☆湘南通い☆

一陽来復と申します。老後は湘南の海辺に住むつもり。
宝塚が大好きです!二匹の飼い猫と戯れるのが幸せ。
最近は日本とベトナムを行ったり来たりしています。
たわいのない毎日をつぶやいています。よろしくです!

 

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Twitter

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
あずちゃん>

「明日のことを思い煩うな」というキリストの言葉は
心を軽くしてくれるようで、実はとても重い言葉なのかも。

ホント、ホント。。。

上手く言えないけれど。今度会った時ゆっくり話そう。

あなたに書くことはまだいろいろありますが、インクとペンで
書こうとは思いません。それよりも近いうちにお目にかかって
親しく話し合いたいものです。あなたに平安があるように…
友人たちがよろしくと言っています。そちらの友人一人一人に
よろしく伝えて下さい。(ヨハネの手紙 三 13-15節)
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
バジルさん>
今日はお付き合い頂きましてありがとうございました。
そうですね。本当にそう思います。
某歌劇団の団員様にもお身体ご自愛下さいとお伝え下さいまし(ふふふ)
いつか、、、とあるところの某所まで飲みに行きたいですわ。
それまでは元気で生きていなければ。。。ですよね。

それにしても一体何に生まれ変わるかもしれないと怯えていらっしゃるの?
投稿者:南 梓
ショックですね。
でも明日のことなど誰にもわからないから。
これを書いてすぐ後で大地震が起きるかもしれないし
この世には何も確かなものなどないのだ
と思うととても切なくなりますね。
「明日のことを思い煩うな」というキリストの言葉は
心を軽くしてくれるようで、実はとても重い言葉なのかも。
お友達のご冥福を心からお祈りします。

http://azubo.hp.infoseek.co.jp/
投稿者:バジル
既に50代のバジルです。
この年になると同級生に色々あってね(涙)、知らせを受けとる度にそれは先に逝った友達からの気をつけろよというメッセージだと思うようにしているのです、私。
そして生きている者同士、支えあって行こうねって互いに労りあうのです。例えそれが普通のおばさんであろうと某歌劇団の団員であろうと(爆)

「生まれ変わり」(絶句)
最近、私、「もしも○○に(場所、種)生まれ変わったらどうしよう」という妄想が過激になってきてヤバいです(汗)。
種を越えての生まれ変わりもあるのではないでしょうか?
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
ラファちゃん。。。>
本当に綺麗だった。
テディベアや愛読書に囲まれて。。。

信仰。。。私も弱いっちいですよぉおおお。
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
pannaさん>
そうですねぇ、、、
誰でも最後は一人でさよなら…なんですよね。
どのタイミングになるかはわかりませんが。
痛みや苦しみ。。。
死ぬのが怖いって確かにそういうことがあるかも知れませんねぇ。
投稿者:ラファエル
Mちゃんすごくきれいだったね。。
とても温かい人柄をいつも感じさせる人でした。

ああ!
私はまだ逝けないです。
信仰が弱いです。
投稿者:panna
お友達のご冥福をお祈りいたします。
そして、一陽さん大丈夫?

自分が介護側にいると、つい忘れてしまうんですが
私も死ぬんですよね。
いつかは、ではなく、今日にでも。
不謹慎だったらごめんなさい。
でも、ちょっと想像してみたんです。
そしたらね、私は別にそれでもいいかなあ。。。って。
ただ、子供達が寂しい思いをしたら可哀相だとは思うけど。
怖いのは、その前の段階ですよね。
病気とか、事故とかで、痛かったり苦しかったりの過程があったらどうしようかと怖い。
やっぱり、後悔のないように生きなければ・・・いろんな意味で、です。
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
Jude姉様〉
はい、メリーウィドーの時です。あの時は席が一階と二階ボックスに分かれてしまったのでご紹介しませんでしたね。ピュアちゃんのリサイタルや舞台は殆ど観に来ていたからきっとすれ違っていらしたかも…です。
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
ぷらんさん〉
あのオペレッタ、楽しかったですよね。
男性陣が「とかく女というものはぁ〜♪」と歌い踊り…
以前ある有名な建築家が
「妻は惚れさせておけばいいのです」と言っていましたが…それが出来ないダンナ様が多い中彼女はいつもダンナ様の愛情を感じながら過ごしていたようです。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ