで良いっていう人がいて結婚して、漸く自分の
居場所を見つけたと思ってずいぶん経ってから病気という形で思わぬ
しっぺ返しを食らって、離れていてもピュアちゃんの言うとおり母に呪縛
されていたのを自覚して愕然としたのを血を吐く思いで克服したあと
にハナゲン父との問題が起きたので、色々あったけど自分の力で乗り
超えられたんだと思う。色んな意味で自信がついたし良かったなぁと
思っているのよ。その上で母の事はもう対等に話すというレベルじゃ
なくなっているんだよね。もう私の方が実は高みにいちゃってね…
実は母をけちょんけちょんにしようと思えばいつでもできる。だから
なんだか嫌になっちゃってるの。どうせなら対等な立場でやりあった
方が気が楽っていうか…うまくいえないのだけど。結局この先も母は
変わらないだろうし、結局幸せになる努力をしようとしないというか
彼女自身が変わろうとしなければきっと何も変わらないと思うの。

対等に話すということ自体を彼女は自分を攻撃するとしか受け止めない
からね。話し合いには最初からなりっこないというのが疲れる原因
だったりします。長く書いても意味が伝わったかどうか自信がないなぁ。
上手くいえないけどさ。今度またお茶した時にでも話すよ。。。
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
pannaさん>

いえいえ。。。適当ですよ。
それに母が一番望んでいるであろう、子供との同居という点では
何があっても私は受け入れることはないだろうし。。。

かわいそうだなぁと思うこともあるけれど。。。
どうしてあげることも出来ない部分だったりするのでねぇ。

気を取り直して時々会いに行く。
という日々が暫く続きそうです。
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
たらふくちゃん>
あーそんな場面あったわねぇ。。。

ええと。。。母に傷つけられたことは私にとって過去の事というか
なんだかもう克服できたことかなぁって思うの。

ただ、母が私に対して過去言ったりやったりしたことの原因が
父にあったというのがわかったのは結構最近のことで。。。
うすうすはそうなんだろうなぁと思ってはいたのだけど。。。

バジルさんが言っていたのだけど普通は母親は子供が自分より
幸せになることを望むけれど、心に傷を持った母親は子供が
自分の80%位の幸せしか望まないのだって。いや違うな。。。
自分より幸せになってほしいとは願っていても。いざそうなると
なんだかそれが許せなかったりするらしいのよね。不幸な人だ
とは思うけれど私にはどうしてあげることも出来ないし、バジル
さんが言うとおり負の連鎖はどこかで断ち切らないといけない
のだろうなぁって思う今日この頃です。
投稿者:ピュアラ
ねぇねぇ、今日の日記読んでてふと思ったんだけど、これって数年前の
一陽ちゃんのハナゲン父に対しての接し方と同じ感じじゃない?
言っても無駄とか、言ったらきっとこうなる・・・って最初から決めちゃって
それで 「ごくん」と飲み込んで それで辛いことが溜まっていった・・・。

声に出して言ってみたり 行動したり(一陽ちゃんが)で 
今の夫婦二人のステキな関係を作っていったじゃない?

もうお母様の「呪縛」から解き放たれて(言い方悪くてゴメン)
対等に話す時期なんだと私は思うけど。
「老いては子に従え」。最近これ「言い得て妙」だと感じることが私も多くなったよ。

http://plaza.rakuten.co.jp/traviata/
投稿者:panna
一陽さんは本当に偉いです。
よくやってるなぁと思いますよ、実際。

私の母は、ずーっと病気ばかりして
元気な時は、結構夫婦喧嘩もしていましたが
最期は
「お父さんには感謝している。私は幸せだった」と言って
45才で死んでいきました。
一陽さんのお母様と、どっちが幸せなんでしょうね・・・

現在同居している姑も、舅に対していつも怒っています。
長い間の恨みつらみが相当たまっていて
それでも介護しないといけないから、つい言わずにはいられない気持ちも理解はできますが
毎日毎日それを聞かされると悲しくなります。
せっかく夫婦揃って生きてるのになぁ・・・って。

でもね、私は結局は他人だし
「手を出さないなら口も出さない」と誓っているの。
一陽さんは、親子だから冷静に聞けない時だってあるだろうし
それだけ実際に動いていらっしゃるのだから
たまには言ってもいいのじゃないかしら?
投稿者:たらふく
 今日の日記を読んでいてどこかで聞いたことがある台詞が・・
そう「あなたが生まれてこなければ・・」堕天使の涙でリリス(まーちゃん)がお母さんに言われた言葉ですね。一陽さんのお母様は素敵なところもきっとたくさんおありでしょうが、子供の心に深傷を負わせてしまったことは罪深いですね・・・でも一陽さんは、お母様を見捨てずに徹底的に看ていらっしゃる・・ 最近娘が言うには、自分の周りは、必ずしも暖かい家庭の子供がすばらしくて 不幸な家庭の子が駄目、というのではなく、むしろ逆のパターンが結構あると・・色々な意味で尊敬している先輩の両親は「貴方の成長を待って離婚する」と小さい時から言われ、自立をせざるを得なかったと・・・神様はそれぞれのミッションをお与えくださるのですね。私は、生活面はかなり手抜きで育てたけど、人生の節目は、レールひいちゃう所があって、だから娘は自分は、生きやすいけどちょいだめ人間だと・・・子育ては難しいです。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ